Calendar

2011年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Entries

« 島田紳助引退騒動の背景にあるものは何か
メイン
東電OL事件ゴビンダさん支援集会が盛況!来日家族が15日『創』の集会に »

森達也著『A3』講談社ノンフィクション賞受賞をめぐる場外バトル

 森達也さんの本『A3』が先頃、講談社ノンフィクション賞を受賞したことは既に報じられているが、9月5日の授賞式の前に、これに対する抗議が講談社に対してなされている。こういった賞を授賞したという理由で抗議が行われるということ自体異例だが、これはオウム真理教という微妙なテーマを扱っていることに伴う事態といってよいだろう。

 抗議を行ったのは日本脱カルト協会という団体と、青沼陽一郎・藤田庄市・滝本太郎の3個人。2日にこの両者が合同の記者会見を開き、抗議を行った事実を公表した。弁護士の滝本さんはオウム事件の被害者でもあるが、日本脱カルト協会の理事でもある。青沼・藤田両氏はジャーナリストだ。

 2つの抗議文はいずれもネットに公開されている。以下の通りだ。
http://www.jscpr.org/activity.htm#20110903
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive

 2日の会見と抗議については3日付の朝日新聞と産経新聞が報じた。産経新聞は結構大きな記事だ。ネットにアップされた記事は以下の通り。
http://www.asahi.com/national/update/0903/TKY201109030104.html
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110902/trd11090221060023-n1.htm

 滝本さんと青沼さんは『週刊文春』7月28日号でも『A3』を批判するコメントを出しており、これに対して森さんは発売中の『創』9・10月合併号で反論。また森さん自身のブログでも言及している。http://moriweb.web.fc2.com/mori_t/index.html

 滝本さんはその森さんの対応を含めて、連日、自身のブログに書き込みをしている。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/

 『A3』への授賞を決めた選考会の議論は、発売中の雑誌『g2』(講談社)に公開されており、なかなか興味深い。特に中沢新一さんが選考委員としてこの作品をどう評価したかは、関係者の注目を浴びていた。9月5日の授賞式には、中沢さんが選評の挨拶に立ったのだが、なぜか「挨拶は短くと言われたので」とほとんど内容に踏み込まなかった。

 ちなみに、この授賞式とパーティーには、アレフの荒木浩さんや「光の輪」の広末さんら元オウム関係者も会場に来ており、会場の片隅で両人が議論を行うという、これもノンフィクション賞授賞式では異例の光景が見られたものだ。

 『創』は森さんと滝本さんに顔をあわせての討論を呼びかけたが、今のところどうも難しい様子だ。青沼さんらの抗議は、講談社ノンフィクション賞の選考委員に中沢新一さんが入っていることをも批判しているが、講談社としては抗議には対応せずの方針らしい。
『創』としてはこの論争、次号で取り上げようと思っている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8235

コメント (3)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

講談社くらいの規模の出版社は十分「公器」と見られて仕方ないので、ま抗議の一つや二つ来てもこれもまた仕方ないことでしょう。
でも賞を与える出版社に抗議というのは、いまいちよくわからないセンスであります。
「わたしら一生懸命オウムつぶそうとしてんのに、あんたらオウムシンパの本に賞なんかやったらあかんやん」ということなんでしょうか。
新聞報道以上のことは知りませんが、「内容に問題がある本に賞をやるな」と抗議するセンスは、なにか韓流ドラマを流すテレビ局に抗議する人に近いものを感じました。
また、ノンフィクションだから事実の一部分を恣意的に採取して構成するのはけしからんという主張が見受けられましたが、そりゃノンフィクションという「作品」を誤解しているようにも思えます。

ただ、抗議したほうもそのへんは承知の上で、むしろ世間になんらかのアピールをするチャンスと思ってあえてやっているのかもしれません。それなら目論みは一応成功したんじゃないでしょうか。
だから森さんも気が乗らなくても論争してあげていいんじゃないかという気もします。

篠田さんの記事に、中沢新一とオウム教団の勢力拡大の関連について、一言も説明がないのは、さすがに不親切です。
中沢氏はA3が候補に上がった時点で、選考委員をおりるか、徹底的に外部に対して論んじるのが、学者の良心ではないか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.