Calendar

2006年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 事務局でキャンドルナイト&ワールドカップ
メイン
岩城宏之さん追悼・続 »

宿沢広朗さんが亡くなった……

 ラグビー元日本代表監督/三井住友銀行専務の宿沢広朗(ひろあき)さんが亡くなった。新しく立ち上げた法人顧客向けのプロジェクトについて、前週に同行頭取と打合せをして意欲満々だったというのに、その週末に赤城山で山歩きをしていて突然の心筋梗塞で帰らぬ人となった。まだ55歳。私は、日本ラグビーを何とかするには、宿沢=日本ラグビー協会会長、日本代表監督=清宮克幸(前早大監督、現サントリー監督)という早大コンビで行くしかないと思っていたので、落胆が大きい。22日に築地・本願寺で行われた葬儀に参列して、宿沢さん個人の過去の思い出のためというより、日本ラグビー界全体の行く末を想って、涙が滲んだ。最後にお目にかかったのは3年ほど前だったろうか、一杯飲んでラグビー談義をして、帰りに早稲田ラグビー部のえんじと黒のストライプの公式ネクタイをプレゼントして頂いた。以来、私の「サンデー・プロジェクト」出演日がたまたま早稲田の勝負所の試合に当たる時は、そのネクタイをして出演し、番組終了後そのまま競技場に応援に駆けつけることにしている。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3666

コメント (1)

僕も信じられません

あんな元気な方が 亡くなるなんて

ラクビー会は大いなる損失であるだけでなく
経済界も同じです
すばらしいリーダーを失いました。

ご冥福をお祈りします

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.