Calendar

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Entries

« 週刊誌を読む:部数回復へ大胆手法 『フライデー』リニューアル
メイン
週刊誌を読む:マイケルさんの「謎」に迫る 薬物関係?突然死の衝撃 »

漫画界に衝撃与えた「ブラックジャックによろしく」佐藤秀峰さんの告発

 「海猿」「ブラックジャックによろしく」などテレビ化・映画化された人気マンガで知られる佐藤秀峰さんのホームページ上の告発が、この何ヵ月かマンガ界で話題になっている。

 「ブラックジャックによろしく」は、元々講談社の『モーニング』で連載されていた作品だが、突然、連載が小学館の『ビッグコミック・スピリッツ』に移り、「新ブラックジャックによろしく」として今も続けられている。この移籍劇は当時、業界で大きな話題になったが、真相はわからないままだった。その真相を佐藤さん本人がweb上で告白したのだった。詳しくは下記URLにアクセスしてプロフィール欄、また「制作日記」のバックナンバーの「漫画貧乏」の項をご覧いただきたい。
https://satoshuho.com/index.html

 昨年も「金色のガッシュ」の雷句誠さんがwebで告発を行い話題になったが、こんなふうに人気マンガ家が、講談社や小学館といった大手出版社を批判するというのは、以前は考えられないことだった。というのも、マンガの世界は、集英社、講談社、小学館の大手3社で市場の60%を支配している圧倒的な寡占市場なのだ。大ヒット作品はほとんどがこの3社のマンガ雑誌で連載され、3社から出版されてきた。だから3社と対立したら、もうメジャー作品の発表の場がなくなってしまうことを以前は意味した。

 どうしてこういう寡占化が進行したかといえば、マンガは独特な作家管理システムによって成り立っているからだ。新人賞で若い新人を発掘し、編集部がマンガの作法を教えこんでいく。その代わり、著作権を含め、出版社がいわば丸抱えともいうべき形で漫画家を管理していく。そういうシステムができあがっているのだ。そうやって大手3社が市場分割をしてしまったのが実情だ。

 これはマンガが、ストーリー作りや作画などある種のチームワークによって作られていくことにも規定されている。作画自体がアシスタントによる共同作業を前提とするのはもちろんだが、特に「ブラックジャックによろしく」のような医療問題といったテーマの作品は、膨大な資料収集や取材を必要とする。マンガ家と編集部の共同作業によって作品が作られていくわけだ。問題はその共同作業において、マンガ作家と編集者がどういう関係を作っていくかということで、これまでは概ね、出版社がマンガ家を管理するという関係だった。

 雷句さんや佐藤さんのような告発が飛び出したというのは、その大手出版社の支配的なシステムが根底から揺らぎ始めたことの現れだ。どうしてそういう事態が生じたかといえば、第一にマンガがもっぱら紙媒体だった時代が終焉し、二次使用権の問題が大きくなってきたという事情がある。最近はテレビ化映画化などの二次使用について、出版社に全面委託していた慣習を見直し、エージェントと契約するケースも増えている。

 そして第2に、デジタルという新たな市場が生まれ、必ずしも大手出版社に頼らなくても作品を発表できる機会が増えたこと。また自分の意見をブログで発表するという発信の場としてもネットが使えるようになったことだ。佐藤さんのような告発は、ネットという自分の意見を自由に発信できる場ができたという事情も大きい。

 佐藤さんは今後、実験的に自分の作品のデジタル販売を、出版社に任せずに行うことも表明、その方法をマンガ家の間で共有することも提案している。

 これはまさに、マンガという注目ソフトがこれまでの紙媒体中心の時代から次の時代に転回しようとしている状況を象徴する動きだ。とはいっても現時点で彼のように講談社や小学館に自分の主張を突き付けていくことが大変なことであることは確かだ。大手出版社の支配体制に個人の表現者が対抗しようとしている、とあっては、やはり『創』としては、少数派の方につかざるをえず、7日発売の8月号でさっそく佐藤さんのロングインタビューを掲載している。
Webでは詳しく語られていない「作品に抗議があった事例」などを、佐藤さんはこのインタビューで詳細に語ってくれた。自分の作品が、出版社の自主規制によって書き換えられてしまうというのは、かの筒井康隆さんの「断筆宣言」で問題になったことだが、マンガの世界は活字以上にそれが日常化していることを、佐藤さんは具体的に語っている。

