Calendar

2006年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Comments

« ごあいさつ
メイン
今日の「毎日新聞」に大隈塾&ゼミのことが… »

映画『るにん』が遂に新宿でロードショー!

 私が映画に初出演した奥田瑛二監督の『るにん』が1月14日から東京・新宿のシネマスクエアとうきゅうでロードショー公開される。作品は約1年前に完成、東京国際映画祭はじめ欧米のいくつもの映画祭では上映され、賞をとったりもしていたのだが、一昨年から昨年にかけては日本映画の新作ラッシュだったそうで公開がかなわなかった。

 映画初出演はなかなかの体験で、3カットを撮るのに休憩や大道具の手直しを含めて3時間もかかり、その間、八丈島に流刑になった遊女の役で主演した松坂慶子さんを後ろから触りまくるという有り難い役柄。しかし出来上がった画面ではわずか30秒ほどで私の顔もよく見えず、人から「え? どこに出ていたの?」と言われるようなチョイ役ですので、お見逃しのないように!

 奥田監督とは「六本木男声合唱団(六男)」の仲間で、時々飲んだりする。ある日、明るいうちから麻布十番の蕎麦屋で板ワサと湯豆腐でダラダラと飲んでいる時に、奥田が急に真顔になって「アッ、そうだ、あの役は高野だ!」と言い出して、「何? 何の話よ」と言っているうちに巻き込まれてしまった。六男の仲間はいろいろ引っ張り出されていて、だいたい音楽は六男団長の三枝成彰(作曲家)だし、脚本の元になった原作は團紀彦(建築家)だし、他にも島田雅彦(作家)、浅葉克己(デザイナー)、藤原優(元ラグビー全日本)など多彩な人たちが画面に登場する。島田は結構セリフもあって(私はセリフなし)渋い役柄。藤原は脱走に失敗して籠に入れられて崖から突き落とされて処刑される可哀想な役目だ。

『るにん』の紹介は奥田のブログ(更新が遅れているけど)「瑛二独壇」(http://eijidokudan.blogzine.jp/dokudan/)の中にある。

シネマスクエアとうきゅうは、新宿歌舞伎町1-29-1 TOKYU MILANO 3F、TEL:03(3202)1189。

 もう1つ、奥田は画家としても有名で、1月9日〜16日、新宿の京王プラザホテルのロビーギャラリーで「聖なる囁樹(ささやき)II/奥田瑛二展」と題した個展を開く。毎日10:00am〜7:00pm(最終日〜4:00pm)。「“何だろう、これは?”その懐かしさに涙があふれる」のだそうだ。14日から16日の間に、歌舞伎町で『るにん』を観て、京王プラザで個展を覗くというのがベストでしょう。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3525

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.