« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月29日

秘密保全法案など言論・報道規制の動きに反対の声

 かつて個人情報保護法などメディア規制法案が国会で審議された時、大きな反対運動が起きた。最近再び同じような動きが出ているのに、反対運動の取り組みが著しく遅れている。

 大きな要因は、民主党が与党になり、本来的な反対政党が共産党と社民連という少数派になったことや、労働組合などの勢力が弱くなったため。要するに権力の動きに対抗する社会的勢力が小さくなってしまったためだ。民主党はいまやかつての自民党と変わらぬ政党となり、懸念されていた大政翼賛体制ができあがってしまった。秘密保全法案については2月29日付毎日新聞が一面トップで、民主党内部の動きを報じている。

 そんななかで危機感を抱いた人たちが少しずつ声をあげてはいる。そんな動きのひとつとして、3月1日に開かれる院内反対集会と日本ペンクラブのシンポジウムを紹介する。ぜひ多くの人に参加してほしい。

●秘密保全法案反対院内集会
午後1時から衆議院第1議員会館第1会議室 
主催はマスコミ文化情報労組会議(MIC)、JCJ、マスコミ関連九条の会連絡会、自由法曹団の4団体の主催。問合せ先はMIC☎03-3816-2988

12時45分に衆議院第1議員会館ロビー玄関にて通行証配布
13:00~13:20 開会挨拶 日本マスコミ文化情報労組会議/日本ジャーナリスト会議
13:20~13:50 基調報告 自由法曹団弁護士
13:50~14:50 会場発言
14:50~15:00 閉会挨拶 自由法曹団 団長

●「撮る」「書く」「話す」のいま──自主規制と公権力介入を考える──
日時 : 2012年 3月 1日(木)18:30~20:30
場所:専修大学神田校舎 731教室(7号館)
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町 3-8
.水道橋駅(JR)西口より徒歩 7分
.九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口 5より徒歩 3分
.神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口 A2より徒歩 3分
入場料:無料(事前申込みは必要ありません)
挨拶  浅田次郎(作家、日本ペンクラブ会長)
パネリスト:小野克己(日本ビデオ倫理協会)/河合幹雄(桐蔭横浜大学教授)/田原総一朗(ジャーナリスト)/山本太郎(俳優)―予定―/モデレーター:山田健太(専修大学 日本ペンクラブ理事)
詳細はペンクラブのHPへ
http://www.japanpen.or.jp/news/guide/post_281.html

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.