Calendar

2008年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Comments

« 支持率低下で自民党内の「NASA」が福田降しに動き出す
メイン
困惑する日本 »

世界食料戦争を生き抜くために

食料を含む資源戦争が始まった

日本の食料自給率が40%を割り、主要先進国で最低になりました。しかも、輸入食料品は高騰していて、日本の食糧事情はいま大変なことになっています。

なぜこれほど自給率が下がったかというと、理由はわりに簡単で、日本人が米を食べなくなったからです。今でもコメの自給率はほぼ100%。だから、全員がご飯を食べれば自給率が上がりますが、日本人はだんだんごはんを食べなくなってきている。だから自給率の低下が止まらない。

輸入食料品も高くなっています。高騰の理由は、一つは世界の人口が増えたこと。もう一つは原油の高騰。サブプライム問題の影響で日本やアメリカの株が下がっているのに、世界には金が余っていて、この金がWTI(米国産標準油種、West Texas Intermediate)、つまり原油のマーケットに流れている。

今まで食料や原油は基本的に経済原理で動いていました。需要が多くなれば値段が上がる、あるいは干ばつなどで気候が不順になると農作物の収穫量が下がるため値段が上がる。ところが、そのような常識がここへきて大きく変わってきた。

いま、資源戦争の一つとして、世界で食料戦争が始まったと私はみています。
では日本はこれからどうすればよいのでしょうか。

食料戦争を生き抜くために、日本の農業の構造を変えよ

一つは食生活を変えること。もう一つは日本の農業の構造を大きく変換することです。

たとえば、今でもコメは100%自給できている。政府はコメを守ってきたんですね。ところが、コメを守ってきたために、大豆、トウモロコシ、麦などが減り、どんどん輸入に頼るようになった。

そこが難しい話なのですが、明治、大正期を含め、戦後も長い間日本人はコメを食べていました。ところが、うどん、スパゲッティなどの麺類やパン類のほか、日本人はコメ以外の物を多く食べるようになりました。麺やパンを多く食べるようになって麦が必要であるにもかかわらず、その麦は90%以上を輸入していて、その一方でコメは余っている。

しかも、農家の平均年齢は65歳でお年寄りなんです。あと10年後にはほとんどいなくなっちゃう。しかも後継者はいない。なぜ後継者がいないかというと、農業に魅力がない。米が余り過ぎているため、値段が安い。お金にもならない。農家の息子や娘たちは都会へ出て行き、ほかの職業についていく。
ようするに、自給率が低いとこへもってきて、農業をやる人の数が将来どんどん減っている。

このように、日本人の食生活が変わってきたにもかかわらず、コメ中心の農業の構造が変わってないため、あちこちで矛盾が出ています。

だから、食生活の見直しだけではなく、日本の農業を基本的な部分から構造から変えなきゃいけない。


日本の農産物は世界で人気がある

では、日本の農産物の質がよくないかというと、そんなことはない。むしろ世界で一番質がいい。たとえば、りんごのブランドといえば世界では「富士」です。世界で一番おいしいスイカは熊本県産。ミカンもどんどん海外に輸出している。

80年代、牛肉とオレンジの自由化について反対運動がありました。外国から安いオレンジがどんどん入ってきたら、日本のミカンがダメになる。ところが、自由化されたいま、ミカンはアメリカへ輸出している。日本のミカンはとても重要な輸出産業です。

ひとつ面白い話をしますと、アメリカ行ったとき「アメリカの人たちはどうしてオレンジじゃなくてミカン食べるんですか」と聞いたら、「オレンジはテレビ見ながら皮むけない」と言っていました。ミカンは皮むける。食べてみたらおいしい。日本の農産物は輸出ができるんです。


世界の寿司ブームに乗ってコメを輸出せよ

コメも輸出できる可能性がある。

今、世界中で寿司ブームです。僕はアメリカやフランスなど、あちこちで寿司を食べましたがたいしてうまくない。それは現地の水とコメを使ってるから。寿司には日本の水で炊いた日本のコメが一番あってるんです。

