Calendar

2011年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Entries

« 東電OL事件現地調査に参加しました
メイン
渡辺文樹監督の映画ポスターなどを公安が押収!の現場写真公開 »

無差別殺傷事件の連鎖をどうやって断ち切るか~マツダ事件被告と接して

「殺すのは誰でもよかった」

 無差別に通りがかりの人を殺傷し、逮捕後そう供述する、そんな事件が目につく。典型は2008年の秋葉原事件だが、昨年6月に広島市のマツダ工場で起きた事件もそうだ。発売中の『創』12月号に手記を掲載したマツダ事件・引寺利明被告とこの3カ月間手紙をやりとりしながら、両事件の共通性に思いをはせることが多い。

 引寺被告自身、秋葉原事件を参考にしたと語っているくらいだから共通性が多いのは当然だが、彼が語っている犯行の態様でなく、一番共通しているのは、その個人的な動機と犯行の凄惨さとのあまりにも大きな乖離だ。まさに「短絡」なのである。工場に乗り込んで無差別に人をはねたというマツダ事件は、結果的に死者が一人だったため、秋葉原事件ほど大きなニュースにならなかったのだが、手記で引寺被告が書いているように、本当はもっと多くの人を殺傷するつもりだった。死者の数で報道の大きさを分けているのはマスコミの単純思考によるもので、マツダ事件と秋葉原事件の共通性については、もっと目が向けられてよいと思う。

 引寺被告も派遣社員として様々な職場を転々とし、自ら「しょせんワシは負け組じゃ」と口にしていた。生活保護を受給していた時期もある。事件の2カ月前に期間工としてマツダで働いていた時に、他の従業員に不快な思いをさせられ、それを恨んで犯行に及んだというのは、秋葉原事件の加藤被告が事件直前に、自分の作業服を隠されたと誤解した「つなぎ」事件とよく似ている。加藤被告の場合は、それはきっかけに過ぎず、本当の動機は、ネットで嫌がらせを受けたことへの報復だったというわけだが、いずれにせよ、その個人的動機と、無差別大量殺人という事件の重大性とが、常識では結び付かない。

 恐らく、その背景には、社会の閉塞状況によって個人が追い詰められ、ちょっとして契機や動機で爆発してしまうという、社会的な構造があるのだと思う。だから、この社会には、加藤被告や引寺被告の予備軍がもっとたくさん控えていると言ってよい。少しさかのぼれば、小学校に乱入して子どもらを無差別殺害した池田小事件の宅間守死刑囚がいた。事件を調べていくと、その背後に横たわる共通性を感じざるを得ない。

 今の社会の閉塞状況の中である種の憎悪や恨み(ルサンチマン)をためこんだ人がどういうプロセスで大量殺戮といった暴発に至ってしまうのか、どういう資質やどういう条件が重なるとそういう犯罪が起こるのか。本当は、そんなふうに背後に存在する社会的問題について掘り下げていくのがジャーナリズムの役割なのだが、どうもその機能が著しく低下しているように思う。秋葉原事件についても事件直後の大報道に比べ、その後裁判などで明らかになった事柄についての考察は中島岳志北大教授の著書『秋葉原事件』など、数えるほどしかない。

 引寺被告については二度の精神鑑定を終えて、現在公判前整理手続きの進行中。年明けにも裁判が始まると言われている。接触しているとわかるが、本人に精神障害の気配は全く認められない。ちょっと気になったのは、細かいことに固執するところが、宮崎勤死刑囚(既に執行)に似た印象を受けたことだ。例えばここで公開するのは彼の自筆の手紙だが、これは自分の手記について彼が指示を出したものだ。彼の手記は、音引きが多いのだが、その音引きについて、ひとつひとつ指示をしているのだ。例えば「どーしよーーかのーーー」という文の場合、「しよーー」の音引きは2つ、「かのーーー」の音引きは3つにせよというわけだ。こちらがなぜ2つであちらがなぜ3つなのか、という理由はわからない。ただ、こんなふうに物事に細かくこだわり固執するというのは、宮崎死刑囚と12年間深く関わるなかで、しばしば感じたことだった。これはたぶん、何か意味があるのだと思う。

 引寺被告とはしばらくつきあうことになりそうだ。なぜ大量殺戮という短絡が起こるのか、考えてみたいと思う。

shinoda111125.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8311

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

篠田博之氏には, オウム真理教事件の解明にも, 全力を尽くしていただきたい, と心から願っている。 松本智津夫死刑囚=教祖名麻原彰晃=の思想が不明なので, 13人の死刑囚も含めて, 信者達がオウム真理教の何を信じたのか, 何を信仰したのか, そこから解明しないといけないのかも知れない。 宗教であるための特徴として, 幼稚で馬鹿馬鹿しい蒙昧な点が見られるのは, 当然ではあるが, それだけに恐ろしい, とも言える。

