Calendar

2009年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Entries

Recent Comments

« 封印された市橋容疑者の両親会見
メイン
「死刑になりたい」土浦無差別殺人事件判決公判を傍聴 »

篠山紀信写真集への警察の乱暴な取り締まりに抗議声明

 『創』の年末進行でムッチャ忙しいのだが、これだけはやらねばと思って時間をさいたのが、篠山紀信さんの写真集への警察の取り締まりに対する日本ペンクラブの抗議声明だ。私は日本ペンクラブ言論表現委員会の副委員長で、委員長の山田健太さんと協力して声明文案をまとめ、15日に理事会で決議。その日のうちに阿刀田高会長名で発表された声明文は、日本ペンクラブのホームページに公開されている。

http://www.japanpen.or.jp/statement/2008-2009/post_210.html

 篠山さんの自宅や事務所などにいきなり家宅捜索がかけられたのは11月10日だった。まさに「寝耳に水」の乱暴な捜査で、その後、関係者への取り調べはいまだに続いていると伝えられる。問題となった写真集「20XX TOKYO」は1月に刊行されたもので、撮影は昨年夏。もう1年以上も前に行われた撮影について、公然わいせつという容疑がかけられたのだ。出版社には捜査がかかっていないから作品の中身でなく、あくまでも撮影方法を問題にしたものだ。公共の場でヌード撮影を行ったのが問題だというわけだ。

 警察はだいぶ前から内偵を行っていたようで、撮影場所のひとつ青山霊園に夏前に協力要請を行うなどしていた。有名写真家を取り締まることで一罰百戒を狙ったのは明らかだ。いきなり家宅捜索というショック療法をとったのもそのためだろう。

 この取り締まりにはいろいろな問題がある。表現されたものでなく、その撮影方法を問題にしたわけで、写真でなくペンの場合でいうと、取材の仕方を問題にして介入したということだ。これが前例となって拡大運用されると、相当いろいろな形で言論表現活動に介入ができてしまう。
 
 写真や映像表現に関わる人にとっては大変問題の多い取り締まりだ。捜査が継続中なため篠山さん本人は今のところマスコミの取材に応じていないから、大きな報道がなされていないのだが、もっと議論されてよい問題だ。最近はジャーナリズムがこういう問題にあまり敏感でなくなったのが残念というほかない。ちょうど先頃、マンションにチラシを配布したとして逮捕された事件での最高裁判決が出て、有罪が確定してしまったが、こんなふうに表現や意見表明の自由がじわじわと狭められている現実に、もう少しみんなが声をあげてもよいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6362

コメント (9)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

マンションちらしは話が別ではありませんか? 私の理解の範囲では、外の郵便受けを使わず、各戸に配ったことが問題だったと思うのですが。それとも私の勘違いでしょうか?
言論の自由はとても重要な問題なので、線引きについて常に議論を続けることが大切ですね。
そうそう、児童ポルノの方はどうなったのかも気になります。

話題になってるところの長は選挙で選ばれた人間ではないところかな。警察庁、検察庁、宮内庁これらは官僚ががっちりと固めているところ。奈良や明日香を散策した人なら誰の墳墓やら不明のところでも天皇陵とされているところは調査も認めないという姿勢でうんざりしたことはありませんか。マスコミの自身の情報公開の姿勢と同じなのはブラックユーモアでしょうか。公開しないことにより裁量権を保って権力を行使する。官僚とマスコミは兄弟なのです。

マスゴミは、警察権力と固い絆で結ばれているから、なんに見言わない。
云っても、騒がない。
騒いでも、見当違いな騒ぎ方をする。

小沢さんがなんか言うと、言論に対する挑戦と言うが、検察のリークは批判検証せずに垂れ流す。

ジャーナルや、ネットの世界へ訴えかけることも一つの手段だが、もっと大手の報道機関に意見広告でも出す事を考えたほうがいいんじゃないかな。
そして、篠山氏の事件だけではなく、もっとほかの件でも、もっと以前から訴え続けてこないといけませんよね。

ここ数年の検察・警察は、何だかしらんけど、変な方向を向いていることは事実です。


今回の件、「表現の自由」の濫用と感じています。
「表現の自由」を大事にして欲しく思います。

誰も被害者がいない、しかも過去のことで、家宅捜索まですることは異常としか思えません。

チラシ配布も、個別にドアに入れたことが問題というより、政府の方針に反する政治的なビラを配布したことを取り締まったということに問題の本質があります。

集合ポストに入れようが、同様の取り締まり意図によって、逮捕は可能ですし、実際に今回の合法、合憲だという判決が出た以上、警察は実行するんでしょうね。

何も世間の人々に伝えたいことや訴えたいことがない人や、はじめからそんなことは思いもしない人にとっては、どうでもいい問題でしょうが、個人の、たとえそれが政治的な主張であれ、一般社会に訴える方法が、それほどの実害がないにも関わらず制限され、禁止される世の中に、言論の自由や表現の自由があると考えるのは、幻想でしょうね。


それがおかしいとか問題とか思わない感覚、考え方の人が少なからずいることに、今の日本の現状が現れていると思います。

「天皇陵とされているところは,調査も認めない,という姿勢」

日本古代史研究に関して,学問の自由に対する「弾圧」以外の何物でもない。考古学的な検証が不可能なため,古代史の重要なテーマは「仮説」の域を出ない。学問的に極めて残念である。

公然わいせつ罪が成立するには、篠山氏の写真撮影現場に、一般人が多数居て、その人たちの「性欲を興奮又は刺激し、正常な性的羞恥心を害した」ことが証明される必要があります。

青山霊場の仏様たちから警視庁に苦情でもきたのでしょうか。(笑)
当事者以外、誰もいない場所でヌード写真を撮影したら公然わいせつ罪となるとすれば、夫婦や恋人間でも屋外でヌード写真を撮影できないことになります。

報道の自由を叫ぶマスコミが、警察のあり方を黙って見過ごす。もしそう言うことだとすれば、次はマスコミ報道が規制されることを、マスコミは知るべきです。

篠山紀信さんと「日本ペンクラブの抗議声明」を考える
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/a8afda6c166079697f0ac1ddc9a2b2d7

保坂展人氏にとっても気がかかりなことのようです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.