Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Entries

« 「母と娘」という関係について 9月2日中山千夏×香山リカ対論
メイン
選挙特番で日テレの視聴率大勝利に脱力。民主党の勝ちすぎにも... »

週刊誌を読む:薬物汚染、本質に切り込め 防止システムもっと議論を

 次々と新たな展開で芸能マスコミを賑わせている酒井法子被告の薬物事件だが、最近の主役は建設会社の「会長」だろう。逃亡中の酒井被告のめんどうを見ていた人物だ。

 八月二十七日発売の『女性セブン』と『週刊新潮』に登場したのを機に、連日ワイドショーに出ずっぱりとなった。週刊誌などの報道で犯人隠匿を疑われたことから、むしろ取材に応じた方がよいと判断したのだろう。

 この会長の話で気になったのは、酒井被告の証拠隠滅疑惑を否定した部分だ。逃走中に酒井被告が髪を切ったという報道に対して、例えば『女性セブン』9月10日号では「100%ないよ」と否定した。酒井被告が髪を切ったというのは、ほとんど確定的に報道されていたのだが、あの報道はいったい何だったの?という感じだ。

 この会長の話とともに、酒井被告の二番目の母親のインタビューをとったのは『週刊新潮』9月3日号だ。酒井被告の幼少時の話が具体的で興味深い。例えば彼女が生まれた時、暴力団組長だった父親は刑務所におり、実の母親は娘を置いたまま別の男と駆け落ちしてしまったという。

 こうした酒井被告の不幸な生い立ちは、今回の騒動が関心を持たれているひとつの要因だろう。事件の陰に涙ありというドラマチックな物語である。

 もう一カ月近く、この薬物事件は社会的関心を呼んでいる。だからこそ提案したいのだが、テレビの情報番組などはもう少し工夫して、薬物汚染の本質に切り込むような報道ができないものか。例えば防止のために量刑を重くしろといったコメントが多いのだが、それでは単純すぎる。

 アメリカでは1980年代に厳罰化で薬物汚染に対処しようとしたが、効果がないことがわかり、今では治療プログラムを取り入れたドラッグコートという司法システムを導入しているという。日本ではそういう薬物汚染防止のための社会システムについて議論すら起きていないのが現実だ。一番の原因は政府の怠慢だろう。

 この九月三日、私は都内で田代まさしさんを呼んで、薬物問題についての討論会を開くことにした。興味のある人は創出版のHPにアクセスしてほしい。

---------------------------------------------------------------

※『週刊誌を読む』は「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラムです。

【バックナンバー】 http://www.tsukuru.co.jp/shukanshi_blog/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5859

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

酒井法子の逃亡幇助ばかりでなく、証拠隠滅などの法的なアドバイスをしたのはこの男とその周辺であることは状況証拠として間違いがない。これだけの手練れだから検察も確証を得るのは難しいのだろう。薬物汚染は芸能界自身にとっても損害をもたらす恥部だろう。自らも撲滅の姿勢を示すべきだ。あの相撲協会でさえ少なくとそれなりの対応をしたではないか。行政も、厚労省の所轄などというばかげた縦割り・縄張り行政をいつまで続けるつもりなのか猛省を促したい。そういうあたりに目を向けないメディアは愚劣過ぎる。

いつもあなたのコラム記事を読んで思うのだが 視点が違っていませんか? 確かに覚醒剤 薬物汚染は問題だが それをあたかも日本国の一大だ ごとく取り上げて 連日 20分も30分も特番並みに取り上げて騒いでいる マスゴミの姿勢こそ追及すべきではありませんか?!!! いくら視聴率が取れるとはいえ 国民に伝えるべき情報の重要度と順番をはき違えている マスゴミにこそ警鐘をならすべきでしょう 篠田さんの姿勢こそが問われますよ!!!

やはりほとんどの人にとって,薬物問題というものは他人事なんですね。
篠田さんの以前の記事で,あれだけ酒井被告をこき下ろしていた人たちも、いざ「ではどう薬物問題を解決するか」ということになると,全く興味がないようです。
まるで真夏に稲川淳二さんの怪談を聞く感覚となにも変わりないのでは? と感じます。

マスコミが政府の薬物対策に対して下手に問題点を指摘しないのも「オイシいネタ」が記者に回ってこなくなるからでしょう。

薬物事犯では、不正行為とも言えるほど司法機関にとてつもなく有利に扱われているという事実が顕著に浮き彫りとなります。わりと冤罪が多いのです。知らぬ間に運び屋に仕立てられ、最後まで無罪を主張して5年間も服役している人もいます。全く身に覚えがないことをやったことにされ、やったと認めないと執行猶予がつかないぞと刑事や検察、裁判官にまで脅されます。これでは薬物依存者を効果的に抑止できるわけもありません。

しかし、またしてもこの国の薬物対策は、効果の薄い押さえつけだけの一辺倒で、なにも進化せずにフェィドアウトしてしまうのでしょうか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.