Calendar

2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Entries

« 週刊誌を読む:人気キャスター降板とテレビ局の内部事情
メイン
のりピー騒動終幕で残された日本の薬物対策のお粗末 »

光市母子事件「実名本」出版差し止め問題の争点

 10月7日の発売2日前に光市母子事件被告の弁護人らが出版差し止めの仮処分を広島地裁に申し立て、新聞・テレビが大きく報道したこの騒動。この間の経緯を整理し、何が争点なのかまとめておこう。

 ちなみにこの本、『○○君を殺して何になる』(○○は実名)という書名なのだが、少年法によっていまだに匿名報道がなされている被告の実名をタイトルに入れた異例のケースだ。つまり新聞・テレビがこの事件を報じる際に、肝心の書名が表記できないというわけだ。

 ただ、『週刊新潮』などは被告がこんなふうに少年法によって保護されている状況に異を唱え、これまでも被告を実名で報じてきた。少年法は違反しても罰則がないため、事実上それは黙認されてきたのだが、今回は書名に実名が使われていることもあり、改めて大きな議論になった。

 最初に書いておきたいが、今回この本を上梓した著者の増田美智子さんは、上述の『週刊新潮』のようなスタンスでなく、これまで流布されていた被告のイメージが実像と異なるため、実像を世間に知らしめたいという意図で、実名と顔写真掲載に踏み切ったという主張だ。書名からもわかるように、被告の死刑判決に反対する立場から実名報道を行ったものだ。

 増田さんは本の中で光市事件に興味を持ったきっかけが『創』の綿井健陽さんのルポだったことを書いているし、本を出版したインシデンツ代表の寺澤有さんは親しい知人。一方の安田好弘弁護士らの弁護団とも『創』は関わりを持っているから、対立している双方が知り合いだ。

 出版差し止めの仮処分はまもなく何らかの結論が出るだろうが、既に本は発売され、騒動によって予想外に売れて増刷を重ねているから、仮処分の意味はあまりなく、被告側は既に本訴に踏み切っている。

 最大の争点はもちろん少年法と実名報道の問題だ。でも現実は少しややこしい。

 実は騒ぎが起こる直前の4日に著者と弁護士が話しあいを行っているのだが、この時点での争点は手続き問題。実名を出すことに「了解を得ていた」という著者側とそれを否定する弁護士側、事前に原稿を見せる約束だったという弁護側と「そんな約束はしていない」という著者側、という対立だ。この応酬の背後には、ノンフィクションにおける書き手の取材対象との距離のとり方、という結構難しいテーマをはらんでいるのだが、この話しあいが結局つかなかったわけだ。

 そして3番目の争点が、この本の中で書かれている光市弁護団批判をめぐってだ。弁護団の「原則取材拒否」という方針や、差し戻し審での弁護方針に対しての批判なのだが、著者側と弁護団の関係は既に出版前からこじれていたわけだ。

 奇妙なことに、出版差し止めが大きく報道されたせいで、本は予想を超えて売れている。本の内容というよりも、実名報道をめぐる騒動で売れるというのは、著者にとっても喜んでいいのか微妙だろう。本の内容に関していえば、確かに被告が知人に宛てたあの問題の手紙についての、これまで知られていなかった話もあるし、私もこの本で初めて知った事実もあり、その点は興味深く読めた。ただ佐野眞一さんや藤井誠二さんらが批判的なコメントを出しているのは、恐らくノンフィクションとしての作品性に関わる部分なのだろう。

 書店の対応も割れている。発売直後に弁護側が大手書店に、この本が少年法違反だという文書を発したこともあり、紀伊国屋などは当初販売しないという方針をとった。ネット書店も書名と書影を掲載したところとしないところにはっきりと別れている。

