Calendar

2010年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Entries

« 札幌でのNHK受信料裁判の判決は、すごい!
メイン
映画「ザ・コーヴ」に気になる上映中止騒動が・・・ »

伝説の監督・渡辺文樹が新作で再び公安・右翼と激突!4月の上映はここだ!

20100402233724393_0002.jpg

20100402233724393_0003.jpg

20100402233724393_0004.jpg

20100402233724393_0005.jpg

 逮捕歴は数知れず。家族とともに映写機を車に積んで全国を回り、自分の作った映画を上映して歩くという伝説の映画監督・渡辺文樹が新作を引き下げて再び参上!既にこの2~3月から各地で公安警察や右翼と激しいつばぜりあいを繰り広げている。今度の新作は「三島由紀夫」「赤報隊」だが、これを「天皇伝説」などの前作と一緒に上映。2月23・25日の大和市生涯学習センターでの上映には多数の街宣車が押し掛け、警察や会場防衛の市職員らが入り乱れての騒ぎとなった。写真は白いヘルメットの警察が警備にあたる中、街宣車が走り回る会場周辺の様子だ。

 続いて3月23日には世田谷区の烏山区民センターで上映。これにも右翼と警察が押し掛けてものものしい雰囲気となった。上映直前の14日には名物ともいうべきあの派手なポスターを会場付近の街中に深夜掲出しているところを警察にみつかり、長時間の事情聴取もうけている。

 そしていよいよこの4月には一気に都心での上映を敢行する。ここで上映場所を公表するのは騒ぎを大きくする怖れもあるが、この騒ぎ自体も上映に伴う名物だからいいだろう。

 大体の会場が騒ぎを怖れて上映告知などしないから、付近の住民以外は上映の情報をなかなか入手できないのだが、予定は以下の通りだ。

●4月21日(水)なかのZERO小ホールにて14時「腹腹時計」16時「天皇伝説」18時「三島由紀夫」19時40分「赤報隊」
●4月22日(木)板橋区成増アクトホール5Fにて14時「ノモンハン」16時「天皇伝説」17時半「三島由紀夫」19時10分「赤報隊」
●4月23日(金)なかのZERO小ホールにて14時「バリゾーゴン」16時「天皇伝説」18時「三島由紀夫」19時40分「赤報隊」

 事前に騒ぎが大きくなると、会場側が一方的に上映中止を決めてしまうこともあるので要注意だ。

 渡辺映画の正しい見方は、まず開場前少し早めに会場に行くこと。大体開始1時間ほど前から街宣車が付近で抗議行動を展開し、会場には警官が出動する緊迫した状況になる。場合によっては受付付近に姿を見せた監督自身と右翼が一触即発の激しいののしりあいを展開することもある。こういう緊迫した雰囲気の中で映画を見るという体験は、めったにないことだろう。場合によっては、会場内の観客より右翼と警備の警官の方が多いのではないかと思われるようなこともある。

 映画は監督自身が映写機を回すのだが、最初に名物の口上を唱える。「大丈夫だとは思いますが、万が一会場に塩酸をまかれるような事態になったら入場料はお返しします」。塩酸をまかれたら1000円の入場料返却ではすまない気もするのだが(笑)。

 もはや伝説となった渡辺映画の上映だが、未体験の人は一度行ってみることをお勧めしたい。それは何も騒ぎを面白がって言うのでなく、めんどうなことがありそうだとすぐに自己規制してしまう今の大手マスコミが忘れてしまった、表現活動の原点のようなものを渡辺監督がまさに体現して見せてくれるからだ。

 断っておくが、渡辺監督の映画は、別に思想的なものではない。そういうものを期待していくと逆に失望するかもしれない。一言でいえば痛快活劇というか、天皇制といったタブーに挑むことのハラハラ感で勝負しているような映画である。ある意味、渡辺映画とは、一種の大道芸なのだ。抗議に押し掛ける大勢の右翼や公安警察を巻き込んで、会場近辺の騒ぎを含め、その独特の緊迫感を舞台装置にしてしまっている趣がある。