私は、日本のコメを水とセットにして海外に輸出すればいいと思う。成功すれば、コメは輸出産業になります。

実際、松岡利勝さんが農水大臣のとき(この人は農水大臣としてはなかなか優秀でした)、中国といろいろ交渉して、初めて日本のコメを中国に売りました。日本米の値段は中国米の約30倍。でも、あっという間に売りきれ、大成功しました。ところが松岡さんが自殺してしまい、その後、そういうことのできる農水大臣はいません。

つまり、米も輸出できる。もちろんスイカやリンゴもです。いろんなものが輸出できる。農業が輸出産業になれはば、日本の農業よくなります。

戦略の転換なくして食料戦争には生き残れない

ところが、どうも日本の農水省と農協は守りばっかりで攻めの発想がない。守って守って農業を弱くしている。人間だって、過保護に育てるとロクな人間にならないように、日本の農業も弱くなっている。

補助金は使ってもいいんです。強くするための金は使っていい。農業の大輸出国であるフランスは、輸出のための補助金を出していますし、アメリカもやっています。

日本の場合は、補助金を出して弱くしてる。民主党は農家一戸一戸に金を出して、1兆円出すといいますが、農家の平均年齢は65歳。ここに補助金を出したって日本の農業はよくならない。

今、日本の農業は大きな見直しの時期に来ています。今まで食料は外国から買えばいいと思ってきたけど、もはやそういう時代ではありません。

この資源戦争の時代になって、日本は戦略を大きく変えなければならないのです。


(協力:JFN 構成:《ざ・こもんず》運営事務局)

■田原総一朗の『タブーに挑戦』 http://www.jfn.co.jp/tahara/
JFNデジタル703chで好評放送中の『田原総一朗のタブーに挑戦!』では、「政治・経済の動向や裏側」、「注目の人物」、そして「ご自身の事」など、田原総一朗さんが鋭い論評を展開しています。
また、番組では、田原さんに聞いてみたいことや人生相談など、なんでも受け付けています。下記フォームからどしどし質問をお寄せください。
http://www2.jfn.co.jp/jfnwwwmail/mailform/mailform.cgi?ch=iradio_tahara

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/2505

コメント (5)

私のスタジオの前につくった江戸時代式 自家菜園 に現代農業誌で特集している耕さない農法を実行してみることにした 耕すとミミズなどがちぎれて死ぬため と微生物がいついて肥料をつくりだすため  

そして雑草はやかし農法と人ふん農法を加え 人手不足・高齢化対策 省エネ化のいいことずくめだな 。人ふんは太陽で干すと4日目ぐらいから いもいわれぬイイ香りになる 古来より田舎の香水と冗談でいわれていたことは冗談ではなく江戸時代の乾燥方だと高級香木のような香りにもなったことだろう。

ジャガイモの種芋を20個 本日土に埋めた 200個くらい収穫できると自給できるな 土にふれた時間は15分位。アスパラガスは一回タネをまくと15年くらい毎年採れるらしいのではずせない 楽しみだな。 ロータで土を攪拌すると土の肥料つくり微生物コロニーも破壊してしまうので江戸時代の鋤でやった こしいたいがスポーツ感覚で。 