 私個人としては書名に実名を掲げた点など同意しかねる点はあるし、被取材者との関係の作り方もやや異論ありなのだが、上述したように興味深い内容も多かった。これから法廷で論戦も始まるから、この際、徹底的に論議を尽くすべきだと思う。ちなみに7日発売の『創』12月号ではこの問題についての特集を組んでおり、著者の増田さんや寺澤さんを始め、何人かの論者の見解を掲載している。また安田弁護士の対マスコミのスタンスについては、今出ている『創』11月号に、死刑問題をめぐる青木理さんとの対談が掲載されており、その中で自ら語っている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6165

コメント (7)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

この著者は名うてのトラブルメーカー。そのトラブルも、言葉尻をとらえて世間にふれまわり、当事者とのあいだで「言った・言わない」のドタバタを演じるというワンパターン。とうていジャーナリストとは言い難い低レベル。こういう輩が、あれこれ美名をあげて少年犯罪にたかってくる。また真実が汚されて、この事件と裁判の実相を見えにくくしてしまった。

寺沢さんのとこから出ているんですね、この本。
う~ん、寺沢さんの警察追及姿勢に快哉を送る自分としては、弁護士とはこういうものだという安田さんへの共感もあり双方が対立するのは苦しいですね。
困ったなあ。
基本線はこの少年は怪物ではない、反省などしていないというマスコミ上げてのバッシングの真相など少年の心の変遷、悔悟を追ったルポだというのを雑誌のインタビューで読み、面白そうだ、買ってみようかと思っていたので、事前の行き違いで揉めているというのはなんとも・・・・。
この事件は、和歌山カレー毒物殺人事件と並んで社会的な反響が強いことや、それまで少年犯罪をルポしてきたライターたちが自分のスタンスを揺るがしかねない反省に追い込まれたケースとしても特異な事件であり、弁護士が弁護士の弁護姿勢を批判するという異様さが裁判沙汰になるというゴタゴタ続きのイワクつきの事件ですから、当然これに首を突っ込めばタダで済むはずはないだろうとは思っていましたが、双方ともに私が共感を持って事にあたる使命感の人たちが揉めているというのは辛いなあ。
なんとかなりませんか。

内容読みはじめると「買わなきゃ良かった」と後悔し、読み進めると寧ろ怒りさえ覚える程、著者のスタンスに反感を持ちます。
そもそも「元少年の実像を世間に広めよう」という上っ面も問題ですし、当事者に近い人達のほとんどとぶつかって、それが「取材だ」なんてうそぶく所も問題ですし、単なる著者のエゴの掃き溜めの様な内容も問題ですし、とにかく酷い。
読み終えて思うのは、「器がしっかりしていないとこの種のルポは書けない」という教訓であり、表現者を目指す方々には自省を促すいいテキストなんじゃないかと思いました。

当事者の方達にも読者にも、あれじゃあんまりですよ。

自分のトピにコメントってのも変ですが、ちょっとだけ感想を。「実名」本に批判的な意見が多いことに、そうなのか~と思いました。というか、たぶん大半の人は本を読んでないのでしょうね。それからサンダース軍曹さんが書いた、著者の増田さんが「名うてのトラブルメーカー」という批判は、たぶん彼女がジャンジャンを辞める契機になった鳥越俊太郎さんについての報道の一件のことでしょうが、もう少し具体的に書かないとこのコメント、読んだ人に誤解を招くような気がします。

読んでもいないのでアレなんですが、元少年の実像を知らしめるというスタンスと実名をタイトルに付けることは関連性があるのでしょうか?本が売れているとは商売は成功したってことですよね。

「創」12月号の特集記事を読ませていただきました。伊藤ゆうきさんのご意見にあるように、私自身も寺澤さん、安田弁護士ともに支持している者として、このような状況になってしまったことは残念でなりません。
「創」12月号を読んだ感想は本日のブログの中で書きましたが、今回の仮処分申請や提訴に関しては、私は増田さんや寺澤さんを支持せざるを得ません。
この問題に関しては、弁護団との関わりの深い綿井さんや浅野さん以外のジャーナリスト、あるいは一般の読者の率直な意見が知りたいところです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.