Calendar

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Entries

« 出版界を揺さぶるグーグル問題
メイン
漫画界に衝撃与えた「ブラックジャックによろしく」佐藤秀峰さんの告発 »

週刊誌を読む:部数回復へ大胆手法 『フライデー』リニューアル

 いやあ『フライデー』がすごい。編集長が替わったのを機に6月26日号で突然、白を基調にした表紙に変え、「フライデーは変わります!」の文字を躍らせた。ここまでなら過去多くの雑誌が使った手法だが、驚いたのは変身をアピールする表紙が翌週も翌々週も続いていることだ。

 特にリニューアル3号にあたる7月10日号は歌手hitomiの妊婦ヌード。書店店頭で見てそれが『フライデー』だとは誰も思わないような表紙になっているのだ。

 この号から田原総一朗の新連載が始まったが、リニューアルしてから目立つのが、連載の署名記事を増やしていることだ。もともと写真週刊誌の場合、署名といえばカメラマンの名前を載せ、記事は無署名が基本だった。あくまでも写真がメインというのが、基本コンセプトだったのだ。

 だからこれだけ署名記事を増やしていくのは、写真週刊誌のコンセプトを変えることにもなりかねない。長期低落に歯止めをかけるのが狙いであることは明らかだが、この変更がそれを実現することになるのかどうか。

 リニューアル第一号はほぼ完売と言われるが、それが浅草ロック座にストリップ転身した元グラビアアイドル小向美奈子の写真のせいであることは明らかだろう。覚せい剤で執行猶予判決を得た小向が、リスク覚悟でロック座の舞台に立ったのは大きな話題になったが、『フライデー』はその舞台を無断で撮影、堂々とカラーで掲載したのだった。

 『週刊ポスト』7月3日号によれば「ロック座は民事の損害賠償だけでなく、刑事訴訟も視野に入れている」という。他誌のようにイラストで再現などという腰の引けたやり方でなく、『フライデー』が抗議覚悟で確信犯的にカラー写真を載せたのが部数的に成功したのは確かだろう。

 リニューアル二号目の「長嶋茂雄に寄り添う『田園調布の女帝』の正体」も、長嶋本人から異例の激しい抗議を受け、三号目に反論記事を掲載している。

 今後部数回復につながるかどうかはまだわからないが、新編集長の意気込みが伝わってくるという点では、新生『フライデー』の誌面、しばらく注目していきたいと思う。

---------------------------------------------------------------

※『週刊誌を読む』は「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラムです。

【バックナンバー】 http://www.tsukuru.co.jp/shukanshi_blog/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5844

コメント (2)

■コメント投稿について編集部からのお願い

いつも《THE JOURNAL》にご参加いただき、ありがとうございます。

他のサイトでは見られない質の高い真剣なコメントに、ブロガーや編集部はもちろん、ジャーナリストを含む多くの方が参考にしているとの声が寄せられています。

今後もこの意義ある場を維持してゆくため、コメント投稿者の方々には、以下のことを厳守いただくようお願いいたします。

投稿は原則として本名で行ってください。本名での投稿が難しい場合は、氏名として不自然でない名称でお願いします。これは、理由のない安易な偽名・匿名の乱用は、《THE JOURNAL》のコメンテーターと読者が本当の意味で責任ある議論の場を育てていくことにマイナスであるとの高野孟の信念に基づく考え方です。

また、編集部が記事に対する批判コメントを削除することはありませんが、「誹謗中傷」「常識に反するワードの使用」「日本語として理解不能」「記事内容との関連性がうすい」「匿名や複数ハンドルネームでの投稿」など、このコミュニティの発展を阻害する投稿については削除させていただきます。そのほか、議論の展開のなかで投稿者同士が感情的な応酬になりそうな場合、編集部の独断で該当のコメントを削除する場合もあります。最低限のマナーを守って投稿していただければ、いかなる内容のコメントでも、こちらの好みで削除することはありません。

なお、コメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されております。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

以上になりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

私は篠田さんの文体が好きです。

何年か前に「噂の真相」の編集長の文章を何かの本で読んだけど、その人も上手い文章を書く人だなという印象が残っています。論理的な文章を滑らかに書くというか・・・
山口さんの文章も読みやすくて、はっきり言って作家よりも編集長のほうが上手な文章を書く気がします。


私は時事問題などについて、自分の頭で考えようとは思いません。

でも、篠田さんなどの文章を読んで、他力本願的に「なるほど」と読解しています。

私も結構元気がいい性格なので、本気で取り組むと右翼か左翼になってしまう。
でも、そういう生き方は辛いから、楽な生き方を選択しました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.