Calendar

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Entries

« 週刊誌を読む:ミスター、異例の抗議も 長嶋家「骨肉バトル」報道
メイン
NHK受信料拒否裁判判決、予想外の大きな反響でした。 »

週刊誌を読む:自らがネタ 大丈夫? 「くらたま」妊娠 相手は「だめんず」

「くらたま」こと倉田真由美さんが、七月七日発売の『週刊朝日』と『SPA!』を皮切りに、週刊誌や新聞の連載で、次々と自分自身の妊娠ネタを披露した(律儀にも東京新聞でも!)。

 たぶん『週刊新潮』とかでスキャンダルふうに暴かれるのを恐れ、それなら先に自分からギャグにしてしまえ!という戦法なのだろう。一歩間違うと「自爆」になりかねないパターンだが、週刊誌連載では二週にわたって引っ張るほどの盛り上がりようだ。

 『週刊朝日』の連載「フリドラ男」では7月17日号でページを拡大。「7月で38歳になる今年、第2子を妊娠した」で始まる一文で、結婚はするかどうか未定、相手の男性は「バツ3」で「ものすごい数の女と性的関係を結んできている」、しかも借金を抱えており、くらたまにも借金している......と、まさに「だめんず」であることを告白した。

 記事につけた四コマ漫画では、心配する友人にくらたまが「彼にとって私は特別だって思えるんだよね。だから大丈夫だよ!」と告げるのだが、「でもそれ過去の3人の奥さんたちも全員思ってましたよね」と返され、「ぐうの音も出ない」とつぶやく。

 そして翌7月24日号では、前回彼氏を「600人斬り」などと書いたために、大反響があったことを告白。彼氏のもとへ過去の女性から「私は何番目だったの?」といった電話やメールが殺到。でも本人は顔も名前も分からなくなっていたというオチをつけた。

 もちろん『SPA!』の人気連載漫画「だめんずうぉ~か~」でも二週にわたって自分の話を披露。さらに『AERA』7月27日号にも、その彼氏と二ショットで登場した。

「だめんずうぉ~か~」は、「だめんず」に籠絡され痛い目に会う女性を、作者のくらたまが距離を置いて見ながらツッコミを入れるという漫画だが、今回の自分ネタでは、ボケとツッコミを両方自分でやらないといけない。そこをきちんと作品として成立させているのはさすがプロ。

 でも『AERA』インタビューを見ると、どうやらくらたま、本気で今回の彼氏にホレてしまったらしい。大丈夫かなあ~。

---------------------------------------------------------------

※『週刊誌を読む』は「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラムです。

【バックナンバー】 http://www.tsukuru.co.jp/shukanshi_blog/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5850

コメント (7)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクに書かれている文章を必ずご確認いただきますよう、お願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

なお、投稿されたコメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されています。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

なんと。超硬派サイトと思われた「The Journal」でこのようなネタがアップされるとは。しかもコメントないし(笑)。読者もまた超硬派ということでしょうか。

こんなことをいうと怒られそうですが、自民党といういわば「超だめんず」をなぜか頑なに愛する日本国民もまた存在する。そのことを揶揄する記事かと深読みしたくなりました。

確かにこのサイト、硬派すぎて敷居がどんどん高くなっているような気もします。それを危惧して、少し肩の力を落とそうよという意図ですかね。たまにはいいかもしれませんね。やりすぎると常連さんのバッシングがありそうですが。

愛は盲目。

私はこのサイトの読者の中で一番端っこか底辺にいる女だと思うのですが(笑)、きっと篠田さんは私のレベルまで引き下げて、この文章を書いてくれたのだと思います。

お気持ちは有難いのですが、実は私はマンガが読めない人間なんですよ。
そう言えば、俳優の三上博史もマンガが読めないと芸能雑誌に書いてあったような気がします。

だめんず、な親たちに給付金なぞ与えて良いものか~?なんて
難しいコメント書こうと思いましたが私には無理でした。

くらたま氏の作品は、他者の比較批評はとても鋭いですが
御自身の話となると、急に少女漫画的というか
こいつ自分自身をかなり美人と勘違いしとるやろ!?
と突っ込みたくなる脇の甘さがありますね。

ナンシー関、内田春菊、西原理恵子ら、大御所の域に達するまで
頑張って欲しいです。

「くらたま 大雪山系遭難へのネットのコメントに苦言」を断固として支持する。

自らをネタにするくらたまさんをだしにcomic reliefを得る。というのもいいですね。

こういう記事も大歓迎です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.