Calendar

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Entries

Recent Comments

週刊誌を読む:マイケルさん白人願望? 「思い」に触れぬメディア
Arumu 07/20
江川 07/25
宮崎 07/26
runa 08/03
mm 08/06
もも 08/08
ping 11/09
pong 12/15
通りすがり 04/28
ping 08/24

« 北朝鮮制裁や新型インフルエンザ対策など日本国の最近の危機管理策は疑問だらけだ
メイン
週刊誌を読む:ミスター、異例の抗議も 長嶋家「骨肉バトル」報道 »

週刊誌を読む:マイケルさん白人願望? 「思い」に触れぬメディア

 マイケル・ジャクソンに関する報道や論評を見ていて気になるのは、彼が黒人という自分のアイデンティティについてどう考えていたかという問題だ。

 例えばマイケルが薬を使って肌を白くしていたという指摘がある。いや肌が白くなったのは病気のせいだという説もあって、ネットでは議論が真っ二つに分かれている。

 それについて『週刊朝日』7月17日号に登場した"ロシア人主治医"エフゲニー・アクショーノフ氏は率直にこう語っている。「マイケル自身、『肌を白くするため、漂白する薬を常用している』と私に打ち明けたことがありました」

 『サンデー毎日』7月19日号「マイケルがオバマになれなかった理由」はこう書いている。
「マイケルが白人のロックスター、エルビス・プレスリーの娘リサ・マリー・プレスリーと最初の結婚をしたのもコンプレックスの裏返しか。一方のオバマが、奴隷の子孫である黒人のミシェルを選んだのと好対照だ」

 『SPA!』7月14日号の坪内祐三・福田和也両氏の対談では、マイケルの音楽との関わりでこの問題を論じているのだが、坪内氏がこう語っている。「黒人初のアメリカ大統領オバマが誕生した年に、『白人になりたかった黒人』のマイケルが死ぬっていうのは、すごくピタッとくる気がするんだよ」「やっぱりマイケルの音って、黒人のルーツ・ミュージック感がないんだよね。でもね、逆にそれが、70年代末期から80年代は新鮮だった」

 坪内氏は、マイケルがそうなった理由として、ちょうどアメリカで黒人解放運動が盛り上がった時期に彼がショービズの成功者になっていったという事情を指摘する。「黒人解放運動が盛り上がれば上がるほど、ショービズの世界では『お前ら黒人なのに白人よりカネを稼いで』と、激しい差別を受けるわけだから。そういうトラウマが『白人になりたい』という願望として、マイケルを捉え続けたんだと思う」

 冒頭に「気になる」と書いたのは、興味深いこのテーマについて、テレビの情報番組などがほとんど触れないことだ。差別がからむ微妙な問題だからだろうか。


---------------------------------------------------------------

※『週刊誌を読む』は「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラムです。

【バックナンバー】 http://www.tsukuru.co.jp/shukanshi_blog/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5848

コメント (19)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクに書かれている文章を必ずご確認いただきますよう、お願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

なお、投稿されたコメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されています。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

部落差別から始まって、その時代その時代に合わせて色々な「差別」を熟成してきた日本で、マイケルに対する「黒人差別」を論じることは出来ないでしょう。

論じることは、そのまま自らに突きつけられた両刃の歯になるからです。

フライデーに掲載されたマイケルのデスマスクを見ましたけど、薬の大量服用で髪が抜け落ちてしまいカツラを使用していたようで露出した頭部と整形を重ねた鼻のあまりにも不自然な潰れ方やそれでも隠せなくなった目元の小皺が50歳で亡くなったという現実をよくあらわしていました。
これは本当にマイケルのデスマスクなのかという真贋論争はあるにせよ、なんでここまで無茶な整形を繰り返してきたのだろう?
ジャクソン兄弟はマイケルの姉や妹も整形していますが、マイケルの整形は突出して異様です。
釣り合いが他の兄弟姉妹とまったくとれていない。
もしかしたら後年の整形は崩れてきたことを隠すための補整のやりすぎが失敗し、それを隠すためにまた整形を重ねたらどうにもならなくなってしまったということなんだろうか?

