Calendar

2006年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 明日(6月4日)のサンプロは?
メイン
ネクスト・リーダー・プログラムのゲストに竹中平蔵さんを迎えて »

田原氏が政治以外で出した著作について聞く

rna060603.jpg
『RNAルネッサンス 遺伝子新革命』
著作:田原総一郎・中村義一、出版社:株式会社医薬経済社

Q:こちら『RNAルネッサンス〜遺伝子新革命〜』(田原総一郎・中村義一共著)は、どんな本なのでしょうか?

田原:いま、バイオブームなんですよ。バイオで何ができるのかというと薬。これまで人間の中心であるDNAによって考えられていたことが、実はRNAでも新しいものができるというのが現在分かってきたこと。むかしはRNAはDNAの周りにあるメッセンジャーぐらいにしか考えられていなかったが、いまではRNAに注目が集まりはじめている。世界中の学者が火花を散らしている最先端の分野です。

映像はコチラ(映像の配信は終了しました)
320×240
1分42秒(40.6MB)
2006年6月3日(土)取材

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/2427

コメント (2)

今回は

サンプロの見所は お休みですか?

今朝のTV朝日のサンデープロジェクトでW杯特集コーナーをやっていた。
この番組は政治・経済の討論番組なのでスポーツもそっちの側面から切り込んでいく。
だから面白い構成になる。そして、面白かった。

初戦のオーストラリアはアジアへの足掛かり、突破口と位置付けて、国家プロジェクトとしてサッカーをバックアップしている。不人気だったサッカーを前回のW杯後に国民的人気スポーツに伸し上げ、強豪と言われるまでにした。ヒディング監督をも高額でスカウトし、目標クリア毎にボーナスを支給するという大盤振る舞いぶり。豪州のサッカー協会もアジアサッカー連盟?に移籍した。航空会社も35人の選手の為に200人以上乗れるジャンボをチャーターし、マッサージ室・時差ボケ防止食・筋肉疲労回復食等まで完備して選手の移動をサポート。とにかく、国を挙げて今回のW杯に取り組んでいるらしい。

二回戦のクロアチアも強豪だ。国民が一番愛して止まないのがサッカーだというサッカー王国。三度の飯と同等に位置付けられるぐらいサッカー大好き、サッカー三昧の国らしい。内戦に苦しんだ国であるけれど、それでもサッカーのレベルは下がらなかった。国家プロジェクトとはいかなくても、既にサッカー王国なだけに底力が違うだろう。

何にしても、国や国民がどれ程関心を持ってサポートするかがこうした時には大きく影響する。今でこそサッカーが日本に浸透してきているけど、外国に比べたらまだまだなのだろう。国だって財政難だと叫んでいるぐらいだから、サッカーに資金を出すわけもない。

というか、日本は「にわかファン」が多いと思う。その時のブームに押し流されて騒ぎ、過ぎると次のブームを探して騒ぐ。本当のファンは少ないように感じる。
本当のファンとは野球の阪神ファンのことだ、と多くの人が言う。何故か?それは最下位の時でも、優勝の時でも、変わらずに信じて応援し続けるからだ。だから阪神ファンは恐ろしいとまで言われるのだ。一番ミーハーなのは巨人ファンだろう。野球=巨人、という人も多いはず。そうした人は今頃はサッカーファンになっていることと思われる。

日本人は博打好きなのかな?
こういうお祭り騒ぎの時は大騒ぎをするけど、勝てば官軍、負ければ賊軍的な評価を簡単にして、祭が過ぎると何事も無かったように関心を失う。
だから、スポーツ選手が博打の駒のように感じてならない。
いい時だけでなく、悪い時も応援する。できたら国を挙げて応援できるように。そうしたら、もっと豊かな国になるのかもしれないと思った。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田原総一朗(たはら・そういちろう)

-----<経歴>-----

1934年、滋賀県彦根市生まれ。
早稲田大学文学部卒。
岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。
テレビ東京時代の連続番組「ドキュメンタリー青春」で、取材対象者に肉薄する独特のインタビュー手法で注目を浴びる。
現在は政治・経済・メディア・IT等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。
テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸又一賞)を受賞した。
2002年より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講。塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生や社会人の指導にあたっている。

-----<出演>-----

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日、毎月最終金曜25時?)

『サンデープロジェクト』
(TV朝日、毎週日曜10時?)

BookMarks

田原総一朗 公式サイト
http://www.taharasoichiro.com/

田原総一朗のタブーに挑戦!(JFNラジオ番組)
http://www.jfn.co.jp/tahara/

株式会社アスコム
http://www.ascom-inc.jp/

朝まで生テレビ!
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

サンデープロジェクト
http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/

早稲田大学 大隈塾
http://www.waseda.jp/open/attention/ookuma/ookuma_curriculum_2005.html

早稲田大学 大隈塾ネクスト・リーダー・プログラム
http://www.waseda.jp/extension/okumajuku/index.html

-----<著書>-----


『市場浄化』
2006年10月、講談社


『テレビと権力』
2006年4月、講談社


『オフレコ!Vol.2』
2006年3月、アスコム


『国家と外交』
2005年11月、講談社、田中均共著


『日本の外交と経済』
2005年9月、ダイヤモンド社


『日本の戦後(上)』
2003年9月、講談社


『日本の戦後(下)』
2005年7月、講談社


『田原総一朗自選集 1?5巻』
2005年7?10月、アスコム

『オフレコ!Vol.1』
2005年7月、アスコム、季刊

『日本の戦争』
2004年12月、小学館文庫

『日本の政治?田中角栄・角栄以後』
2002年10月、講談社

『日本の生き方』
2004年11月、PHP研究所

『日本政治の表と裏がわかる本』
2003年5月、幻冬舎文庫

『連合赤軍とオウム?わが心のアルカイダ』
2004年9月、集英社

『「小泉の日本」を読む』
2005年2月、朝日新聞社

『面白い奴ほど仕事人間』
2000月12月、青春出版社

『日本のからくり21』
朝日新聞社

『愛国心』
2003年6月、講談社、共著

『わたしたちの愛』
2003年1月、講談社

『日本よ! 日本人よ!』
2002年11月、小学館

『田原総一朗の早大講義録(1)』
2003年9月、アスコム

『田原総一朗の早大講義録(2)』
2004年3月、アスコム

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(上)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(下)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『頭のない鯨?平成政治劇の真実』
2000年2月、朝日新聞社

『田原総一朗の闘うテレビ論』
1997年3月、文芸春秋

『メディア・ウォーズ』
1993年3月、講談社

『平成・日本の官僚』
1990年3月、文藝春秋

『警察官僚の時代』
1986年5月、講談社

『マイコン・ウォーズ』
1984年12月、文芸春秋

『原子力戦争』
1981年11月、講談社

-----<連載>-----

週刊朝日「田原総一朗のギロン堂」

SAPIO「大日本帝国下の民主主義」

プレジデント「権力の正体」

-----<映画>-----

『あらかじめ失われた恋人たちよ』
1971年、監督

→ブック・こもんず←


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.

カスタム検索