Calendar

2011年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 既存メディアは本当に「敵」になるのか
メイン
「ジャーナリズムの原則」 ビル・コヴァッチほか著 (日本経済評論社) »

A3(エー・スリー)森達也著 (集英社インターナショナル)

takada100113.jpg
A3【エー・スリー】 森達也 著

 「オウム真理教事件」から、もう10数年になる。あの地下鉄サリン事件の日、私はちょうど旅行中だった。明確な記憶は薄れたが、空港のロビーでテレビに見入っていたことは覚えている。確か、福岡空港だった。その後、日本を覆い尽くした風潮については、ここで私が書くまでもない。

 本書「A3」は、「A」「A2」に続いてオウム真理教を扱っている。前2作と同様、オウム真理教や麻原彰晃(本名・松本智津夫)にできうる限り接近し、本書は出来上がっている。だからといって、(当たり前のことだが)、森氏はオウム真理教やその事件を擁護しているわけではない。オウムに限らず、異質なものを排除しようとし、その理屈付けを「常識」へと昇華させていく、その社会のおかしさを突いているのである。

 「A3」を読むと、メディアが伝えるのは、「社会全体がすでに合意していること」だと分かる。それが言い過ぎであれば、「まだ合意には至っていないが、納得したい内容」と言い換えてもいい。分かっていることを伝える・拡大する、体勢が納得したい理由付けを伝える・拡大する。それがメディアの本質であると、森氏は言っている。

 そういった、奔流のような社会の趨勢に抗うものが必要であり、かつ、それが仮に可能だとすれば、その手立ては「愚直な質問の積み重ね」しかない、と思う。分かったふりをしない。分かったつもりにならない。常套句を用いて世事を理解したつもりにならない。そういった愚直さである。それは何も、取材・報道の現場に限った話ではない。

 熊本日日新聞による「オウム真理教とムラの論理」(朝日文庫)も、愚直さを感じる良書である。

★  ★  ★

※この記事は「『ニュースの現場で考えること』の書棚」より転載しました

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7763

コメント (2)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

こんにちは(いま14日pm4:45頃です)

そうですね。
僕らは悪は悪。どこまでいっても悪だと思わされている。

例えば、オウム
例えば、ビン・ラディン
例えば、ヒットラー

ジャーナルで言えば、菅さんは絶対悪
そして、小沢さんは絶対善。

そんな単純なことでしょうか?
それぞれの論理があり、それぞれの情動があるって考えるべきでしょう。
相手のいうことには目もくれず、自分のいいたいことだけを主張する。
そうではなく、相手の言うことにも聞いてみる。尋ねてみるっていうことがあってもいいような気がする。
その際は、ヒステリックにならず、真摯に聞いてみる。
最低限の態度だと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高田昌幸(たかだ・まさゆき )

-----<経歴>-----

1960年、高知県生まれ。
1986年、北海道の地方紙入社。経済部、社会部、東京政治経済部、ロンドン支局などで取材。
1996年、取材班の一員として「北海道庁公費乱用の一連の報道」で新聞協会賞、日本ジャーナリスト会議(JCJ)奨励賞を受賞。
2004年、取材班代表として「北海道警の裏金問題取材」で新聞協会賞、JCJ大賞、菊池寛賞、新聞労連ジャーナリスト大賞を受賞。「記者会見・記者室の完全開放を求める会」世話人。

-----<リンク>-----

■ニュースの現場で考えること

■「ニュースの現場で考えること」の書棚

■記者会見・記者室の完全開放を求める会

■市民の目フォーラム北海道「北海道警察VS北海道新聞」

■木をみて森もみる(エッセイ)

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.