Calendar

2006年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Comments

« 高野孟「サンプロ」出演日
メイン
連休はロンドンとイスタンブールで面白いものを観て来た! »

ゴルゴ13で読む世界情勢の裏表、発売!

golgo-thumb.jpg
『ゴルゴ13世界情勢裏ナビ』

 『ゴルゴ13・世界情勢裏ナビ』が小学館から発売になった。「世界を知るには裏こそ早道。あのゴルゴが案内役! 史上初のエンターテインメント・ニュース解説書登場!!」という帯の謳い文句の通り、今の世界情勢を捉える13の重要キーワードを選び出し、そのそれぞれの問題を理解するきっかけとなりうるゴルゴ作品1〜2点をサワリだけ紹介した上で必要なデータや用語説明を添え、「検証」ページではその問題を世界地図上にプロット、「裏ナビ」ページでは文章で解説するという構成になっていて、楽しみながらお勉強することが出来る。

 全体の監修、巻頭の作者さいとうたかお氏へのインタビュー、各問題の「裏ナビ」解説の大半の執筆を私が担当した。ゴルゴ13は、私が大学(というよりも学生運動)を卒業してジャーナリストの道を歩み出した1968年に『ビッグコミック』で連載が始まって、私は第1回からの読者である。単行本シリーズはこの4月に出たのが第151巻。虚実入り交じった“国際情勢事典”である。

さいとうプロダクション公式サイト:http://www.saito-pro.co.jp/
小学館ビッグコミック:http://www.bigcomics.shogakukan.co.jp/
オフィシャルブック「ゴルゴ学」:
http://www.bigcomics.shogakukan.co.jp/golgogaku/

 今回採り上げた13のキーワード、サブテーマ、登場するゴルゴ作品は次の通り。

1. 監視社会
世界的通信傍受システム・エシュロン/《第417話》神の耳・エシュロン
市民の日常を見張り続ける監視カメラ網/《第454話》ビホルダー

2. 国際金融
国際金融界に暗躍するヘッジファンド/《第344話》砂上の帝国

3. 資源戦争
地下資源に翻弄されたコンゴ民主共和国/《第446話》コルタン狂想曲
ダイヤモンド市場を支配する国際的企業/《第199話》ダイヤ・カット・ダイヤ
食い荒らされるカンボジアの資源/《第368話》略奪の森林

4. 食糧戦争
世界の食糧戦略を揺るがす遺伝子組み換え作物/《第389話》害虫戦争
世界の食糧市場を牛耳る穀物メジャー/《第176話》穀物戦争・蟷螂の斧

5. 日米経済戦争
アメリカ経済を下支えする日本/《第440話》プライス・キーピング・オペレーション
日米コンピュータ戦争/《第431話》ユビキタスの迷路
金融自由化と銀行の再編/《第320話》ベストバンク

6. メディア支配
巨大複合メディアの世界支配/《第361話》オーバー・ザ・スカイ
世論を操るメディアコントロール/《第313話》メディアコントロール

7. 民族紛争
チベット独立運動/《第290話》6月3日の死
チェチェン紛争/《第395話》カフカーズの群狼
クルド独立運動/《増刊81話》欧亜の狭間
バスク独立運動/《第324話》バスク・空白の依頼
ベルギー言語圏独立/《第346話》国王ゴードインの依頼
北アイルランド紛争/《第220話》アイリッシュ・パディーズ

8. パレスチナ問題
終わりの見えないパレスチナ紛争/《第289話》ヨルダン川西岸
パレスチナ紛争の火の粉を浴びたレバノン/《第311話》ザ・サイレント・アーミー

9. イラク情勢
湾岸戦争の真相/《第297話》Kデー・カウントダウン
驚愕のスーパーガン計画/《第364話》アム・シャラーの砲身

10. 激動の中国
中国経済発展の礎を築いた登小平/《第348話》登小平のXデー
軍備拡大を目指す中国の空母保有計画/《第457話》北京の蝶

11. 軍事技術
見えない戦闘機ステルス機/《第231話》見えない翼
世界中の空の脅威スティンガーミサイル/《第339話》スティンガー
世界に拡散する「突撃銃カラシニコフとM16/《第423話》激突!AK-100vsM-16
大量殺戮を可能にする生物兵器・化学兵器/《第211話》AZ4 CP72

12. キーパーソン
冷戦を終わらせた男・ゴルバチョフ/《第302話》覚醒・クーデターの謎
アメリカ外交の要・キッシンジャー/《第95話》ザ・スーパースター
中国建国の父・毛沢東/《第411話》百人の毛沢東
南アの白人支配を集結させたマンデラ/《第333話》力は我々にあり

13. 影の組織
アメリカの情報機関・CIA/《第106話》焼けただれた砂
旧ソ連の情報機関・KGB/《第236話》KGBの長い腕
イギリスの情報機関・MI6/《第42話》女王陛下の憂鬱
イスラエルの情報機関・モサド/《第90話》潜入者の素顔
世界の秘密組織・フリーメーソン《第179話》ズドロナス・マリヨ 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3639

コメント (4)

早速、近くのコンビニで購入して読みました。これは、面白い!ゴルゴ13のフィクションと重なり合うノンフィクション(現実)とのコントラストが高野さんの解説でより鮮明に浮かび上がってくるところがなんとも味わい豊かな一品ですね。

麻生外務大臣も ゴルゴの大ファンだそうです。
外部大臣かな

はじめまして。河部正と申します。NC九州には設立当初から関わっているのですが、先月妹尾社長の事務所に行き、コモンズに書き込みができることをはじめて知りました。高野さんはいつもテレビで拝見しているのですが、もし環境問題や政治についてご意見を直接聞ければこんなすごいことはないと少し興奮気味です(笑)。自分も「博多っ子の元気通信」というタイトルでブログでのつたないながら個人メディアを創ってます。

それにしても双方向の個人メディアの誕生、すばらしいですね。全力で応援します。
それからゴルゴシリーズ僕も昔はよく読んでました。さっそく買ってみてみます。

昔から、世界情勢の勉強はゴルゴ13を活用していました。今度の本はとても面白そうなので、早速私も買いに行きます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.