中国製冷凍餃子事件以降、急に私たちの国の食への安全・外国への依存度・食料自給率等の議論が活発にされるようになりました。よその国のことをあれこれ言うよりも(ほんとは心配なんかしてないくせに)自分達の国の今や将来をかんがえようよ、という田原先生のポジティブ(まっとうな)はご発言はいつも関心しながら聞いております。私はどちらかというと保守的で後ろ向きな考えをしてしまうタイプで、かつ、他人の議論に振り回されやすいこともあり、なにかをはじめるにあたって、問題発覚→アドバルーン→問題発覚の実相を目の当たりにするにつけ、慎重に慎重になってしまいます。最近は前に向かって進む勇気も大切なことだが、いったん立ち止まって、元いた場所に帰る勇気も必要なんじゃないかなと、考えるようにしています。この、元いた場所にいったん帰るということは、必ず責任論が発生するために、そこに一旦は戻って考える勇気がなかなか出てきません。なにかを始めるにあたって(そもそも計画性があったにのかは、怪しい限りではありますが)、なにかを開始した場合、それが間違いだと気がついた場合、入り口を間違えたかなと思った場合、外部環境の変化に対応を誤ったかな?と気がついた時、元いた場所に、一旦は立ち戻って考える勇気を持ちたいと思っています。そんな呑気なことでは、この厳しい競争社会の中で遅れをとってしまうぞ!!(という)天からの声が、私にはいつも脅し文句に聞こえてしまいます。人には立場があり、みなそれぞれの立場で物を考え、発言し、行動しているはずなのですが、まるで、あるひとつの立場の論理が、あたかも全体論であるかのごとくに私に襲いかかり、その発言に正義の添加物が添えられていると、ひとたまりもありません。本当は、自分達の立場の確保と利益のために発言しているはずなのに(むしろ、そう言ってもらったほうが余程、理解できます)、あたかも見たことも聞いたこともないマクロな数字を連発し、いかに私達が、全体のことを考え、全体の利益を考えているかを強調されてしまうと、かえってしらけます。本当は、そんなのうそなのにね・・・。こまったものですね。そのような発言が社会に何かのきっかけで落ちてくると、全体がいっせいにそちらの方向に引きずられてゆくことがあります。彼らの本当の目的がなんなのかは、私の
しりもしないことなのですが・・・
さて、話はかわりますが、中国関連といえば、今朝の朝刊で、日本と中国のジャーナリストの方の集まりが中国であったそうです。田原先生が日本の座長となっておりました。北京五輪の中国の責任者で国家副主席の方が、お話をされたと書いてありました。どんな内容だったのでしょうか?レポートを楽しみにしております。五輪の非政治化の原則を述べられた、と新聞には書いてありました。五輪の非政治化の主語が中国以外の国のことを指すのか、それとも中国のことを指すのか?はたまた両方なのか。また、原則ということは例外項目があるのか?そのような質問が日中両国のジャーナリストの方々から副主席に質問されたのか?または、そのようなやりとりの場は設けられていたのか等、私の読んでいる朝日新聞にはなにも書いてありませんでしたので、わかりませんでした。小さな記事でしたので・・・
もし、田原先生が参加されているメディアでご報告の機会があるようでしたら、よろしくお願いいたします。

日本と中国側ジャーナリストとの交流会議の内容が、非公開とのことでしたが、非公開の意味がいまひとつ理解出来ませんでした。普通、非公開というとマンション側住民と建設側との話し合いをマスコミに非公開とか、対立した派閥間の問題を話し合う会合をマスコミに非公開とかの場合に使いますよね。でも、会議録や話し合いの内容はボイスレコーダーに取るとか、筆記しておくことで、後日全文を公開することも可能なはずです。それとも、交流会議で話し合われた内容そのものを、原則伝えてはいけない取り決めでもあるのでしょうか?今朝の朝日新聞でも代表の田原先生がかいつまんで報告している形式を取られていて、報告そのものはされていました。ただ私達が内容を直接知ることは出来ません。中国側も以前に比べてメディアがかなり開放的になり、社会が変わる大きなきっかけになるだろうと田原先生が述べられおりました。そうなってくれることが第一歩なのでしょう。これまで一般にはパソコンや携帯等のハードの進展が中国社会での情報のあり方をどう変えるのかとしう視点での議論は耳にしていましたが、個人が直接情報を受け取って処理してゆく時代の可能性については、まだ、+とマイナスの両面にわたって議論が必要であり、原則新聞やテレビ等のオールドメディアが情報処理のプロとしての社会的な役割の発揮なしには、まだまだ社会は成り立たないし、個人が情報を処理してゆく社会がいずれ来るとしても、その橋渡し役としての既存メディアの役割は今、放棄できないはずです。中国社会が抱えている難しさの一つは、一夜にして事態が世界に配信されてしまう時代における情報のコントロールのあり方が中国社会そのものを直撃していることだといえると思います。指導者達は、ただでさえ、統一した市場をもたない中国社会において、どのような運営のあり方が良いのか、難問なのだとは理解できます。私は普通の市政の人間(だと思います)ですが、中国社会を新聞やテレビ等のメディアを通してみるとき、正直のところ、何を考えているのかわからないご近所の大きなお屋敷のような感じをうけます。双方が誤解に誤解を重ね、国民感情そのものが真正面からスパークしてしまえば、もう事態は誰にも止められなくなってしまうのでしょう。(中国側が以外にも冷静に回避するのかな?)メディアに従事する方々のお仕事は、事実を事実としてありのままに伝えることなのでしょう。田原先生方のお仕事は、誤解による衝突だけは避けたい、という思いが、いつもなんとなく伝わってきます。過剰に非難することも過剰に持ち上げることも、その本質は同じことんおでしょう。本当に難しいですね。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田原総一朗(たはら・そういちろう)

