Calendar

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Entries

« 漫画界に衝撃与えた「ブラックジャックによろしく」佐藤秀峰さんの告発
メイン
北朝鮮制裁や新型インフルエンザ対策など日本国の最近の危機管理策は疑問だらけだ »

週刊誌を読む:マイケルさんの「謎」に迫る 薬物関係?突然死の衝撃

 世界中に衝撃を与えたマイケル・ジャクソンの突然の死。週刊誌各誌がその謎に迫ろうとしている。

 表紙に本人の写真とともに「マイケル・ジャクソン死の真相」と大書したのは『週刊朝日』7月10日号。死をもたらしたのは鎮痛薬デメロールではないかという見方だ。

 記事によると、デメロールは「激痛の痛み止めとして処方される鎮痛薬で、常習性があり、量を間違えるなどすると突然死の可能性がある」。なぜマイケルがそれを服用していたかといえば、整形手術の後遺症によるものだという。

「マイケルはこれまでに50回にものぼる美容整形手術を重ねたといわれ、数週間に1度の頻度で形成外科医のもとに通う時期もあったという。数年前には、『これ以上は危険』と医師から手術を止められた、との報道もある」

 整形手術や舞台から転落しての怪我など満身創痍だったマイケルが服用していた鎮痛薬が、彼を死に追いやったのではないか、というわけだ。

 「マイケル『緩慢な自殺』」という見出しを掲げたのは『アエラ』7月6日号。鎮痛剤や精神安定剤の大量服用で中毒状態だったという説明の後、こう書いている。「本人が意識していたかどうかはわからない。しかし、マイケルの生き方は緩やかに『死』に向かっていた」
死因が薬物だったとしても、この時期の死にはもうひとつの背景があると指摘するのが『週刊文春』7月9日号だ。少年への性的虐待疑惑などスキャンダル続きだったマイケルが起死回生を賭けたのが、七月十三日から始まるロンドン公演だった。その期待とストレスがプレッシャーとなったのではないか、というのだ。

 検死結果が正式に発表されれば死因についてはもっと確実なことがわかるはずだ。そのほか黒人であるというマイケルのスタンスやその生き方についてなど、論評は様々だ。

 また『フライデー』7月17日号が表紙に「『臨終写真』カラー公開!」と大書し、病院に搬送されるマイケルのカラー写真を掲載したのは、写真週刊誌らしい報道だった。

 マイケル報道、まだしばらく続きそうだ。

---------------------------------------------------------------

※『週刊誌を読む』は「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラムです。

【バックナンバー】 http://www.tsukuru.co.jp/shukanshi_blog/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5846

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 週刊誌を読む:マイケルさんの「謎」に迫る 薬物関係?突然死の衝撃:

» [児ポ法][政治][報道]ここで、嘘をついてるのは保坂氏や匿名氏なのか、マスコミなのか? 送信元 月よお前が悪いから
どちらも多分、うそはついていない。 問題は、マスコミ各社が五月雨式に「単純所持禁止で合意」と流しているという事実で、ここでどういう構図で報道まで至ってい... [詳しくはこちら]

コメント (3)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクに書かれている文章を必ずご確認いただきますよう、お願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

なお、投稿されたコメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されています。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

<これ以上、マイケルをおもちゃにしないで>
週刊誌の商売とはいえ、もういいでしょう。私は不良でしたので、高校時代から、いつも傍にはモータウンがありました。ジャクソン5、シュープリームス、スティビーワンダー、ディオンヌワービック、アレサフランクリン、マービンゲイ...。
キラ星のごとく、忌野清志郎さんの「トランジスタラジオ」の歌詞のように、授業をサボっては屋上でFENをきいていました。
大学に入ってからは、授業は代返で、単位に必要な2/3の出席日数を5人の代返で廻し、昼はほとんどバイトに費やし、洋服を買っては、六本木、赤坂、本牧と踊りまくっていました。スチャダラな私がこんな事をいう資格もないのですが、マイケルの苦悩は、結局だれも理解できず、誰も助けてあげられなかった。子供を商売の道具としか考えず、金を稼がせるジョ-・ジャクソンに育てられ、優しさで包んでくれたシュープリームスのダイアナロスに恋をし、ダイアナからショービジネスやダンスを教わり、モータウン脱退後、それぞれがソロで大成功しました。ダイアナロスに憧れ、ダイアナロスと同じ美容整形外科医にかかって、ダイアナとそっくりの顔になった当時のマイケルは、本当に幸せそうでした。しかし、ダイアナロスが白人の大富豪と結婚した時からマイケルは壊れてしまいました。やはり、白人がいいのか?ダイアナロスへの恨みをBADという曲に表しても収まらず、ついには黒い肌の色すら憎しみの対象になってしまったのだと思います。
彼は私たちに沢山の幸せをくれたのに、彼は誰も信じる事ができなくて、信じられるのは無邪気な子供だけという可愛そうな人生だった。
もう、死者に対する礼儀として、これ以上彼を辱めるスキャンダルをほじくり出すのはヤメにしませんか。

メディア批評と書いてあるのにメディアを鵜呑みにしているのでは?
マイケルのこと何もわかってないメディアが想像で好き勝手かきたてていい加減にしろ!!と言いたい。
マスコミは裏もないのにいかにもそれが真実だと言わんばかりに放送するけど、間違いだらけ。全くのデタラメだ!!
マイケルは尋常性白斑と全身性エリテマトーデスを患っていたんだぞ!!
そこにコメントを書いている人も間違っている。

鎮痛剤を使用していたのは、
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-f40e-1.html

を見ればわかる。
肌の色はこれを見れば納得できるでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=amKqa6hzN9w&feature=PlayList&p=C2F31CD1B3B89657&index=0&playnext=1

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.