Calendar

2008年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 麻生内閣は1月が限界!?(後編)
メイン
就任演説から読み解くオバマの“Change” »

麻生内閣は1月が限界!?(前編)

12月某日、田原総一朗氏とTHE JOURNAL主幹・高野孟による年末政局対談が行われた。

日本の政治のウラも表も知り尽くした2人が、テレビでは語ることのできないギリギリトークを展開。永田町の生々しい権力闘争を大胆に解説する・・・

-------------------------------------------------------------------------------------
福田さんは選挙が嫌いだから首相を辞めた

高野:今年を象徴する漢字は「変」でした。

田原:チェンジですね。

高野:チェンジだったのか、変な年の「変」なのか。おそらく両方かけてるんでしょうね。

田原:日本は「変」な年かもね。アメリカはチェンジの年だった。

高野:日本の「変」な年の最大の理由が、福田さんが突然辞めて、麻生さんが総理になった。それですぐに選挙をやるのかと思ったら、やらない。となるとこのまま年越しとなるわけですが、いったい麻生内閣は来年どうなるのでしょう?

田原:麻生さん自身もよくわからないんじゃないかな。もともと麻生内閣は選挙をやるための内閣だったんで、閣僚も党三役もいいかげんなんですね。

高野:軽量ですね。

田原:軽量というよりも、すぐに解散するつもりだった。解散のつもりが長くやってる。官房長官の河村さんなんて、とても長く務める人ではない。麻生さんも秘書ぐらいにしか思ってないんじゃないかな。もともといいかげんな内閣だった。

高野:それが長くやってるから、余計にボロが出ちゃう。

田原:福田さんがそもそも何で辞めたかというと、理由は一つ。福田さんはジェントルマンだから。ただし、闘志がまったくない。だから、選挙が嫌い。

高野:嫌いなの?(笑)

田原:嫌い。でも、選挙をやらなきゃいけない。そこで、森喜朗さんが福田さんに「選挙やるのか」と言ったら、「私、嫌いです」と答えるから首相を辞めて、選挙が好きな人に代えることにとなった。そこで、選挙が好きな麻生さんが総理大臣になった。だけど、なってみたら意外に選挙が嫌いだった。

高野:なってみたら、できなくなっちゃった。

田原:僕は、麻生さんはもっと度胸がある人だと思ったけど、度胸ないね。

高野:あのベランメエ調だから「エイヤ!」でやるかと思ったけど。

田原:本人も解散をやるつもりでいいかげんな内閣を造った。解散をやらなかった理由は、彼が内閣を造ってすぐアメリカの株価が1日で777ドル下がった。その後に自民党内部で世論調査したら、公明党と両方あわせて定数500のうち200程度しか取れないという結果だった。これで選挙したら負けるに決まってるから、景気回復に全エネルギーを集中すると言い出した。

高野:そこからだんだん辻褄が合わなくなってきた。じゃあ、第二次補正予算もサッサとやるのかと思えば、それを持ち出せば野党からつつかれるからやらない。

田原:つつかれるだけじゃなく、第二次補正予算をやろうと思っていたのに、10月の下旬に2回目の世論調査したら、1回目より悪かった。10月ごろまでは第二次補正予算を国会に今年中に出し、衆議院を通す。そして参議院でモメたら解散、というのが常識だった。

高野:そうですね。

田原:ところが、負ける選挙がイヤなので解散をやめたら、もういつやるか目処がつかなくなった。

麻生内閣は1月が限界!
高野:これで年が明けて次の調査をやったら、もっと悪くなってるかもしれない。

田原:1月いっぱいは持たないと思う。

高野:そうですか。

田原:民主党にグイグイやられてね。

高野:国会は1月5日に始まる予定ですが、開会すればまず第二次補正予算の審議があります。そこで、例の評判の悪い定額給付金が焦点になりますよね。定額給付金は、世論調査で約70%の人がいらないと言ってるわけだから、野党は強気で行きます。

田原:野党は定額給付金だけじゃなくて、麻生いじめの材料をいっぱい持ってる。

>>後編を読む!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/2531

コメント (2)

