Calendar

2011年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月31日

今朝の朝日新聞生活面で『負けないで!』著者・小笠原さんを大きく報道!

『負けないで!』(小笠原恵子 著/創出版)
shinoda1107231.jpg

 今朝7月31日付の朝日新聞が生活面で創出版刊『負けないで!』の著者・小笠原恵子さんを大きく報道しました。直近の試合で眼底出血したことでもわかるように、女性でプロボクサーになるということ自体大変なのに、そのうえ聴覚障害で耳が聞こえないという困難を努力によって乗り越えたのが小笠原さんです。小中学校時代はいじめにあったり、不登校に陥ったり、高校時代は親や教師に反発して停学処分を受けたりもしました。逆境のなかで培われたハングリーさが、彼女をボクシングに向かわせたのだと思います。「耳の聞こえない女性がプロボクサーなどとんでもない」と門前払いされながらも、プロへの道をあきらめず、昨年、念願のプロとしてリングに立ったのでした。

 決してあきらめずに可能性に挑戦していこうとする小笠原さんの勇気に共感し、彼女の生き方を多くの人に知ってもらおうと出版を企画したのは今年2月のことでした。彼女は不登校で中学3年の時はほとんど授業に出ていないのですが、今回、出版を機に、かつての教師と再会するなど、著者にとっても本を出すのは自分を見つめ直す作業でした。また。彼女の家族は妹も聴覚障害ですが、その家族と半年間つきあったことで、編集者としてもいろいろなことに気づかされました。

 これは聴覚障害者の間では常識らしいのですが、子どもが聴覚障害だとわかった時、まず母親がしたことは、家中の家具に名前のカードを貼って、「物には名前がある」ことを教えることでした。また小笠原さんに本などを送る時、宅急便の送り状に電話番号を書けません。彼女の家族は両親とも共働きで、姉妹が家に居ても電話に出られないからです。我々は想像力を働かせないと、聴覚障害の人たちの立場に立って物を考えることができないのですが、そういう想像力を働かせることは我々にとってすごく大切であることを気づかされました。

 耳の聞こえない人がどうやってプロボクサーとしてリングで闘えるのか。興味深いそのことはぜひ本を読んで把握して下さい。きょうの朝日新聞の記事でも書いていますが、「音の振動を全身で感じる」ということなのですね。ちなみに小笠原さんをプロデビューさせたジムの佐々木会長も視覚障害者です。小笠原さんは、この会長に大きな影響を受けたのです。いろいろなことをかんがえさせてくれる本『負けないで!』をぜひ多くの人に読んでほしいと思います。小笠原さんについては、テレビドキュメンタリーや映画の企画も既に出ています。

 本は全国書店で販売中ですが、ネット書店や創出版のホームページから注文することも可能です。http://www.tsukuru.co.jp/

2011年7月22日

東電OL殺害事件再審めぐる大報道の裏事情

 突然大報道が始まったので驚いた人も多いだろう。原発で東電が問題になっている時だけになおさらだ。しかも、かつて東電は、この事件を報道する際に事件名から「東電」という呼称をはずしてほしいとマスコミに要請していた経緯もあるから、東電自体驚いたに違いない。

 昨日は、冤罪を訴えているゴビンダさんを長年支援してきた客野さんに何度電話してもつながらないと思ったら、マスコミからの取材が殺到していたらしい。再審弁護団がコメントを出さなかったため、マスコミは客野さんのところに押し掛けたようだ。

 なぜそうなったかというと、今回の報道、新たな鑑定結果が出たことを受けてのものではあるのだが、実はその正式な通知はまだ弁護団になされていない。正式な手続きがある前に、独自に情報を入手した読売新聞が21日朝刊一面トップですっぱ抜いた。それを他紙が慌てて追いかけ、各紙が夕刊で横並びとなったのだ。

 弁護団は正式に通知があったら会見するつもりらしいが、昨日の段階では、コメントを控えたという。ゴビンダさん以外のDNAが検出され、再審開始の可能性が大きくなったという報道にほぼ間違いはないのだが、正式な結果が知らされていない段階で会見を開くわけにはいかなかったということらしい。

 足利事件、布川事件と冤罪事件が次々と明らかになっているなかでの今回の鑑定結果、その意味するところは大きい。特にこの事件では、これまで支援運動が相当熱心に行われてきたのだが、大きな進展はないままだっただけに今回の突然の事態に驚いた人も多かったろう。

 さて問題はこれからだ。昨夜来の報道を見ると、もう再審開始が決まったかのような印象を受けてしまうが、足利事件のように決定的な新証拠であれば、菅家さんが突然釈放といった展開になったのだが、今回はまだそう簡単ではない。だから、今後、マスコミがどんな報道を行うかが重要だ。

