Calendar

2009年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Entries

« 篠山紀信写真集への警察の乱暴な取り締まりに抗議声明
メイン
「メディアの地殻変動」について堀江貴文、宮台真司さんらとトークを行います »

「死刑になりたい」土浦無差別殺人事件判決公判を傍聴

 12月18日、水戸地裁で金川真大被告(26)に死刑判決がくだされた。昨年3月、死刑になりたいという理由で、JR荒川沖駅で無差別殺人を行った事件だ。判決公判を傍聴し、毎日新聞の依頼を受けて寄稿した。19日付朝刊に掲載された記事は紙面の都合で少し短くなっている。元の原稿をアップしよう。

*   *   *   *   *

 判決公判を傍聴した後、被害者遺族の話を聞いた。家族を理不尽に殺害され、しかも金川真大被告からは一言の謝罪の言葉もない。遺族にとってはやりきれない思いだろう。

 一週間前、金川被告に面会した。私は宮崎勤死刑囚とは十年以上もつきあったし、凶悪事件で犯人とされた人たちと多数接触してきた。流布されたイメージと彼らの素顔にずれを感じることは多いのだが、金川被告の場合はそのギャップの大きさに驚いた。話してみると、ごく普通の青年。事件のことを知らなければ「好青年」との印象さえ持っただろう。

 自我が目覚める高校生の時に、生きることの意味を考え、生きていても無駄だと思うようになった。その年代には珍しいことではない。しかし彼の場合は、無差別殺人で死刑になって死のうと考えた。一般の人間には到底理解できない飛躍した論理だ。   

 早く死刑にしてほしい。法廷で被告がそう主張する光景を、私は以前、奈良女児殺害事件の小林薫死刑囚の裁判で目にした。彼とは約一年にわたって接したが、殺意の認定を含め、裁判で語られている事件経過は事実とかなり異なるのだが、自分はもう死にたいと思っているから、争うことはいっさいしないと言っていた。そし望み通り死刑判決が出ると自ら控訴を取り下げ、刑を確定させた。裁判は茶番だ、とも言っていた。

 その彼の話を聞きながら、私は、自ら死ぬことを望んでいる人間に死刑判決をくだすことが本当に彼を処罰することになるのかという疑問に終始とらわれた。今回も、死刑判決がくだされる法廷でほとんど表情を変えない金川被告の横顔を見ながら、これで彼を裁いたことになるのか、と強い疑問を感じた。

 死を覚悟して小学校で無差別殺傷を行った宅間守死刑囚の場合も、早く死刑を執行せよと、確定後も訴え続けた。宅間・小林両死刑囚の場合は、社会から疎外され追いこまれていく何十年かの人生の中で、生きていても仕方ないという絶望に捉われた。しかし、金川被告の場合は、追いつめられるだけの人生も経験しないまま、死にたいという妄想に捉われて凄惨な凶行に走った。

 家族とも社会ともコミュニケーションの回路を絶たれていたことが、彼を妄想から現実に帰らせる契機を奪っていたような気がする。

 何か少しだけきっかけがあれば、金川被告はごく普通の人生を送っていたのではないか。本人と話してみてそんな印象を抱いた。

 到底理解できない動機で、自らが死ぬつもりで無差別殺傷を行う。そんな事件がこのところ目につく。死にたいと思って殺人を行う人間に死刑判決をくだすことが処罰になるのか。そもそも、人を裁くとはどういうことなのか。今回の金川被告の事件は、まさにそういう問題をつきつけたような気がする。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6389

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

篠田 博之様

失礼ながら『ドキュメント死刑囚』 (ちくま新書)を読んいませんでしたので,大至急注文しました。

論説を拝見して,死刑の是非はともかく,現実はやはり異常な状況に突入している,という事実を,改めて痛感しました。特殊個別的な事例ではなく,普遍的な日常社会の変質だ,と思いました。

あなた様の一層の探求と成果を期待致します。

宅間死刑囚は私には典型的な破滅者のイメージが重なります。
勿論、共感など一切しませんが、ちょうど大阪で起きた銃を持って銀行に押し入り客、行員を人質に立て篭もり最後は射殺された梅川昭美がダブって見えました。

梅川は後に彼の半生を追った毎日新聞大阪社会部が出した「梅川昭美の30年」という本になり、これは後年、ダウンタウンブギウギバンドの宇崎竜童が梅川役で「タトゥーあり」という映画になり、本を読んでいた私も映画館に足を運びました。

宅間と梅川に違うところがあるとすれば、宅間は結局何をやってもうまくいかずどんどん社会から疎外されていく自分をテロルによって回路を断ち、国家によって命を絶たれることで自己を完結させるために小学校に乗り込んで児童に襲いかかったのに比べ、梅川は常に自分の現実と理想のギャップに追われ、30歳までに大きいことをやらなければ男としてだめだという歪んだ美学に支配され、そのボタンが押されたのは付き合っていた女にふられ女を盗った男が筋金入りのヤクザで手も足も出せずにすごすごと引き下がったコンプレックスが引き金になったということでしょうか。

金川被告はこれらの人たちに比べれば本当に社会との関係、親子関係など濃密な時間の中で挫折や痛みに耐え切れずということより、そもそも社会や家庭、共同体に一切の幻想を持っておらずあっさりと捨てている、彼の言葉どおりに言えば普通なら自殺という手段をとろうにも死にきれず、人を殺して死刑にしてもらおうというまことに虫のいいリクツで人の命を奪ったわけですが、唯一彼の回路につながる何かがあるのだとすれば自らで自らの命を絶てなかった死への根源的な恐怖、つまり本当は生きていたいという生への執着が彼にまだあるのなら、彼が犯してしまった罪の重さと向き合わせるためにも彼を死刑にしてはいけないと思います。

■断固として処罰すべき■

死への誘惑と生への執着,程度の差は有れ,すべての人が持つ感情です.
金川被告は,その矛盾を「他者への攻撃」として爆発させました.これでは安全で,平穏な社会の維持は不可能です.
通常は(一般人は),これを仮想体験,すなわち小説や映画など文学の世界で実行しているのだと思います.
裁判は社会を維持する為の安全装置です.安全装置が働かない製品は使い物になりません.被告の社会への攻撃に対し,そうした危険人物を排除することこそ,社会の維持に必須です.

人間は,人間以外の生物に対しては,そうした冷酷な姿勢で臨んでいます.生きるということは,他者(通常は人間以外)の殺戮によって成り立ちます.これが現実です.
裁判所は断固として処罰すべきと思います.

篠田博之様

『ドキュメント 死刑囚』 読了致しました。非常に興味深く読ませて頂きました。通読して,以下は,問題として感じた点です。自分なりに精緻に考察を深めるのは,今後の機会に譲りたい,と思います。

(1)エディプス・コンプレックス
(2)対社会的行為 弱者としての他者・児童への殺傷行為(二例は小児性愛的? 一例は小学生無差別殺人)
(3)死刑制度の問題 (裁判の質的内容 人間・事件の把握の仕方 思想性)

以上の三点を印象づけられましたが,依然として,「エディプス・コンプレックス」が重要な問題である事実には,納得させられる,と同時に,思いを新たにしました。文学的にも,ドストエフスキーやカフカに関わる重要なテーマです。

しかし,それが(2)の異常な事件へと繋がっていくのは,現代の情況と深い関わりがあるようにも思われますが,どうでしょうか。それが(3)の問題提起になりますね。

「オウム事件」関連など,篠田博之様の今後のご活躍を期待致します。ご労作を読ませて頂く機会を与えてくださった事に感謝致します。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.