Calendar

2006年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 今日のサンプロ「ホリエモン」総特集はなかなか面白かった」!
メイン
長崎は今日は晴れだった »

《ざ・こもんず》のブログがだんだん面白くなってきた!

 まだ実験運用中の《ざ・こもんず》ではあるが、各ブログがだんだん面白くなってきた。

田原総一朗の「タハラ・インタラクティブ」でようやく映像が入り始めた。田原さんがサンプロが終わったあとに、番組では言い切れなかったちょっと際どいことをしゃべっていて面白い。元インサイダー社員のKディレクターがジャナ専(ジャーナリズム専門学校)から集めてきた若い衆4人を面接して、《ざ・こもんず》の映像ブログ要員としてアルバイト採用、2人ずつの2チームを編成して、タハラを追っかけ回す態勢で動き出したのだ。私も週に1〜2回、インタビューに応じろと言われているので、そのうち私の映像も出てくることになるだろう。

リック・タナカの「南十字星通信」は、ほとんど毎日のように書いていて偉い。シドニー郊外と言うのも気が引ける飛んでもない山の中でナチュラル・ライフを営んで、これから大学に入り直して農業の勉強をするとか言っている半ば仙人暮らしでありながら、そこから日本のみならずパレスチナあたりまで見渡しているという自由闊達さが、私がこのサイトに求めている“ブログ・ジャーナリズム”の1つの形を作っていると思う。彼が1月17日付で書いた「ブログ初心者の告白」は、大事なことを言っているので、特に執筆者のみなさんは必ず読んでおくこと。

葉千栄の「リアル・チャイナ」が急にテンポがよくなって、このところの中国のGDP統計をめぐる分析は面白い。これを読んでいて1つ気が付いたのは、金融・経済関係の世界的に有名な金融機関や研究所の要所要所のアナリストに必ず中国人がいるという時代なのだということ。これって、我々では想像もつかないヴァーチャルな情報ネットワークになっていて、葉さんもそういう一角で仕事をしているのかな?と思った。

有田芳生の「情報の裏を読む」もなかなかいい。「ハーレム男の古典的手法」は、なるほどと思った。若い女性たち(に限らないが)の“豊かさの中の寂しさ”の深みとでも言うのか、自分の生き方を見つけることの難しさなのか、考え込んでしまった。

マッド・アマノの「The Parody Times」のアメリカ講演旅行の話も凄いなあ。やっぱり私は、ブッシュが大統領の間はアメリカに行かない方がよさそうだ。

 これらをはじめとして、だんだん各ブロガーのみなさん、リズム感が出てきて、私が期待した感じが少しずつ出てきた。反面、なかなか始まらない人、始まったが思うに任せない人もいて、それは(岸井成格だけだが)パソコンもネット環境も持っていないという人もいれば、持っていても自分では難しいことは一切やらないという人もいれば、自分はやらないけれどもやってくれるアシスタントがいるという人もいれば、そのアシスタント忙しくてまだ手が着かないという人もいて、様々なので、時間差が出てくるのは仕方がない。読者のみなさんも、我慢強く見守って頂きつつ、今始まっているブログにどんどん意見を言って叱咤激励する共に、読者が増えるとブロガーも励みになるしサポーター企業も増えるので、このサイトをあちこちで宣伝して読者を増やして頂きたい。読者もこの実験の参加者。よろしくお願いします。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3541

コメント (1)

面白くなってきました。
ただ、もっといろんな人のブログが見たいです。高野さん宜しくお願いします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.