Calendar

2007年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 松岡農水相自殺でどう変わる「政治とカネ」と「年金問題」
メイン
田原総一朗はこう語った(5)──田原総一朗流 再チャレンジ人生 »

田原総一朗はこう語った(4)──田原総一朗流 再チャレンジ人生

okumajuku.jpg
『誇りの持てる働き方 誇りの持てる生き方』(ダイヤモンド社)

ほかの人が企画できない企画を考える

 実は私は東京12チャンネルには、ドキュメンタリーをやりたいから入ったんです。人間が描きたいから。でも12チャンネルは番外地ですから、スポンサーがつきません。ところが、これもまた12チャンネルの面白いところです。私はまず、企画をつくる。それから、私がスポンサーになりそうな企業に直接電話して、営業と編成の人を連れていって、スポンサーになってくれと頼む。全部、このパターンでした。私はディレクターですよ。ディレクターは番組をつくっていればいいんじゃない。つまり、スポンサーを口説いて乗ってもらう。12チャンネルというのはいい加減で、スポンサーがつけばなんでもOKなんです。だからスポンサーを口説いて、そして番組をつくった。

 そのときに、ドキュメンタリー番組で一番有名だったのはNHKです。「日本の素顔」という番組があった。その次に「現代の映像」になった。吉田直哉とかいろんな有能なディレクターがそこから育った。日本テレビには牛山純一(※1)がいて「ノンフィクション劇場」というのをやってました。これは賞をいっぱい取ってます。TBSには今野勉とか村木良彦とか、いろんなディレクターがどんどん面白いドキュメンタリー番組をつくっていた。

 この3局のドキュメンタリー番組と、どう勝負するか。ほかの多くの人は勝負なんかしない。12チャンネルの中で上手にやっていればいいと思っている。でも、そんな根性では視聴率は上がりません。私はスポンサーを口説くときに、視聴率を取るぞと。NHKとも日本テレビともTBSとも勝負して、視聴率で抜く。これ、ハッタリなんですね。抜くぞといってお金を出してもらって、抜かなかったら詐欺ですものね。

 それで、企画をどうするか。つまり、NHKやTBSや日本テレビの人たちが企画できない企画を考える。そんなことができるのか。向こうのほうが成績優秀でテレビ局に入ってるんです。私は全部落ちたわけですからね。

 そこで、本当の企画力では勝負できない。何をするか。企画には、とても危なくてできない番組というのがいっぱいあるわけです。NHKや日本テレビやTBSは、考えはしても、危ない、社会的な問題になると思うとやらない。だから私は、他局が危なくてできない番組をやろうと。これが今も生きてます。今もテレビ朝日でやってるのは、ほかの局のできない番組をやることです。

 でも、ほかの局のできない番組というのは、スポンサーはいやがります。そこで私は、特に一番長くやった「ドキュメンタリー青春」のときに、この番組のスポンサーである東京ガスに対してプレゼンテーションをした。必ずオンエアの2日前に、スポンサー試写やるんです。広報担当の部長にも見せる。その前に提案理由をいう。これが大事なんです。なぜこの番組をやるか。「あなた方は一見危ないと思うでしょう。だけど、絶対大丈夫だ。危なくない。と同時に、この番組をやることによって東京ガスのイメージがグーンと上がる。必ず評判がいい」というんです。

 でも、スポンサーもそんなことでは安心しない。そこで、次の仕掛けを出す。新聞や雑誌やいろいろなところで、テレビ番組の批評をする人たちがいる。専門家が約70~80人いるんですよ。彼ら全員に招待状を出して、事前の記者の試写をやる。また私が、提案理由をガンガンいうんです。そうすると、批評家って非常に素直な人で、ほとんどいったとおり書いてくれるんです。へその曲がったのはあんまりいない。

 そうやって下地をつくってから、オンエアします。すると確実に視聴率が高い。問題番組だから、視聴者はテレビの向こうでハラハラしてる。二~三日経つと、朝日新聞、東京新聞、読売新聞、みんなが、いいよ、いいよ、と褒めてくれる。スポンサーは文句なしですよ。私は今でも、(1)視聴率が高い、(2)話題になる、(3)スポンサーが降りない、これがいいテレビ番組の基準だと思っています。これは12チャンネルでまさに培われた。

 大学を卒業して初めからいい会社へ入ると、あまりいいことないんですよ。特に、前もいったかもしれませんが、学生って朝遅いでしょう? そうすると、「ALWAYS 三丁目の夕日」なんて映画があるけど、みんな夕日と朝日を間違えるんです。今、人気の高い会社は、どこも夕日なんです。課長、部長になるころは、真っ暗なんですね。

