Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月27日

2・26「小沢vs検察」にみる検察と報道シンポジウム大盛況でした

 2月26日のシンポジウム、おかげさまで大盛況でした。雨の中を450人の方に来場いただきました。ありがとうございます。当初、会場設営時に椅子が370しかないと会館側に言われ、大慌てで別の部屋から椅子を運び、机を廊下に出し、とやっているうちに入場待ちの人が大行列。しかも車で移動中のスタッフが渋滞に巻き込まれて予約名簿が会場に届かないとかで混乱し、会場前から道路の方まで大行列になったとのこと。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。結果的に来場者全員に座っていただいたのでほっとしました。

 シンポは中身も濃く、大変盛り上がりました。発言のたびに会場から拍手や合いの手が入り、鈴木宗男議員には次々と会場から質問が飛び丁々発止のやりとりが繰り広げられるなど、ライブ感あふれる展開でした。しかも石川議員の弁護人である安田好弘弁護士が公の場で初めて事件について語ったり、報道をめぐって上杉隆さんと青木理さんが論争するなど、これまでにない濃い中身でした。

 三井環さんが、自分が検察にいた時代にどんなふうにリークをしていたかといった話も具体的でリアルでした。こういう話は、直接当事者の表情を見ながら話を聞くとインパクトが違うもので、近々動画がアップされるのでぜひご覧下さい。中身の濃さと、エンタテイメント性と両方そろったイベントだったと思います。

 生中継も何万人もの人が見たとかで、途中、海外からもネットにコメントが立ち上がったり、傑作なのは文京区長から、その会場は9時半まで必ず撤収してほしいというコメントが届いたりと、このへんもライブならではの展開でした。会場から質問や発言を希望する人がまだ何十人もいたのですが、時間の関係で紹介できませんでした。

 シンポ翌日、会社へ行ってパソコンをのぞくと早速参加者からお礼を励ましのメールが届いていました。

「大変な盛会でひとまずほっといたしました。日本も≪まだまだ捨てたものではないな≫と感じることができました。関係者の皆様のご苦労も、並大抵なことではないと思いますが、このような会をまた、ぜひ開いていただきたいものと思います。応援の輪を広げる素地がまだまだ存在すると思いますと元気が湧いてきます。また、久しぶりにまともな言葉を聞くことができて嬉しかったです。有難うございました。」

 またシンポ終了後の退出の時にも、大勢の参加者から「いい内容だった」という声や、「『創』を応援します」という激励をいただきました。

 政治や行政が信頼を失い、そのうえにそれを監視すべきマスコミが逆に権力側に巻き込まれているという絶望的な日本の状況ですが、その状況にあきらめることなく何とか変えていかなければならない、それは多くの人の努力や協力で実現できるのだというヒントのようなものが、このシンポで示されたと思います。出版不況の中で『創』のような独立系の雑誌は本当に大変なのですが、今回のように多くの方々と議論するのは我々にも励みになります。会場には新聞・テレビなど大手マスコミの関係者もたくさん来ていました。ぜひ大手マスコミへの叱咤の声が現場に浸透していくことを期待したいと思います。

 シンポの内容は、三井さんの獄中手記をあわせて4月初めに出版予定で、動画をDVDにしようかという案も浮上しています。とりあえずアップされる動画をどうぞご覧いただきたいと思います。

2010年2月15日

緊急シンポ「小沢vs検察」に安田好弘弁護士出演!

 2月26日(金)夜に開催される緊急シンポ「小沢vs検察」にみる検察と報道のあり方 に、石川議員の弁護人である安田好弘弁護士の出演が決まりました。この問題については、ある意味で当事者の一人でもある安田さんですが、マスコミ取材にはほとんど応じていないだけに、当日どういう発言をするか注目されます。

 それから開始時間を18時半としてきましたが、18時に早めます。当日訪れた人たちの会場からの質問や発言にできるだけ時間をとりたいと思うので、21時まで3時間と長めに時間をとることにしました。たぶん途中休憩もとります。開場は17時45分予定。17時半から会場設営を行い、準備が整い次第、受付を始めます。

