Calendar

2006年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Recent Comments

« 長崎は今日は晴れだった
メイン
2月のイベント情報 »

さいとう・たかを先生に会った!


『ゴルゴ13』

 そうだ、これを報告するのを忘れていた。先週の火曜日に、劇画の大御所で『ゴルゴ13』の作者であるさいとう・たかを先生にお目にかかった。何のためかと言えば、まさにその『ゴルゴ13』の全作品の中からとりわけ国際情勢のダイナミズムを活写していると思われる作品を選び出して、それを素材にしながら「日米経済戦争」「資源戦争」「メディア支配」「パレスチナ問題」「激動の中国」など13のテーマを立てて図解入りで解説するという本を作っていて、春には小学館から出版される予定なのだが、その巻頭に載せるさいとうさんと私の対談を収録するためだ。

 事前の想定では、各作品の取材や構成の苦労話を聞いて、そこから国際情勢の裏表のナマナマしい話に入っていこうかというつもりだったが、「あんなの“ウソ八百”を描いているんだから、それで国際情勢を勉強したいと言われても困っちゃうんだよね」という先生の一言で流れが変わってしまって、人間論・文明論みたいな話になっていって、その展開に編集者はいささか戸惑ったようだったが、私はそれが面白く、闊達なさいとうさんのおしゃべりを大いに楽しんだのだった。もっとも、“ウソ八百”という先生の謙遜に対しては、私はこう述べた。「いや、ストーリーや登場人物そのものがフィクションだというのは分かり切ってますが、その背景になっている国際関係の敵対構図や表も裏もある駆け引きなどは物凄いリアリティがあって、ジャーナリストである私が読んでも、うーん、こんなことが本当にあったのかもしれないなあと思ってしまうところが面白いんですよ」と。それはそのはずで、原案提供者は海外経験もあるジャーナリストやその分野の専門家ばかりであって、彼らとの議論を通じて形作られるしっかりとした骨組みの上に、先生自身の独特の感性に従って目一杯、想像力を働かせてストーリーを走らせていくわけだから、先生が言うように「こんなことは絶対ありえない(という荒唐無稽な)ことは描いていない」のである。

 『ゴルゴ13』の連載が『ビッグコミック』で始まったのが38年前の1968年、私が大学を出てジャーナリストの道に踏み出した年である。その時から今日まで欠かさず読んでいるのだから、私もゴルゴの最良の読者の1人と言えるだろう。2年前に還暦を迎えて、何かけじめを付けなければいけないと思って、『ビッグコミック』を毎週キオスクで買うことは止めた。しかしゴルゴだけは気になって、単行本が出れば買って読んでいる。さて、どんな本が出来るのか、楽しみなことであるけれども、原稿を書かなくては始まらない。今日明日はその執筆に没頭の予定。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3546

コメント (3)

さいとうたかお氏の ブログも見たいですね

あの 情報は 彼は どこから 仕入れているのか聞きたいです。

麻生外務大臣も ゴルゴを毎週読んでるとの事ですから。

しかし 大臣が あれを読んで まさか 本気で ゴルゴ頼みはないでしょうね(笑)

特別な秘密の情報源などはなく、情報提供者は、本文に書いたようにジャーナリストが多いようです。しかし、プロから複雑な国際情勢の葛藤の話を聞いて、パッとひらめくのはさいとうさんの感性というか想像力と直感力なんでしょう。想像力とか直感力とかいうものは、ヤマカンとは別物で、やはり普段から自分なりの物の見方、哲学、文明論を鍛えておかないと湧いてこない。そのへんがさいとうさんは凄いと思いました。

過去のゴルゴ13原作者には堀井雄二、船戸与一、雁屋哲、小池一夫などの大御所もいたはずです。最近号では元銀行マンなども。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.