 一度、『創』主催で新宿ロフトプラスワンで渡辺監督と鈴木邦男さんのトークを、私・篠田の司会でやったことがあるが、会場に右翼が抗議に押し掛け、流血寸前の激論になった。その時の映像は今もネットで見ることができる。
http://www.tsukuru.co.jp/tsukuru_blog/2008/11/1030-1.html

 こんなふうに腹をくくって論争を行うこと自体今や珍しい。昔は作家や表現者にも無頼派と呼ばれる人がいたのだが、今は本当にいなくなった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6801

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

街宣車で押し掛けて恫喝するスタイルそのものが時代遅れで非民主的だと思う。街宣車の使用そのものが厳密に道交法を適用すれば少なからず検挙の対象になるのではないだろうか。警察が夜間のビラ貼りに目くじらをたてるなら片手落ちでアンフェアといえるのではないだろうか。街宣のマイクのボリュームもデシベルで測定すれば迷惑防止条例の適用が妥当性を帯びてくると思えるのですがその辺りはどうなっているのでしょうか。

小沢さん件でも分かるように、すぐに検察が動きメディアがそれに加担する夜警国家的傾向の強いこの国において、監督のような活動をされているかたがまだ存在されていることは良心の消滅までには至っていないことの証でもあるようで心なしか救われます。

機会があれば是非作品を見てみたいです。

同業者の若松孝二氏は、未だに公安警察に監視されているのでしょうか。

国松孝治狙撃事件は、結局時効に成ってしまったのに、当の公安部は「オウム真理教」の犯罪だと、意味不明な会見をしました。

「組織防衛の為」だけに、ここまでやるのかと、呆れ切ってしまいました。

この記事で、以下のURLの事を思い出しました。

http://hiroseto.exblog.jp/12388604

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2010033002000064.html

こんな組織に、給与を払う事が馬鹿馬鹿しく成ります。「未解決事件」の捜査員の増員で、組織の人員を振り分けるなりして、廃止して欲しいです。

そういう事に成らないのは、記者クラブと警察が癒着しているか、大和ハウスに天下った、公安出身の警察庁長官の漆間巌氏等のOBの存在の為でしょうか。

漆間氏が警察庁長官に成る事自体、警察の組織が腐敗している様に思えます。

完全に検察同様、警察も時代遅れに成っているのに、政治が腕をこまぬいている状態です。

「日本は治安が良い」は嘘っぱちでしょう。地域と人々がかつては、密接に絡んでいたので、犯罪が「未然に」防止出来ていたと思います。

現在は「無縁社会」。犯罪が増やす土壌を作ってしまっています。

警察は「思想犯」を追跡している場合ではありません。

公安調査庁と共に、「事業仕分け」で廃止して欲しいと思いますが、この政権に頼むのは「無い物ねだり」ですかねえ・・・。

警察庁公安部に弱みを握られている国会議員が多いと言う事でしょうか。

おお!渡辺文樹監督、がんばっておられますね!

時間の都合がつけば、必ず見に行きます!

「天皇伝説」「ノモンハン」は前回、見ました。
新作、「三島由紀夫」「赤報隊」もおもしろそう!

【一言でいえば痛快活劇というか、天皇制といったタブーに挑むことのハラハラ感で勝負しているような映画である。ある意味、渡辺映画とは、一種の大道芸なのだ。】

まったくおっしゃるとおりです。
監督ファンはそれを楽しみに見にいくようです。
すごい手作り感が、個人的に好きですね。
自分が見に行ったときは、おもしろハプニングがあったのですが、それは内緒にしておきます(笑)

【会場側が一方的に上映中止を決めてしまうこともある】
これも経験しました(笑)

この新宿ロフトプラスワンのイベント、実は、自分は見に行きました(笑)
自分も拍手と笑いで一触即発の緊張感を和ませたつもりです(笑)
なかなかの緊張感でしたね。あの鈴木さんでさえ、相当覚悟されていたご様子。
渡辺監督はともかくすごい人であることは確か。気合が違う。その凄さは他を圧倒し、想像を超えて、突き抜けている。その生き方がすごすぎる!誰も真似できません。
渡辺監督の存在自体が貴重な作品という感じ。

う~ん、いまから、とても楽しみ!
いま、とても忙しいので、行けるかどうかわかりませんが、都合がつけば、必ず見に行きます!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.