 登壇者はほとんど検察批判派で、マスコミの検察報道に批判的ですが、できれば新聞・テレビの社会部記者にも参加してもらい、既存マスコミ側からの意見も聞いて、議論ができればと思います。この問題、大きな議論にはなっていますが、それぞれが自分の意見を言いっぱなしなのが現状で、特に「検察リーク」問題についてはつめた議論をしたいと思います。

 当日ネット中継も行うことになり、もしかすると設営も大変かもしれません。椅子の片付けなど参加者の方々にも手伝ってもらうかもしれませんが、ご協力お願いします。

 既に予約を受け付けており、現在、定員の約半分にあたる百数十名の予約が入っています。開場直後に、予約された方から入場いただく予定です。

 既に決まっている概要を、以下、改めてお知らせしておきます。

─────────────────────────

【出演者】
三井環(元大阪高検公安部長)
鈴木宗男(国会議員)
安田好弘(弁護士)
上杉隆(ジャーナリスト)
青木理(ジャーナリスト)
元木昌彦(元『週刊現代』編集長)他。
司会:篠田博之(月刊『創』編集長)

【日時】
2010年2月26日(金)18時~21時[開場17時45分]
※開始時間が当初告知していた18時半より早まったのでご注意下さい。

【会場】
文京区民センター3階A(文京シビックセンターとは別ですのでご注意下さい)
http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm

【入場料】
500円 ※当日会場受付にてお支払い下さい。

【備考】
会場定員は約300人ですが、もし座席を確実に確保したい方は、創出版のホームページhttp://www.tsukuru.co.jp/にアクセスして予約をして下さい。

2010年2月 6日

緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方徹底検証

 大きな山場を迎えた「小沢VS検察」問題ですが、この戦いはいったい何だったのか、そして報道のあり方をめぐって何が問われたのか。徹底討論を行う緊急シンポジウムを開催します。ふるってご参加下さい。

────────────────────

【出演者】
三井環(元大阪高検公安部長)、鈴木宗男(国会議員)、上杉隆(ジャーナリスト)、青木理(ジャーナリスト)、元木昌彦(元『週刊現代』編集長)、他

【日時】
2010年2月26日(金)18時~21時[開場17時45分]

【会場】
文京区民センター3階A(文京シビックセンターとは別ですのでご注意下さい)
http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm

【入場料】
500円

【備考】
会場定員は約250人ですが、もし座席を確実に確保したい方は、「創」のホームページ(http://www.tsukuru.co.jp/)にアクセスして予約をして下さい。

────────────────────

 検察が政局を左右するという異常な状況をどう考えるのか、そしてそのなかでマスコミ報道が危うさを露呈したことをどう考えるのか。その2つの大きなテーマを議論します。

 特にマスコミ報道をめぐっては、検察リークについてこれまでなされた議論を超える形で批判が相次いだのが今回の特徴です。これは恐らく新聞・テレビの世論への支配力が相対的に落ちたためで、ネットを含む多様な言論がひとつの状況を作りだした結果といえます。 

 こうした議論については新聞なども無視するわけにはいかず、例えば東京新聞では特報面で何度か特集を組んだり(1月23日他)、1月31日には佐藤敦社会部長による〈「リーク批判」に答えて〉という異例の見解が掲載されました。その中で佐藤部長はこう書いています。〈「検察リーク」の批判は、自民党政権時代の疑獄事件の際にも、同党側から上がっていました。今回の特徴は、かつて「政治とカネ」について厳しい論陣を張ってきた識者、ジャーナリストたちからも同様の批判が聞かれることです〉

 この「検察リーク」批判は『週刊朝日』など幾つかの週刊誌やネットで大きな声になっており、それに新聞が紙面を使って反論するという形で論争になりつつあります。新聞・テレビの報道をめぐってこんなふうに批判を含めた議論ができるというのは、市民のメディアリテラシーを鍛えるという点では非常によい機会で、これを機にもっと大きな議論がなされる必要があります。

 2月26日のシンポジウムには新聞労連や日本ジャーナリスト会議などにも呼び掛けて、ジャーナリズムに関わってきた人たちも巻き込んで議論を行いたいと思っています。ぜひ参加してください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.