Calendar

2006年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 「高野孟と最新韓国を見る旅」の参加者を募集中!
メイン
安易な“中国脅威論”に反対する! »

清宮監督、5年間楽しませてくれてありがとう!

 ラグビー日本選手権準決勝、早稲田大学vs東芝府中は早稲田の完敗だった。先週のvsトヨタは勝てると思っていたが、今週は勝てないまでもギリギリまで迫るような闘いを期待していたのに、ゼロ敗ではどうしようもない。寝転がってテレビで観ていようかとも思ったが、早稲田ラグビー再興のために5年間尽くした清宮克幸監督の最後の采配になるであろうこの試合に敬意を表さない訳にはいかず、サンプロ出演の後、昼食もそこそこに秩父宮のスタンドに駆けつけて見守った。帰ってから清宮にはのようなメールを送った。

┌─────────────────────────┐

5年間、お疲れさんでした。今日は大敗で、私はもうちょっとドラマティックな負け方——先行されて、それでもしがみついて付いていって、最後あわや逆転かというところまで迫りながらやっぱり突き放される——を予想していたのですが、前半の決定的なところでの2つのノックオンで流れに乗れなかったのが残念でした。前半は内容的には互角だったですものね。
まあとにかくご苦労さん。あなたのお陰でこの5年間、ラグビーを観るのが楽しかった。次は、サントリーもさることながら、W杯のジャパンを面白くしてください。落ち着いたら一杯飲みましょう。たかの

└─────────────────────────┘

 清宮は天才的リーダーである。だらしなかった早稲田のラグビーを預かって、その年から5年間大学選手権常勝というのは凄いし、それだけでなく、部の運営にアディダスや三共など企業パートナーを導入して経営を改善し、また大学総長を説得して大学の施設や人材を活用して子供からお年寄りまでが様々なスポーツを楽しむことの出来る地域スポーツクラブ「NPOワセダクラブ」を創設してどんどん発展させているし、さらにイラクで戦死したラグビー部の先輩=奥克彦大使を記念する「奥・井ノ上イラク子ども基金」を作って啓蒙的な講演会やイラクの子どもに本を贈る活動を進めてもいる。この世界には単なるラグビー・バカが多い中で、それとは明らかに異質の、スポーツを文化の一形態と捉えて社会との関わりの中で色々なことを発案し実現していく力を持つ企画者であり組織者であり経営者である。彼がラグビー界の“川淵三郎”になるのでなければ、日本ラグビーの再生はない。

早稲田大学ラグビー部 http://www.wasedarugby.com/
NPOワセダクラブ http://www.wasedaclub.com/
奥・井ノ上イラク子ども基金 http://www.oku-inoue-fund.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3560

コメント (1)

ラグビー素敵ですね。

力と力のぶつかり合い

でも 高野さんの 早稲田負けてしまってかわいそう しかも
一方的に。

まるで 今の民主党みたいですね。

監督交代党首交代。

政局の先行きを占うような出来事ですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.