Calendar

2012年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月10日

【日本の未来】応援会議

 経産省中小企業庁が【日本の未来】応援会議、(通称「小さな企業」未来会議という国民会議をやっていて、私も運営委員として招集されている。

 現在100数十社の中小企業が全国から集まり、サポーター登録を入れると1000社くらいが関わる規模の会議になっている。

 年度末から6月までのわずかな期間だが、全国約30か所で地方会議も開催し、地元の中小企業の経営者らが参加して熱心な議論が交わされている。

 国の政策など多くの人に関わるルールは、大小、強弱のバランスがとれていなければまずいと思う。だから、最近はやや労働者贔屓と感じるところがある。

 では会社(経営者)側がよければそれでいいかというと、どうもそうとも思えなくて以前のように経済団体の主張ばかりが通るということもないはずだ。

 この類の議論に私たちのような小規模企業の経営者はあまり興味が湧かなかった。理由は、経営だろうと労働だろうと所詮大企業の内輪のことで、それらのしわ寄せが結局中小下請けに向けられると感じるところがあるからだろう。

 この四半世紀、時短や労働者の処遇改善、男女雇用機会均等、派遣法における問題など、公共事業費削減だけでなく中小・小規模企業で働く者は、経営者も従業員も先を描けないほど追い込まれたところがある。特に地方の雇用は大変なことになっており、零細経営者の自殺者が減らないのもそうした世情を反映しているからだろう。

 グローバル競争にさらされている大企業の都合が、ダンピングや雇用の調整弁として、下請け中小へ向けられていることに対して歯止めになるような政策はなかった。仮にあったとしても、縦割りで申請主義の仕組みだから、情報収集力に劣る小規模企業のところまでは届かないし手続きが面倒で使いこなせないのが現実だ。

 先の関越のバス事故も東電原発事故処理も、かつての土建業界もこうした構造はさほど変わらないし、地方の集落や農林水産業の切り捨て問題もこれに似ている気がする。

 だから、中小企業が我国の法人の99%を占め、雇用の7割を支えているとか、GDPの6割を稼いでいる主役だとかどんなに囃したてられても、その言葉を真に受けることはできないのだ。これまでも経営危機に陥った大企業を国が助けに入ることがあっても、潰れかけた中小企業を助けることはないというのは皆身に染みている。

 それでも地域と深く結びついている中小企業の経営者はあきらめることも、この国を捨てるという選択もしない。

 全国の地方会議であがっている声は、それぞれの地域性や特徴を活かした創意工夫ある意見が多いが、一方で人、モノ、金、情報など総合力が不足し、なかなか大企業や海外で勝てない小さな会社に対する支援制度は望まれている。

 日本には数千社の創業100年企業があり、小規模だが200年以上も暖簾をまもってきた商いが数千軒もある。こんな国は世界中のどこにもない。この事実こそグローバル化に生き抜く日本経済の原動力だと思う。

 今回、小さな企業未来会議の地方開催では、そうした地域の中小企業経営者の声が取り上げられています。私も第2回目のワーキンググループ会議で発言しているので、関心のある方は、是非ホームページをご覧ください。

「小さな企業」未来会議:http://www.chusho.meti.go.jp/miraikaigi/index.htm

Profile

篠塚恭一(しのづか・きょういち )

-----<経歴>-----

1961年:千葉市生れ。
1991年:(株)SPI設立[代表取締役]観光を中心としたホスピタリティ人材の育成・派遣に携わる。
1995年:超高齢者時代のサービス人材としてトラベルヘルパーの育成をはじめ、介護旅行の「あ・える倶楽部」として全国普及に取り組む。
2006年:内閣府認証NPO法人日本トラベルヘルパー(外出支援専門員)協会設立[理事長]。行動に不自由のある人への外出支援ノウハウを公開し、都市高齢者と地方の健康資源を結ぶ、超高齢社会のサービス事業創造に奮闘の日々。
現在は、温泉・食など地域資源の活用による認知症予防から市民後見人養成支援など福祉人材の多能工化と社会的起業家支援をおこなう。

BookMarks

あ・える倶楽部
http://www.aelclub.com/

-----<著書>-----


介護旅行にでかけませんか──トラベルヘルパーがおしえる旅の夢のかなえかた(講談社)

問診による経営診断のすすめ方(共著)

大人の脳活性訓練ガイド(入門編)監修

トラベルヘルパー養成講座・教本
 
介護旅行でいきましょう(時事通信・連載)
 
→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.