M.ジャクソンは「KING・OF・POP」であって「KING・OF・SOUL」でも「KING・OF・R&B」でもないですからね。
元々デビューしたモータウンもブラック・アーチストは多いものの、白人マーケット向けのレコード会社だし
マイケル自身も共演するのは白人ミュージシャンが多く、ビートルズの版権買ったり
またブルック・シールズと噂になったり。
父親の影響や人種差別も言われますが元来白人志向が強いのではないでしょうか。

<篠田様>
モータウンが常に傍らにあった元不良の私が考えるに、マイケルの白人指向は非常に個人的なものです。黒人差別の問題が底流にあるものの、真実は、生涯愛して止まなかったダイアナロスが白人の大富豪と結婚したことが、直接的な原因です。
それまでは、ダイアナロスと同じ美容外科医にダイアナそっくりの顔にしてもらって幸せそうでした。
ジャーナリストらしくマイケルの白人指向を社会的な立ち位置から解明したい気持ちもわかるが、私から言わせると「いいかげんにしろ!!死者に対する礼儀をわきまえろ!」と怒りが抑えられません。今さらほじくり出して何になる。

色々とネットを検索すると、「創」さんは何年も前に筒井康隆の断筆宣言関連の本を出されているのですね。

筒井氏は私もすごく好きな作家なのであり難いです。

マイケルの音楽はR&B以外の何者でもなく、ルーツはJBやスライなど黒人のスーパースターやゴスペルなどブラックカルチャーでしょう。

はっきりいって問題はまったく違うところにある。
その手の週刊誌及びそれに触発されて刷り込みを語るだけの一般人は、MJが告白した病気について必ず調べていない。
彼が病気であったことは事実であり、その客観的な証拠は探せば見つかります。
http://www.youtube.com/watch?v=15TSEKXXIvI&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=lQ6b7kHGsSg&feature=channel_page
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7538539

マイケルに関してよく言われる白人願望というのは、つまり「差別された側が差別した側への同化を望むこと」であり、これをナイーブに肯定する人は差別を外側から眺めているだけに過ぎない。何の差別でもいいが、差別されている人に「差別する側の人間になりたい?」と質問して頷く人は少数だろう。MJに関して、差別というトラウマを安易な物語に仕上げる連中は下司としか言いようがない。

冒頭に戻ると、問題はMJは病気である。しかしマスメディアがそれを認めてしまうと尋常性白斑を患っている人(MJ)を“白人願望がある”と差別してきた過ちを認めることになり、マスメディアがその逆風に耐えられる時期にはまだなっていないというところにある。

日本のメディアは海外ゴシップ紙からのただの孫引きでそこまで自覚していないだろうが、日本の戦後問題のように、決して有耶無耶にはできない巨大な責任問題が突きつけられると思う。

宮台さま
貴重な情報、ありがとうございます。
ご紹介の「youtube」にアクセスしてみました。マイケル自身がインタビューで

"I have a skin disorder to destroy the pigmentation of the skin"

と言っていますね。それに「白人願望」どころか黒人であることに非常なプライドをもっていたことも伝わりました。メディアのいかにも「白人願望」があったかのような喧伝は何だったのでしょうか?私はすっかり信じていました。こんなところにもメディアのいいかげんさ無責任さがあったんですね。許せません。

先ほど、ハイビジョンで
ワールド・プレミアム・ライブ マイケル・ジャクソン
 ~デビュー30周年コンサート~を観ました。さすがです!
スラッシュもカッコ良かったけど、やはりマイケルの醍醐味は歌とダンスです!圧倒されました。白人願望がどうのこうのとかそんなことは、彼の個人的なことであまり重要ではありません。私も若い頃に黒人ファッションに憧れて日焼けしたり、クリニークの塗るだけで肌が黒くなっていく化粧品をつけたりしてました。人種差別だなんて言われたことありません。周りが勝手に大げさに問題を作ってる感じします。

フライデーに掲載されたマイケルのデスマスクは、検視官による似顔絵と説明されていますが、実際はポーランドの新聞社が勝手にイメージしてコンピューターで描き上げたCG画像との事が判明しています。

マイケルのデスマスクは搬送時の目元の写真(とても綺麗でした)以外一切公開されていません。

マイケルに関する報道は、ゴシップネタを垂れ流しされている事が多いので、どんな内容でもまず情報元を確かめないと、噂が噂を呼び何が真実か全くわからなくなると思いますので要注意です。

音楽的にも人種的にもMJは黒人です。

吉岡正晴のソウル・サーチン
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10298820925.html