 話を戻すと、番外地の12チャンネルに入ったというのがよかった。楽だった。スポンサー、大スポンサーを連れてきたら局は何も文句をいわない。スポンサーが降りなければ文句をいわない。スポンサーは、視聴率が高くて評判がよくて、さらに、どこからもクレームをいってこなければ問題ない。

 毒のない番組をやっていたのでは、視聴率は高くなりませんし、評判にもなりません。そうなるとスポンサーは降ります。だから、問題になる、視聴率が高い、どんどん賛否両論出てくる、テレビはそれでいいんです。私にとって、12チャンネル時代が肥やしというか、栄養になった。

~(5)へ続く~

※1 牛山純一
テレビ制作者。 1930~97年。 1953年、日本テレビに入社、政治記者、報道番組、ドキュメンタリー番組を担当。71年、日本映像記録センターを設立、翌72年に日本テレビを退社してフリーで活動。民間放送局初の本格的ドキュメンタリー番組「ノンフィクション劇場」、全米写真家協会プロフェッショナル最高賞を受賞した「すばらしい世界旅行」、「知られざる世界」など多くのドキュメンタリー番組を制作した。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/2480

コメント (1)

田原さんSAID・/ スポンサーを口説いて乗ってもらう・/ これの50例の具体的セッシヨンセリフを本にすれば儲かるよな

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田原総一朗(たはら・そういちろう)

-----<経歴>-----

1934年、滋賀県彦根市生まれ。
早稲田大学文学部卒。
岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。
テレビ東京時代の連続番組「ドキュメンタリー青春」で、取材対象者に肉薄する独特のインタビュー手法で注目を浴びる。
現在は政治・経済・メディア・IT等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。
テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸又一賞)を受賞した。
2002年より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講。塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生や社会人の指導にあたっている。

-----<出演>-----

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日、毎月最終金曜25時?)

『サンデープロジェクト』
(TV朝日、毎週日曜10時?)

BookMarks

田原総一朗 公式サイト
http://www.taharasoichiro.com/

田原総一朗のタブーに挑戦!(JFNラジオ番組)
http://www.jfn.co.jp/tahara/

株式会社アスコム
http://www.ascom-inc.jp/

朝まで生テレビ!
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

サンデープロジェクト
http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/

早稲田大学 大隈塾
http://www.waseda.jp/open/attention/ookuma/ookuma_curriculum_2005.html

早稲田大学 大隈塾ネクスト・リーダー・プログラム
http://www.waseda.jp/extension/okumajuku/index.html

-----<著書>-----


『市場浄化』
2006年10月、講談社


『テレビと権力』
2006年4月、講談社


『オフレコ!Vol.2』
2006年3月、アスコム


『国家と外交』
2005年11月、講談社、田中均共著


『日本の外交と経済』
2005年9月、ダイヤモンド社


『日本の戦後(上)』
2003年9月、講談社


『日本の戦後(下)』
2005年7月、講談社


『田原総一朗自選集 1?5巻』
2005年7?10月、アスコム

『オフレコ!Vol.1』
2005年7月、アスコム、季刊

『日本の戦争』
2004年12月、小学館文庫

『日本の政治?田中角栄・角栄以後』
2002年10月、講談社

『日本の生き方』
2004年11月、PHP研究所

『日本政治の表と裏がわかる本』
2003年5月、幻冬舎文庫

『連合赤軍とオウム?わが心のアルカイダ』
2004年9月、集英社

『「小泉の日本」を読む』
2005年2月、朝日新聞社

『面白い奴ほど仕事人間』
2000月12月、青春出版社

『日本のからくり21』
朝日新聞社

『愛国心』
2003年6月、講談社、共著

『わたしたちの愛』
2003年1月、講談社

『日本よ! 日本人よ!』
2002年11月、小学館

『田原総一朗の早大講義録(1)』
2003年9月、アスコム

『田原総一朗の早大講義録(2)』
2004年3月、アスコム

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(上)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(下)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『頭のない鯨?平成政治劇の真実』
2000年2月、朝日新聞社

『田原総一朗の闘うテレビ論』
1997年3月、文芸春秋

『メディア・ウォーズ』
1993年3月、講談社

『平成・日本の官僚』
1990年3月、文藝春秋

『警察官僚の時代』
1986年5月、講談社

『マイコン・ウォーズ』
1984年12月、文芸春秋

『原子力戦争』
1981年11月、講談社

-----<連載>-----

週刊朝日「田原総一朗のギロン堂」

SAPIO「大日本帝国下の民主主義」

プレジデント「権力の正体」

-----<映画>-----

『あらかじめ失われた恋人たちよ』
1971年、監督

→ブック・こもんず←


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.

カスタム検索