-----<経歴>-----

1934年、滋賀県彦根市生まれ。
早稲田大学文学部卒。
岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。
テレビ東京時代の連続番組「ドキュメンタリー青春」で、取材対象者に肉薄する独特のインタビュー手法で注目を浴びる。
現在は政治・経済・メディア・IT等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。
テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸又一賞)を受賞した。
2002年より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講。塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生や社会人の指導にあたっている。

-----<出演>-----

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日、毎月最終金曜25時?)

『サンデープロジェクト』
(TV朝日、毎週日曜10時?)

BookMarks

田原総一朗 公式サイト
http://www.taharasoichiro.com/

田原総一朗のタブーに挑戦!(JFNラジオ番組)
http://www.jfn.co.jp/tahara/

株式会社アスコム
http://www.ascom-inc.jp/

朝まで生テレビ!
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

サンデープロジェクト
http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/

早稲田大学 大隈塾
http://www.waseda.jp/open/attention/ookuma/ookuma_curriculum_2005.html

早稲田大学 大隈塾ネクスト・リーダー・プログラム
http://www.waseda.jp/extension/okumajuku/index.html

-----<著書>-----


『市場浄化』
2006年10月、講談社


『テレビと権力』
2006年4月、講談社


『オフレコ!Vol.2』
2006年3月、アスコム


『国家と外交』
2005年11月、講談社、田中均共著


『日本の外交と経済』
2005年9月、ダイヤモンド社


『日本の戦後(上)』
2003年9月、講談社


『日本の戦後(下)』
2005年7月、講談社


『田原総一朗自選集 1?5巻』
2005年7?10月、アスコム

『オフレコ!Vol.1』
2005年7月、アスコム、季刊

『日本の戦争』
2004年12月、小学館文庫

『日本の政治?田中角栄・角栄以後』
2002年10月、講談社

『日本の生き方』
2004年11月、PHP研究所

『日本政治の表と裏がわかる本』
2003年5月、幻冬舎文庫

『連合赤軍とオウム?わが心のアルカイダ』
2004年9月、集英社

『「小泉の日本」を読む』
2005年2月、朝日新聞社

『面白い奴ほど仕事人間』
2000月12月、青春出版社

『日本のからくり21』
朝日新聞社

『愛国心』
2003年6月、講談社、共著

『わたしたちの愛』
2003年1月、講談社

『日本よ! 日本人よ!』
2002年11月、小学館

『田原総一朗の早大講義録(1)』
2003年9月、アスコム

『田原総一朗の早大講義録(2)』
2004年3月、アスコム

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(上)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(下)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『頭のない鯨?平成政治劇の真実』
2000年2月、朝日新聞社

『田原総一朗の闘うテレビ論』
1997年3月、文芸春秋

『メディア・ウォーズ』
1993年3月、講談社

『平成・日本の官僚』
1990年3月、文藝春秋

『警察官僚の時代』
1986年5月、講談社

『マイコン・ウォーズ』
1984年12月、文芸春秋

『原子力戦争』
1981年11月、講談社

-----<連載>-----

週刊朝日「田原総一朗のギロン堂」

SAPIO「大日本帝国下の民主主義」

プレジデント「権力の正体」

-----<映画>-----

『あらかじめ失われた恋人たちよ』
1971年、監督

→ブック・こもんず←


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.

カスタム検索