マイケル・ジャクソン研究家として有名な吉岡正晴さんのブログ記事より引用させて頂きますが
『殺人課の刑事と同じく「現場百回」である。』

マイケルに対する全てのゴシップはデタラメです・・・

彼がトップスターになったことが
気に入らない白人よりのメディアがマイケルをピエロのように作り上げたのです。

彼の肌は尋常性白斑という病気です(スリラーの頃から発症)
最初は黒く塗ってごまかしていました。
彼は黒人であることにとても誇りを持っています
こちらのサイトに彼の人種差別についての素晴らしいスピーチの和訳があります↓
http://mjlatest.main.jp/text/interview/racism-speechhtml.htm

彼は叩かれても叩かれても、人を愛し続けました、たくさんのチャリティー活動をし続けました。。

音楽も踊りもそして人間としても
素晴らしい人です。

長いコメント、失礼致しました。

上記コメントの通りです。
白人願望というのはメディアが作り上げたもの。
彼は心から人と動物と自然を愛していました。
彼の作る歌はあまりにも直接的で受け入れられないこともありますが、
それほどに純粋な人なのです。

マイケルの音楽に
ブラックテイストを感じない人は普段何を聴いているんでしょうね?失笑しました。そもそもロックだって黒人が作ったジャンルですよ。肌の変化は病気と漂白の両方でしょうね。そういった治療法があるので。病気であんなに見事に白くならないと思い込んでる人は調べてみて考えを改めて欲しい。

マイケルが白くなる病気だと言う、マイケル信者が列挙する証拠は全く根拠ありませんね。

彼のスピーチなんて、全くの根拠無し。
斑点性の病気との医者の診断書があっても根拠無し。
彼くらいの大物であれば医者くらい何十人と買収できるでしょう。

問題は、
<皮膚の漂白以外に白人風な改造が見られるか?> 
これは、白人に憧れているかどうかの判断材料です。
→yes
髪:チヂレ→直毛
鼻:だんご鼻→小鼻
唇:厚→薄
唇:有色→ピンク(化粧と思われるが)

<なぜ、子供がすべて白人なのか?>
→黒人の遺伝子を有することが恥ずかしいと思っているから、人工授精をして、自分の子だと言い張っているだけでは?
黒人の遺伝子は優性、白人は劣性の遺伝子です。
白人と黒人の子供で白人の方が強く出ることは稀にあります。マイケルに限って、なぜ、3人続けて劣性の遺伝子だけが現れるのかな? ま、子供の遺伝子を調べれば一発で真実がわかるけど。

皮膚の漂白って言葉では簡単ですが、実際にはどういうことをするのか、全くもって根拠のある説明を聞いた事がありません。
それこそアンチ&信者の意見は共に外見からの推測でしかないことを知るべきだと感じます。真実はマイケルしか知らないでしょう。

整形もフツーに行われるようになった世の中。もちろんマイケルのは"外見的に"特異な部類に入るでしょうが、
自分が好きだから、自分が嫌いだからという理由で簡単にそれを正義や悪と定義づける短絡さを一旦顧みるべきですね。

語る前に調べない人もどうかと思うが・・白なまず、白班症の存在を知らないとしてもあそこまで人為的に白くできるかちょっと考えればわかりそうなものを。
マイケル・ジャクソンの場合は写真や映像でも証拠が多数残っているのでvitiligoで検索すればすぐ分かるし裁判の際にも公式に皮膚病であると認められています。
このことを知らない人がいるというだけで、彼が病気だという事実は今更議論することでもないです。まあ整形はしたけど。

マイケル信者こそ好き嫌いで判断してますね。
彼の音楽性を否定する者はもはや居ないとおもいます。
たとえ、アンチマイケルでも。

病気については既にずいぶん調べているのですがね。このように、風評、マスコミに騙されて歪んだ思想が広がっていくんですね。

裁判なんて買収されてる決まっているでしょうが、アホらし。このお人好しが。
少年への性犯罪の裁判でも2度無罪を勝ち取ったし。

偽善者ですね。
差別をなくそう、世界は一つだ、
We are the world と唱えている張本人が黒人風貌を忌み嫌い、それから抜け出そうとして「改造」を繰り返してるのだから。

マイケルの音楽を心から愛しているファンへ対しても裏切りですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.