これが連鎖なのか私には判断つきかねる所があります。
このコラムを読んで、真っ先に浮かんだ人物がいます。
『人斬り以蔵』こと岡田以蔵です。
伝承が少なく、後日の創作部分も多いが、殺害した人が多いのは確かなことと思われる。
私が考えるに、共通点は【自己の存在を他者に認めて欲しい】という欲求でなかったのでないかと思えます。
自分がここに存在している。
それが、他者から認められなくなったと感じてしまった。
その負の己の気持ちを別の方法なりで発散できず、過激な行動で示そうとした行為と考えます。
人は、一人では生きていけない。
誰かの支えで生かされている。
そのために誰かを支える。
その【くさび】が外れてしまう。
こうした【くさび】が外れやすい環境の取り巻く社会になっている表れとも考えます。

私は大学院を卒業した後、3年ほどフリーターをしておりました。好きでやっていたのではありません。リーマンショックと重なってしまったこともあり、就職先が本当になかったのです。
間違いなく負け組であったと思います。何度も心が折れそうになりました。ただ私には勉強という希望がありました。実際、某資格を取得してほどほどの会社にほどほどの待遇で就職することが出来ました。
もし希望がなければ正気を保っていられたか分かりません。結婚も子供もマイホームも諦めなければならないような人生に耐えられますか?ほとんどの人はそれでも我慢して我慢して我慢して真面目に生きています。だから同情はしません。しかし底辺の一歩手前までいった私には彼らの心の闇が見えるような気がするのです。
こうした底辺労働者を量産した小泉・安倍・麻生といったお坊ちゃん総理は「自己責任」を連呼して自らの経済政策の失敗を個人に転嫁しました。自己責任の要素があることは否定しません。しかし自己責任という大義名分のもとに希望なき底辺労働者を量産し続けることは、理由なき無差別殺人犯を量産することにつながると自覚すべきです。原因があって結果があるのです。犯罪者を厳罰に処することでは彼らを抑止することは出来ません。元より彼らには失うものなどないのですから。経済的な自己責任は治安的な自己責任として我々に降り掛かっているのではないでしょうか。

篠田 様

極めて社会性の濃い問題に挑戦し続けている姿に敬意を表したい。
私には、自分を愛することができない、当然のことであるが、他人を愛することができない、自己否定、他己否定する人間性の破壊がどうして起きたのか、皆目分からない。

其の人の人生においてどのようなことがあり、どのような苦しみがあったか、たどらなければ分からないことであるが、根気よく主観をまじえることなく、客観的に観察を続けることしかないのでしょう。

第一に、先ず自分のことを本当に理解している人がどれほどいるのであろうか。犯罪者と同じような悲劇的苦痛を味わいながらその苦しみを乗り越えられた強い一部の体験者に与えられたものでしかないのでしょう。

犯罪者に同化できる柔らかい心がなければ見徹することは困難であるがゆえに、これらの事件は、「どうしてどうして」から一歩も踏み出せず、怒りを超えたやるせなさばかりが募る不思議な事件になっています。

ただ分かっていることは、派遣、契約などによって犠牲になったことに対し、一人一人の競争相手ではなく、社会全体に対する憎しみに昇華しているので、犯罪の理由がはっきりしないことは確かです。したがって、TPPなどによっって日本人だけでなく、外国人と競争して敗残者になると、大きな社会的動乱につながる危険性を含んでいることを為政者は自覚すべきでしょう。

記事内で、秋葉原事件の犯人が作業着を隠されたと発言したことについて、思い込みとの記述がありましたが、実際にそのようなことは頻繁に行われています。バイト先の上司に、後から入って来た人に対して、似たようなことを指示されたことがあります。その人が深夜にうろうろして周りが迷惑しているから、必要なこと以外喋らないようにしろという、やられている側からすれば、嫌がらせと言っていいようなものでした。マツダの事件に関して、言われていることに疑問を感じ、調べてみたところ、次のHPを見つけました。とても信じられない内容ですが、しかし、頭がおかしい人が書いているようにも思えず、判断がつきかねています。http://www.geocities.jp/kuhen2011/index.html

 私は転勤族で、かつて広島県に5年近く住んでおりました。
広島弁をご存じの方ならお分かりだと思いますが、音引きの長短は正しいイントネーションです。インターネットで広島弁を検索されると解ると思います。
 猟奇的に仕立て上げて売上を図るというのは、女性週刊誌などで見かけますが、創出版がその手法を使うようになったのは残念です。

 『創』特集の獄中手記を読みました。目をそむけたくなるような内容でした。感情がリアルに描出され、まるで映像を見ているかのごとく身震いしました。警察の対応に失笑する場面もあり、警察への信用がまた薄れそうで心配です。
 ご遺族とご親族の皆様には、心からお悔やみを申し上げます。

 手記を読むまでは、派遣切りの逆恨みと思っていましたが、集団ストーカーが原因とありました。手記には原因とされる人物が挙げられており、警察・検察・マスコミは把握済みだそうです。今後の裁判の展開が気になります。

 先日の公判は、被告の通報が自首にあたるかの検証でした。検察は、車種・色・4桁のナンバーで、県内の車に照会をかけ所有者を特定したので、その直後の被告の通報は自首にあたらないと主張したそうです。疑う事を生業とする割には、盗難車かもしれない、夫婦や家族間で共有しているかもしれないと考えないのは、不自然なまでに無理があると思いました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.