ああ、田原様、やっと以前の、ボクが好きだったころの田原様に戻りつつあるのでしょうか?先輩に対して(年上って意味ですが)失礼ながら、田原様の最大の魅力は「言説の格闘技家」にあるのです。ズツキ・ケタグリ・キンゲリをもいとわず、対象に肉薄していく!そのダイナミズムこそが魅力なのです。世論を誘導しようなどとは、クレグレモお考えにならないように…。高野様は田原様の最も良き理解者ではないかと想像いたします。お互いに、擦れ合いながら(触発しながらという意味です)2009年もユニークな切り口で、情報とその解析を提供してくださる事を切に望んでおります。

全く、その通りになった。
久しぶりに国会中継にみいった。
それにしても、民主党は迫力があった。自民は似非文句にしてた政権担当能力?もぶっとんだ。こりゃー、自民は消えるなぁー。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田原総一朗(たはら・そういちろう)

-----<経歴>-----

1934年、滋賀県彦根市生まれ。
早稲田大学文学部卒。
岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。
テレビ東京時代の連続番組「ドキュメンタリー青春」で、取材対象者に肉薄する独特のインタビュー手法で注目を浴びる。
現在は政治・経済・メディア・IT等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。
テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸又一賞)を受賞した。
2002年より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講。塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生や社会人の指導にあたっている。

-----<出演>-----

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日、毎月最終金曜25時?)

『サンデープロジェクト』
(TV朝日、毎週日曜10時?)

BookMarks

田原総一朗 公式サイト
http://www.taharasoichiro.com/

田原総一朗のタブーに挑戦!(JFNラジオ番組)
http://www.jfn.co.jp/tahara/

株式会社アスコム
http://www.ascom-inc.jp/

朝まで生テレビ!
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

サンデープロジェクト
http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/

早稲田大学 大隈塾
http://www.waseda.jp/open/attention/ookuma/ookuma_curriculum_2005.html

早稲田大学 大隈塾ネクスト・リーダー・プログラム
http://www.waseda.jp/extension/okumajuku/index.html

-----<著書>-----


『市場浄化』
2006年10月、講談社


『テレビと権力』
2006年4月、講談社


『オフレコ!Vol.2』
2006年3月、アスコム


『国家と外交』
2005年11月、講談社、田中均共著


『日本の外交と経済』
2005年9月、ダイヤモンド社


『日本の戦後(上)』
2003年9月、講談社


『日本の戦後(下)』
2005年7月、講談社


『田原総一朗自選集 1?5巻』
2005年7?10月、アスコム

『オフレコ!Vol.1』
2005年7月、アスコム、季刊

『日本の戦争』
2004年12月、小学館文庫

『日本の政治?田中角栄・角栄以後』
2002年10月、講談社

『日本の生き方』
2004年11月、PHP研究所

『日本政治の表と裏がわかる本』
2003年5月、幻冬舎文庫

『連合赤軍とオウム?わが心のアルカイダ』
2004年9月、集英社

『「小泉の日本」を読む』
2005年2月、朝日新聞社

『面白い奴ほど仕事人間』
2000月12月、青春出版社

『日本のからくり21』
朝日新聞社

『愛国心』
2003年6月、講談社、共著

『わたしたちの愛』
2003年1月、講談社

『日本よ! 日本人よ!』
2002年11月、小学館

『田原総一朗の早大講義録(1)』
2003年9月、アスコム

『田原総一朗の早大講義録(2)』
2004年3月、アスコム

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(上)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(下)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『頭のない鯨?平成政治劇の真実』
2000年2月、朝日新聞社

『田原総一朗の闘うテレビ論』
1997年3月、文芸春秋

『メディア・ウォーズ』
1993年3月、講談社

『平成・日本の官僚』
1990年3月、文藝春秋

『警察官僚の時代』
1986年5月、講談社

『マイコン・ウォーズ』
1984年12月、文芸春秋

『原子力戦争』
1981年11月、講談社

-----<連載>-----

週刊朝日「田原総一朗のギロン堂」

SAPIO「大日本帝国下の民主主義」

プレジデント「権力の正体」

-----<映画>-----

『あらかじめ失われた恋人たちよ』
1971年、監督

→ブック・こもんず←


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.

カスタム検索