Calendar

2006年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Comments

« 2月4日から「山田脩二の軌跡/写真、瓦、炭…展」が開かれる!
メイン
伝説のロックバンド「アナーキー」がBOXで蘇る! »

映画『るにん』について・続


「るにん」
2006年1月14日〜
シネマスクエアとうきゅう他

『週刊現代』1月28日号に「スペシャル対談/松坂慶子×奥田瑛二「オトナの性愛は激しく美しい」/流刑島での「究極の愛」を描く問題作「るにん」が公開」という記事が出ている。

奥田 主人公の豊菊は、過酷な島に流されて、苦しみ喘ぎながら生きるために身体を売る。でも彼女は、男たちに愛を注ぐ菩薩のような存在でもあるわけです。そうした女性を、五感と肉体をもってガッチリと表現できる女優は、日本には松坂さんしかいないと最初から思っていました。

松坂 光栄です。初めて脚本を読んだ時、私、いままでいただいた本の中でいちばん嬉しいと思った。この役を私にくださったことに、すごく感激したんです。豊菊は吉原に反発して火をつけているわけですから、一人の女性として、そして一人の人間として扱ってもらえない悲しみや怒りを強く持っていたんだと思います。

奥田 そうだね。

松坂 でも、やはり身体を売ることでしか、島では生きる術がない。あんなに嫌だったのに、吉原と同じことをしなくちゃいけない。必死に今日を生き抜いて、明日も生きようとするんだけど、心の底では「自分は地べたを這いずり回る虫けらみたいな人間だ」と思っている……。

 奥田は対談の最後の方で愛についてこう言う。「いまの若い人たちにいちばん足りないのが、真実の愛だと思うんです。肉体の結びつきで安価な愛を獲得したと錯覚しているわけ。本当はコツコツ高め合って、愛の持つ強さをお互いに確認して、初めて恋人になるんじゃないの? それがいまは観覧車に乗るみたいにセックスして、20代とかで肉体がリタイアしちゃう感覚がある。自分の五感が打ち震える悦び——つまり本当のエクスタシーを知らないままにね。オトナの性愛はもっと美しく、激しいものです。お前ら、この映画を見て感性をシンクロさせろよ、と言いたいです」。そうね、若い人たちこそ、この映画を見るべきだ。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3530

コメント (1)

高野氏もこの映画に出演するやに聞いています。
是非見て 役者高野を拝見したいです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.