Calendar

2011年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Entries

« 知的障害者による女児殺害「東金事件」判決公判を傍聴して
メイン
大阪ダブル選を前に橋下徹氏めぐる場外乱闘の報道合戦 »

狂気の作家・見沢知廉を描いた映画「天皇ごっこ」公開!

 2005年に投身自殺した作家・見沢知廉さんを描いた映画「天皇ごっこ 見沢知廉・たった一人の革命」が10月29日から新宿のK's cinemaで上映されています。
http://www.ks-cinema.com/map.html

 見沢さんは最初、ブントの戦旗派に加わりながら、途中で右翼に転向。一水会に属するのですが、そこで仲間を公安のスパイと疑い査問中に死亡させ、千葉刑務所に長期服役。その間に小説を書いて才能を認められ、出所後作家に転身しました。新潮社の三島文学賞にノミネートもされました。そして投身自殺という壮絶な最期をとげたものです。

 その狂気と正気の間をさまようような生き方を描いたのが今回の映画ですが、基本的にはドキュメントですが、一部フィクションをまじえるという独特の作風です。これは制作にあたった大浦信行監督の手法です。で、この大浦さんが知る人ぞ知る存在。90年代に富山で昭和天皇をコラージュにした版画「遠近を抱えて」が右翼団体の猛攻撃を受けて大変な騒ぎになったのですが、その作者なのです。右翼にとっては天敵のような人なのですが、今回の映画を見れば、この大浦さんの天皇観も、右翼・左翼といった政治的なものでないでないことがわかります。今回の映画には右翼もたくさん登場しており、見沢さんの天皇観を通じて、大浦さんの考えを表現した作品です。

■公式サイトhttp://www.tenno-gokko.com/

 ドキュメンタリーとしても迫力ある映画ですし、エンタテイメント性もあります。ドキュメント映画としては異例の一般館でのロードショーとなったのもそのためです。興味のある方はぜひ足を運んではどうでしょう。休日と週末には毎回監督のトークショーも行われており、これが毎回大盛況のようです。5日(土曜日)の夜のトークショーには私・篠田がゲストを務めます。ぜひ来てください。

 この映画については、『創』11月号で「狂気と隣り合わせの作家・見沢知廉を描いた映画」と題して、大浦監督と鈴木邦男さん、雨宮処凛さんの鼎談を掲載しましたが、それを先頃ヤフーニュースに公開しました。こちらもぜひご覧下さい。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111018-00000302-tsukuru-peo

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8288

コメント (1)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.