 例えば産経新聞はきょうの朝刊で、土本武司・元最高検検事のコメントに依拠して「新証拠『足利事件とは違う』」という中見出しを掲げている。新証拠の評価が法律家によって分かれるなかで、どちらに軸足を置いた報道をするかで、かなり印象は異なる。再審開始へ向けた報道がなされるか、否定的な報道になるかで、世論も違ってくるし、今後の再審をめぐる攻防にも影響が出そうな気がする。

 いやそれよりも、マスコミがこの報道を1日だけで忘れ去ってしまうのではないかという危惧もある。特に今回は、読売の単独スクープだったために、「特オチ」を恐れる意識が働いて各マスコミとも昨夜から今朝にかけて大きく報道したが、そもそもこういう冤罪事件を長期的にフォローして、自ら問題提起していくという機能が、今のマスコミには著しく低下している。昨日のような大報道になっても、各社が独自の素材を持っているわけではない。だから、明日からまたマスコミが見向きもしなくなってしまう怖れもあるわけで、ここは弁護団や支援の方々に、ぜひがんばってほしい。「報道先行」であったことは両刃の剣でもあるからだ。

2011年7月18日

原発報道をめぐるペンクラブ声明と7・19シンポジウム

 日本ペンクラブから『原発と原発事故に関する情報の完全公開を求める声明』を出しました。

 私も起草に関わりましたが、声明文をまとめたのは吉岡忍さん。ちょっと長いけど、吉岡さんらしいいい文章です。

 原発報道については、綿井健陽さんがブログでこう指摘しています。

【東京電力】【IAEA】提供に続いて、今度は【内閣広報室】提供の写真が登場。http://t.co/30d0w6D 写真や映像って「撮る」ものだと思っていたら、テレビや新聞では「もらう」ものになったようだ。ずっとこのまま提供写真でやるつもりか?これが報道写真・映像か?07/16

 本当にその通りで、東電や統合本部の提供写真や提供資料に依拠した報道をいつまでも続けているという報道のあり方は、異常です。5月のシンポジウムで共同アピールを出し、政府にも働きかけているのですが、いつまでも改善されないのはどうして? まさか大手マスコミはこっちの方が楽だと思っているのじゃないだろうな。

 大手マスコミの記者に聞くと、原発で一般の市民に取材をすると、最近は「マスコミは信用できないから」という言葉を発する人が多くて困ったと言います。これだけ市民の間にマスコミ不信が噴き出しているのに、どうして取材・報道の検証や見直しを行おうとしないのか不思議です。

 昨年、マスコミの検察報道に対する批判が噴出した時はまだ新聞などが紙面でそれを取り上げ、反論というか弁明をしていましたが、原発報道については7月12日付で朝日新聞が「原発取材 厚い壁」という検証記事を載せたくらい。リードに「大本営発表に追随した太平洋戦争時の報道に似ているとの批判も出ている」と現実を認識しているらしい記述はあるものの、全体的に何となく他人事ふうで、批判部分は識者コメントで処理というスタイルです。でも東京新聞や朝日新聞はまだいい方で、テレビ・新聞全体をおおう「危機意識の欠如」はいったい何なのだろうと思ってしまいます。

 さて、そんな現状を議論しようというのが7月19日の『創』主催のシンポジウム「原発とメディア」です。前回5月22日シンポは満席で入れない人もいたので、今回は四谷区民ホールという大きな会場を使用します。当日飛び込みでもたぶん入れると思うので、ぜひおいで下さい。ただ万が一ということもありますので、確実に席を確保したい人は下記より予約をして下さい。http://www.tsukuru.co.jp/sinsai.html

 報道の問題だけでなく、7月17日に全国の原発訴訟の弁護団が集まり、秋以降各地で原発差止訴訟を起こしていこうという運動を進めている河合弘之弁護士(浜岡原発差止訴訟弁護団長)や、1千万人署名運動を呼び掛けている鎌田慧さんらに出ていただいて、原発反対運動についても報告・議論しようと考えています。いろいろな世代がいろいろな方法で進めている反原発の運動ですが、たぶん今後、様々な接点をもって連動していく可能性があります。鎌田さんなどは、60年安保闘争のああいう大衆運動をイメージしているようです(『創』8月号)。

 19日のシンポについては、以前も本欄で紹介しましたが、ちょっと変更が生じたのは、森達也さんが身内の不幸があって出演ができなくなったのと、『週刊金曜日』発行人の北村肇さんや最近原発問題で話題の吉本芸人「おしどり」に出演いただくことになったこと。山本太郎さんにもお願いしたのですが、ちょうどその日は仕事が入っていて難しいとのことでした。当日のタイムスケジュールもほぼ決まっているので、一応紹介しておきます。あくまでも予定なのでご了承ください。

