Calendar

2006年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Recent Comments

« 丹下健三も困ったもんだよね
メイン
5月韓国ツァーのリーフレットが出来た! »

Livedoorニュースが“自己批判”特集を始めた!

 Livedoorニュースが、識者100人に(1)企業としてのライブドアについて、(2)ライブドア事件について、(3)堀江貴文という人物について、という3項目でアンケート的な原稿執筆を依頼して、着いた順から「ライブドアにもの申す」特集として掲載している。私も依頼を受けて、当然にも本サイト「インサイダー」で述べたのと同じ趣旨であるけれども、書き送って、すでに掲載されている。

http://blog.livedoor.jp/ld_opinion/

 担当編集者によると「先週も弊社熊谷史人が東京地検に逮捕されるなど、まだまだ事件を総括する時期でないとというご意見、そして当事者である弊社自身がこうした企画をすること自体が間違っている、といったご意見も数多く頂戴しております。こうした意見も勿論参考にしながら、今後もメディアとしての役割を果たすべく努力して参りたいと考えております」とのことだが、「こうした企画をすること自体が間違っている」といった意見はどういう方面から出てくるんだろうか。お上の手に掛かったのだから黙って謹慎していろということなんだろうか。こういう連中が日本をダメにしているんだと思う。

 現時点で約20人の回答が掲載されていて、それぞれに面白い。中でも、浅羽通明、吉田望、永沢徹のは学ぶところが多かった。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3571

コメント (5)

今頃 自己批判しても遅いですね
自浄能力が無かった。
儲かれば何でもありの考えで突き進み 権力にも擦り寄った。
オウムも 権力を持つために立候補したのも似てる気がする。
賢ければ もう少ししたたかに行動したのだろうけど ホリエも甘かった  世界一企業目指し 背伸びしすぎた。
この背景は やはり 彼の家庭環境が影響してるとも思う。
話は変わるが 逮捕された面々で
熊谷が 一番悪人顔ですね
最初に ライブドアが テレビに注目され始めたころ 熊谷がよく映っていたが なんか 生意気そうでぶ男の典型顔でしたね
あれで20代と言うのも見えないね
あれこれ 雑感でした。

質問

テレビ朝日の 細川という記者
政治番ですが
あの 細川隆一郎の息子さんですかね  名前が 隆三というから。かつて 細川隆一郎という ジャーナリスト居ましたが、面白かった人物とふと思いました。
今の政治やジャーナリストをどう思うかなと思いました。 懐かしい人です。

Livedoorニュース読みました。
高野さんの「堀江貴文という人物について」を読んで、若い人達が堀江容疑者を擁護している気持ちが少しわかった気がします。

自分も、若いときは同じような考えを持っていた事を思い出しました。
法を犯したかもしれない人間をヒーロー扱いするなんて!という頭の固い考え方はやめて、ホリエモン現象が何を物語っているのか、
もう一度考えてみたい。

『「情報操作」による「世論操作」が生命線の小泉政権にとって予想される今後の行動』
テレビ朝日(サンプロ、TVタックル、報道ステーション、やじうま、スーパーモーニングなど)を始め、
フジテレビ(報道2001など)、よみうりテレビ(ウェークアップ)、TBS(朝ズバッ)、
殆どの新聞(特に日本経済新聞、朝日新聞)、テレビは小泉政権の
プロパガンダ機関(事実上の)となっている。

teraさん
あの細川記者は隆一郎の息子です。今は報道部ですが、その前はサンプロで田原さんの政治コーナー担当のディレクターでした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.