 この佐藤秀峰衝撃告発、佳境はこれからだ。注目してほしい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5845

コメント (3)

■コメント投稿について編集部からのお願い

いつも《THE JOURNAL》にご参加いただき、ありがとうございます。

他のサイトでは見られない質の高い真剣なコメントに、ブロガーや編集部はもちろん、ジャーナリストを含む多くの方が参考にしているとの声が寄せられています。

今後もこの意義ある場を維持してゆくため、コメント投稿者の方々には、以下のことを厳守いただくようお願いいたします。

投稿は原則として本名で行ってください。本名での投稿が難しい場合は、氏名として不自然でない名称でお願いします。これは、理由のない安易な偽名・匿名の乱用は、《THE JOURNAL》のコメンテーターと読者が本当の意味で責任ある議論の場を育てていくことにマイナスであるとの高野孟の信念に基づく考え方です。

また、編集部が記事に対する批判コメントを削除することはありませんが、「誹謗中傷」「常識に反するワードの使用」「日本語として理解不能」「記事内容との関連性がうすい」「匿名や複数ハンドルネームでの投稿」など、このコミュニティの発展を阻害する投稿については削除させていただきます。そのほか、議論の展開のなかで投稿者同士が感情的な応酬になりそうな場合、編集部の独断で該当のコメントを削除する場合もあります。最低限のマナーを守って投稿していただければ、いかなる内容のコメントでも、こちらの好みで削除することはありません。

なお、コメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されております。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

以上になりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

漫画の分業制を考案し、いち早く取り入れたのはさいとうたかをさんだそうですね。
出版不況な常態化し、老舗で文芸書中心の新潮社が漫画週刊誌を創刊したというので業界で是非が問われた話題も今は昔、漫画自体が飽和化し、細分化されすぎて市場の停滞と出版不況から原稿料の下げ止まりがとまらないので単行本やテレビドラマ化でなんとか収入を得られるというもののアシスタントの人件費を含めると足が出てしまい、描いても描いても赤字。
版権問題でも漫画家の権利は出版社に多くを抑えられている状況では紙媒体よりネットなどのデジタルメディアに活路を見出そうとするのはむしろ当然なのかもしれません。
佐藤秀峰氏の作品はテレビドラマや映画にもなっている人気作品が多いのにもかかわらず、実際は漫画家が食べていけるシステムになっていない、医療問題を告発した「ブラックジャックによろしく」は全巻持っていますがこんな問題を抱えていたことなど知る由もありませんでした。
モーニングからスピリッツに移籍したときもまあ編集者とのトラブルがあったのかなあ程度の認識でした。
日本の戦後漫画の基礎を築いたのはブラックジャックを描いたいわずと知れた漫画の神様、手塚治虫ですが、皮肉なことにその漫画システムが硬直化し瀕死の一歩手前まで来ているという事実はまさに「手塚治虫によろしく」の緊急事態。
そんな漫画が描かれる事にならないよう、新しいシステムの構築を漫画家、編集、出版社含めて考えなければならないでしょうね。
年甲斐もなく漫画好きな私には他人事でなく考えさせられました。

篠田さんとか山口さんの文章が何故いいのか自分なりに分析したのですが、例えば篠田さんが文章を書くときの篠田さんの世の中に対する目線の持ち方がバランスが取れているのだと思います。

若手作家の山田悠介も文章は上手くないけど、目線の持ち方はバランスが取れている。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.