Calendar

2011年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Category

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月20日

被災地情報のラストワンマイル

 被災した東北に残り、現地で頑張るトラベルヘルパー仲間が今困っていることは、訪問介護をするにもガソリンが手に入らず、お手上げ状態にあるということだ。

 被災地の道路が徐々に復旧されつつある中、難を免れた車両があっても、燃料がなければ身動きが取れない。

 モビリティの進歩は、住む場所に関わらず自由に移動できる環境を当たり前したが、こうして自然の猛威の中では、そうしたインフラがいかに脆いものだったのかを思い知らされる。

 知人で普段から障がいのある人たちの地域移送を提供してきた団体の人たちは、福祉車両とともに運転ボランティアとして被災地に向かうという。

 私もこういう状況の中では、ほとんどのアポイントが流れてしまったので足手まといになると承知の上で同行を頼むが、身体一つの立場ではどうなるかわからない。なんとも無力感が募るばかりだ。

 大船渡に実家のある知人から連絡があり、どうやら無事らしいとの情報を得たという。

 高台に住む家族が避難所に入ったテレビ取材の映像を通して、知人の親戚の人が運よく見つけてくれたのだ。

 民放の震災報道は賛否両論、ほとんど報道になっていないという意見もあるが、貴重な人探しの窓口としては役立っているようだ。

 実際にはカメラの入らない地域や今も命の危機にさらされている被災地もたくさんあると思うが、安否が確認できた家族にとっては本当にありがたい情報源だったに違いない。

 津波被害が大きかった沿岸部を中心に数千の基地局が壊滅的な状態となったNTTドコモでは、内陸の基地局へ届いたメッセージを職員たちがメモに書き留め、それを携え復旧のままならない沿岸の住民へ手分けして届けているという。

 ツイッターやフェイスブックなどのコミュニケーション通信は便利な先端技術のひとつだが、それを駆使してもなお侭ならない情報のラストワンマイルをつなぐのは、やはりそこに携わる一人びとりである。

「トラベルヘルパー東北応援募金 希望と勇気を!」
被災地支援団体Civic Force(NGO)の活動募金にご協力いただける方は、http://justgiving.jp/c/4941まで、アクセスしてください。よろしくお願いします。

2011年3月18日

ともに頑張る

 友人あてに被災した仙台青葉区に住む同僚から、地震の被害について生々しい現状報告が有ったと連絡がきた。

(以下、「震災被害の見えないところで」と題して送られた本文から)

現状報告いたします
避難所に居る方々は、被災から家を失った方々で、暖は取りにくいし食事も制限されている。これはTVでもかなり出ています。

一方で、家に住める方で厳しい状況の家庭が有ります。
その主たる家庭は「老夫婦世帯」
体力的に買い出しに行けず、マスコミにも取り上げられないため支援物資も来ない。
要介護、もしくは要支援状態で、自邸で介護を受けている方、または介護認定をとっていない方、これらの人はおそらく人知れず、餓死者も出ると思います。

仙台市内という、私の住む団地でも極めて危ない状況です。
東北には子・孫世代が首都圏に出てしまい、こうした世帯があふれております。
輸送網も寸断されており、(離れて暮らす)子供たちも支援ができていません。

わたしもうっかりしており、先ほど隣に食材を提供しました。
ガスボンベも同僚に買ってきてもらったおかげで、まずは1本ですが配らさせてもらいました。 この状況を是非広くお伝えください。

以上

 震災の日、私は打合せで本郷三丁目の交差点にいた。

 東大で教育学研究をされている星加良司先生に頂きたい意見があって約束をしていたからだ。全盲の先生と揺れる校舎の中で1時間ほど打合せたが、先生に動揺はない。むしろ「ここで被災するなら、仕方がない」とでも感じているかのように静かに話してくれた。

 こうした人たちは、災害の中では普段の動線が絶たれてしまい、身動きが取れなくなる。今回の震災でも病院や老人ホームなどで同じことが起こったという。そうした人を助け出そうと運命を共にした人々がいた。心から冥福を祈る気持ちでいっぱいになる。

 私の関係者の安否確認がとれたのは、震災から5日後、その家族に至っては、まだ不明の人も多い。想像を絶する被災地の様子は、医療や救援で現地入りした方々の情報で少しずつ伝わってくるが言葉を失うばかりだ。今も医療機関は電気も薬もが来なくて困る。訪問介護は、ガソリンがなくて困っている。まさにライフラインが止まっている。

 政府も東電も賢明な努力をしていると思う。原発の危険区域内には多くの方が取り残され、物資もすべてとどかがないままだという。私などにできることは節電と義援活動への協力位だが、微力は無力ではないと教えられた。少しでも日本のために働きたいと思う。

 我々の団体もJust giving というサイトからNGOとして支援活動をしているCivic Forceさんへ募金することにした。協力いただける方は、「トラベルヘルパー東北応援募金 希望と勇気を!」(http://justgiving.jp/c/4941まで、アクセスください。

Profile

篠塚恭一(しのづか・きょういち )

-----<経歴>-----

1961年:千葉市生れ。
1991年:(株)SPI設立[代表取締役]観光を中心としたホスピタリティ人材の育成・派遣に携わる。
1995年:超高齢者時代のサービス人材としてトラベルヘルパーの育成をはじめ、介護旅行の「あ・える倶楽部」として全国普及に取り組む。
2006年:内閣府認証NPO法人日本トラベルヘルパー(外出支援専門員)協会設立[理事長]。行動に不自由のある人への外出支援ノウハウを公開し、都市高齢者と地方の健康資源を結ぶ、超高齢社会のサービス事業創造に奮闘の日々。
現在は、温泉・食など地域資源の活用による認知症予防から市民後見人養成支援など福祉人材の多能工化と社会的起業家支援をおこなう。

BookMarks

あ・える倶楽部
http://www.aelclub.com/

-----<著書>-----


介護旅行にでかけませんか──トラベルヘルパーがおしえる旅の夢のかなえかた(講談社)

問診による経営診断のすすめ方(共著)

大人の脳活性訓練ガイド(入門編)監修

トラベルヘルパー養成講座・教本
 
介護旅行でいきましょう(時事通信・連載)
 
→ブック・JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.