Calendar

2006年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Comments

« 明日(4月30日)のサンプロ
メイン
ホリエモン出所に一言 »

メディアの世界戦争が始まる!


『放送とネットの今後は?』(映像配信は終了しました)
320×240
1分36秒(16.2MB)
2006年4月29日(土)取材

Q:放送とネットは今後どうなっていくと思いますか?

しばらくは共存していくが、グーグルは今後、既成メディアの大きな脅威になる。TVよりも新聞が相当喰われるだろう。そのとき、新聞はどうするのか?喰われるのか、喰うのか?TVにとっても大きな脅威になることは間違いない。

対決する姿勢を打ち出した局もある。どこだとは言わないが。対決するか、共存するか、支配下に落ちるのか、これが近い将来においてTVの大きな問題になることは間違いない。

では、どうやって対決するのか。EUはヨーロッパの中でグーグルに対抗できる検索エンジンを作ろうとしている。日本はアジア全体と共同体を作りながらやっていくほかないのでは、と思う。

メディアの世界戦争がもうすぐ始まろうとしているのだ。(田原談)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/2416

コメント (2)

通信と放送の融合を、堀江氏がやろうとしたわけですよね、
それをホリエモンにやらしたら大変な事(牛耳られる)に成るから、政府と一緒に展開をということだったんですよ、その時の青写真に則って、今、竹中総務大臣が法律の変更を含め具体的展開をリードしてるんです。ホリエモンが提案して8チャンネルを、当の件をしてる時、誰もBBCの件を言ってはいなかった。ホリエモンが言った時その日の夕方6時のニュースの時間にもう我々NHKは準備をしている。来年には具体的に展開する‥と泥縄的に言った。でもBBCのことは一言も話題にさえ上げなかった、それなのに最近では、NHKも竹中もBBCを良い参考例としてあげている。
 ホリエモンが言うまでは、AOLの失敗例程度の認識しかなかったんだろうね。でも、圧縮技術と伝送が桁違いでしたよね今とは。CATVだって、日本じゃもうだめだなんて言っていたわけよね、アメリカでの例があってさえもだった。使っていないケーブルの低い周波数帯を使ってインタネットをやったのは私が使ってるプロバイダーなんですが、ここでさえ、CATVを立ち上げる時にはインタネットなんて、想定にさえ入っていなかった、提案してやって初めて、郵政省への事業計画の変更に通信をいれたんですよね。ですからここが一番初めなんです。そんな具合ですから、ホリエモンが言ってから、はじめて、除々に、理解できる様になったんですよ。
 ですから、ホリエモンを潰さなくてはならなかたんですね。竹中とホリエモンに放送と通信の融合を小泉内閣指導下でやらせたら、ホリエモンの天下になちゃいますもんね。
 世の中、どっちにしても、嫉妬によって、動くんですよ!。
源義経が兄に殺されたのも、嫉妬である。例え、カイン・アベルモデルを考慮に入れても‥だ。

ささやかな年金生活を 送っているおばさんですが インターネットを通して 世の中の動きを勉強させてもらっています。   ここ一年 特にマスメディアに まともな批判精神がなくなり 大変に危惧しています。
利益第一主義 スポンサーには逆らわず 自分の首をしめていることに気づかず 読者や視聴者の視点に立っているとは とても思われません。
このままでは 40年以上も取り続けた新聞をやめようと思っています。
気骨ある評論家が TVに出なくなりました。 日本はどこへ行くのか 怖くて仕方ありません。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田原総一朗(たはら・そういちろう)

-----<経歴>-----

1934年、滋賀県彦根市生まれ。
早稲田大学文学部卒。
岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。
テレビ東京時代の連続番組「ドキュメンタリー青春」で、取材対象者に肉薄する独特のインタビュー手法で注目を浴びる。
現在は政治・経済・メディア・IT等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。
テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸又一賞)を受賞した。
2002年より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講。塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生や社会人の指導にあたっている。

-----<出演>-----

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日、毎月最終金曜25時?)

『サンデープロジェクト』
(TV朝日、毎週日曜10時?)

BookMarks

田原総一朗 公式サイト
http://www.taharasoichiro.com/

田原総一朗のタブーに挑戦!(JFNラジオ番組)
http://www.jfn.co.jp/tahara/

株式会社アスコム
http://www.ascom-inc.jp/

朝まで生テレビ!
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

サンデープロジェクト
http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/

早稲田大学 大隈塾
http://www.waseda.jp/open/attention/ookuma/ookuma_curriculum_2005.html

早稲田大学 大隈塾ネクスト・リーダー・プログラム
http://www.waseda.jp/extension/okumajuku/index.html

-----<著書>-----


『市場浄化』
2006年10月、講談社


『テレビと権力』
2006年4月、講談社


『オフレコ!Vol.2』
2006年3月、アスコム


『国家と外交』
2005年11月、講談社、田中均共著


『日本の外交と経済』
2005年9月、ダイヤモンド社


『日本の戦後(上)』
2003年9月、講談社


『日本の戦後(下)』
2005年7月、講談社


『田原総一朗自選集 1?5巻』
2005年7?10月、アスコム

『オフレコ!Vol.1』
2005年7月、アスコム、季刊

『日本の戦争』
2004年12月、小学館文庫

『日本の政治?田中角栄・角栄以後』
2002年10月、講談社

『日本の生き方』
2004年11月、PHP研究所

『日本政治の表と裏がわかる本』
2003年5月、幻冬舎文庫

『連合赤軍とオウム?わが心のアルカイダ』
2004年9月、集英社

『「小泉の日本」を読む』
2005年2月、朝日新聞社

『面白い奴ほど仕事人間』
2000月12月、青春出版社

『日本のからくり21』
朝日新聞社

『愛国心』
2003年6月、講談社、共著

『わたしたちの愛』
2003年1月、講談社

『日本よ! 日本人よ!』
2002年11月、小学館

『田原総一朗の早大講義録(1)』
2003年9月、アスコム

『田原総一朗の早大講義録(2)』
2004年3月、アスコム

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(上)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005(下)』
2005年5月、ダイヤモンド社

『頭のない鯨?平成政治劇の真実』
2000年2月、朝日新聞社

『田原総一朗の闘うテレビ論』
1997年3月、文芸春秋

『メディア・ウォーズ』
1993年3月、講談社

『平成・日本の官僚』
1990年3月、文藝春秋

『警察官僚の時代』
1986年5月、講談社

『マイコン・ウォーズ』
1984年12月、文芸春秋

『原子力戦争』
1981年11月、講談社

-----<連載>-----

週刊朝日「田原総一朗のギロン堂」

SAPIO「大日本帝国下の民主主義」

プレジデント「権力の正体」

-----<映画>-----

『あらかじめ失われた恋人たちよ』
1971年、監督

→ブック・こもんず←


当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.

カスタム検索