●緊急シンポジウム「原発とメディア」
【日時】
2011年7月19日(火)
開場18時20分 開会18時45分 閉会21時30分

【会場】
四谷区民ホール(丸ノ内線新宿御苑前 徒歩3分)
電話03-3351-2118
http://shinjuku-kuminhall.com/pc/pdf/yotsuya_map.pdf#search


【定員】
450名

【入場料】
1000円

【内容】
第1部 18:45~19:30
鎌田慧(ジャーナリスト)×河合弘之(浜岡原発差止訴訟弁護団長)
~19:50  おしどり(吉本芸人)  10分間休憩

第2部 20:00~20:45
原発報道について(パネルディスカッション)
金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター)
綿井健陽(フリージャーナリスト)
北村肇(『週刊金曜日』発行人/元毎日新聞記者)

進行・篠田博之

第3部 20:45~21:05
香山リカ(精神科医/立教大教授)
~21:20 鈴木邦男(一水会顧問)

 なお発売中の月刊『創』8月号は前号に続いて原発報道の特集を掲載しています。ぜひご覧ください。19日のシンポジウム会場でも販売します。

2011年7月 4日

原発報道をめぐって改めて議論を!

 原発及び原発報道に対する批判の声が高まっているのを受けて、大江健三郎さんや澤地久枝さん、鎌田慧さんら憲法第一世代が呼びかけた1千万人署名運動、浜岡原発差止訴訟弁護団が呼びかけた全国一斉の原発差止訴訟など、次々と反対運動の提起がなされています。こうした動きについて報告し、原発及び原発報道について改めて考えてみようと、7月19日、四谷区民ホールで緊急シンポジウムを行うことにしました。前回、5月のシンポジウムでは文京シビック小ホールに入りきれない人もいたので、今回はさらに大きな会場を用意しました。ぜひおいで下さい。確実に座席を確保したい人は、予約をお勧めします。

 なお7月7日発売の月刊『創』は前号に続いて原発報道の大特集を掲載しています。ぜひご覧ください。

▽   ▽   ▽

●緊急シンポジウム「原発とマスメディア」

【日時】
2011年7月19日(火)
開場18時20分 開会18時45分 閉会21時30分

【会場】
四谷区民ホール(丸ノ内線新宿御苑前 徒歩3分)03-3351-2118

【定員】
450名

【入場料】
1000円

【出演者】
森達也(作家・監督)
鎌田慧(ジャーナリスト)
河合弘之(浜岡原発差止訴訟弁護団長)
綿井健陽(フリージャーナリスト)
香山リカ(精神科医)
金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター)
鈴木邦男(一水会顧問)/他

【司会】
篠田博之(月刊『創』編集長)

【主催】
月刊『創』編集部
電話03-3225-1413 FAX03-3225-0898
 
※確実に座席を確保したい方は『創』ホームページから予約をお願いします。
http://www.tsukuru.co.jp/sinsai.html

2011年7月 1日

鈴木邦男『新・言論の覚悟』出版記念イベント!森達也から連赤当事者まで

shinoda110701.jpg

 鈴木邦男さんの新刊『新・言論の覚悟』が創出版より発売になりました。右翼から左翼まで総登場するうえに、映画『靖国』『ザ・コーヴ』上映中止事件など、この何年か言論をめぐる最もホットな現場の話が書かれています。その発売を記念して、7月6日に阿佐ヶ谷ロフトAで激論イベントを開催します。布川事件の杉山卓男さんから連合赤軍元メンバーまで、事件当事者が勢ぞろいしますのでぜひおいでください。超豪華出演陣でかつ会場の定員が100人強なので満席が予想されます。確実に座席を確保したい方は、事前予約をお勧めします。予約は阿佐ヶ谷ロフトAのホームページから
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

▽  ▽  ▽

7月6日(水)夜、阿佐が谷ロフトA(阿佐ヶ谷駅南口徒歩10分)
☎03-5929-3445

【出演】
鈴木邦男(一水会顧問)

【Guest】
森達也(作家)/綿井健陽(ジャーナリスト)/杉山卓男(布川事件冤罪被害者)/大浦信行(監督)/植垣康博(元連合赤軍メンバー、以下同)、雪野建作、前沢虎義、金廣志/他論客多数【総合司会】篠田博之(『創』編集長)

■第1部(19時半~)「靖国」「ザ・コーヴ」上映中止事件

【Guest】
森達也(作家)/綿井健陽(ジャーナリスト)他

■第2部(20時20分~)冤罪事件を考える

【Guest】
杉山卓男(布川冤罪事件元被告)/森達也(作家)/綿井健陽(ジャーナリスト)

■第3部(20時50分~)畏友・見沢知廉とその映画

【Guest】大浦信行(監督)/高木尋士(劇作家)

休憩10分間(21時05分~)

■第4部(21時15分~)連赤・よど号事件を振り返る

【Guest】植垣康博(元連合赤軍メンバー、以下同)、雪野建作、前沢虎義、金廣志

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.