Calendar

2012年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Entries

« 戦後三大謀略事件「三鷹事件」の再審を求める動き
メイン
秘密保全法案など言論・報道規制の動きに反対の声 »

現役編集者らが突然逮捕された「現代書林」事件の公判を傍聴しました。

 同業の現役編集者が手錠腰縄姿で入廷したのを見た時には、ちょっと深刻な思いにとらわれました。さる2011年12月27日、横浜地裁で行われた出版社「現代書林」が被告となった裁判の第一回公判でのことです。大手マスコミではほとんど報道されていないのですが、言論や出版に関わるこういう事件は、きちんと報道がなされないといけないと思います。

 この事件は昨年10月6日に、現役編集者やフリーライターら4人が薬事法違反容疑で逮捕されたもので、その後2人が不起訴で釈放されましたが、元社長と現役編集者はこの公判まで勾留され、接見禁止でした。編集者やライターがいきなり逮捕されるという、言論・出版に携わる者にとっては大きな事件であるのに、大手マスコミの関心は薄く、逮捕があったことさえ知らない人も多いようです。薬事法違反容疑という、やや専門的な領域に属する事件であることと、逮捕直後に神奈川県警がリークしたのでしょうが、問題となった本がひどいものだと強調する新聞報道がなされたため、報道する側が引いてしまったのでしょう。ちなみに、その警察の意図のままに報道を行った神奈川新聞に対しては、現代書林側が名誉棄損で提訴を行っています。

 12月27日の公判で象徴的だったのは、勾留されている現代書林の元社長と現役編集者が入廷した時の姿が手錠腰縄のままだったこと。裁判開始前から「犯人」「悪人」であることを印象づけるとして、入廷前に手錠腰縄を解くという配慮をするケースもあるようなのですが、今回はそうではありませんでした。健康食品販売会社の社長も含め、被告が4人の統一公判であるため、関係者も多く、40席近い傍聴席は満席でした。被告の家族や関係者にとっては、接見禁止がついていて逮捕後初めて被告と顔をあわせた人もいたと思うのですが、手錠をはめられたまま出廷する姿はショッキングだったと思います。

 その日は起訴状朗読と冒頭陳述で終わったのですが、この事件は、警察・検察側の主張にかなり無理があり、任意の取り調べを拒否していない人たちをいきなり逮捕するという手法も相当乱暴です。そもそも問題となった本は約10年も前に出版されたもので、当時はまだ健康本ブームで、「○○がこうした治った」式の体験記を並べた本がたくさん出ていた時期でした。その種の本を薬事法違反とするのも法的には簡単ではないのですが、現代書林の場合も、当時の社長はずいぶん前に退社しているし、仮に法的に問題だとしても時効が成立しているケースです。警察は、いまだにその本が書店に置かれていたとして起訴に踏み切ったのですが、こういう場合の「販売を行っていた」主体が誰なのか、現在の現代書林なのか、元社長なのか、あるいは書店なのか。初公判では弁護側が、その点を検察側に質すところから始まりました。

 今の出版システムを含め、出版に関わる者にとってはいろいろな問題を提起している事件ですが、どう考えても逮捕という強硬手段をとる必要がない事例で、フリーライターまで逮捕して実名報道するという乱暴な取り締まりの仕方が気になります。かつてなら言論出版に関わる問題にこんな乱暴なやり方で国家権力が関わってくることに、新聞が批判的報道を行ったものですが、今はマスコミ自体の力も問題意識も低下して、報道さえきちんとなされていません。逆に言えば、そういう権力を監視する勢力が衰退している現状が、乱暴な逮捕といった事態を生み出しているのだと思います。ちなみに勾留されていた被告に対しては、この公判でようやく保釈が認められました。最近は、公安絡みの事件でも、逮捕後否認しているといつまでも保釈を認めないという「人質司法」が一般化していますが、警察検察のやり放題というこの現状に、もっと言論報道に携わるものが危機意識を持たないといけないと思います。

 なお、この現代書林の逮捕事件については、『創』1月号に詳しいレポートを掲載しました。事件について多くの人に知ってもらいたいという思いから、いずれかの時点で、全文をネットで公開するつもりです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8366

コメント (2)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

これが、現代の日本の報道機関の職責意識ゼロの知的レベルを、端的に表わしている事象と思います。

このような深刻な人権無視の検察横暴事案であっても、自分たちマスゴミの既得権益にとって痛くも痒くもない出版社の元社長や編集者の不当逮捕はまったく報じず、一方自分たちマスゴミの既得権益にとって脅威となる実力政治家の小沢氏に関しては、同じ検察の不当捜査・不当逮捕であるのにさもさも重大な収賄疑惑があるがごとく検察の言いなりのリーク報道を繰り返す…腐りきった日本のマスゴミの実態です。

彼らに天誅を加えるには、日本の司法権力(法務省、検察、警察、裁判所)と大手マスゴミ(NHKテレビほかキー局5社、朝鮮代弁の朝日新聞ほか4新聞社)を、あらゆる局面において批判、非難、不買、告発、告訴を続け、良識ある世論形成の努力を行うとともに、最終的には既得権益談合組織に対してクーデターを仕掛けるしかないのではないか…

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.