Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

« 週刊誌を読む:後味悪い草なぎさん復帰 会見で特定メディア排除
メイン
週刊誌を読む:足利事件、責任追及を マスコミ報道の検証必要 »

最近明らかになった連続幼女殺害事件・宮崎勤死刑囚の「遺言」

 発売中の月刊『創』7月号で詳しく書いたが、昨年6月に処刑された宮崎勤死刑囚の「遺言」が、つい最近明らかになった。昨年4月4日付で宮崎死刑囚が書いた文書を母親に預けておいたものだ。「肌身離さず持っていて!」とあるから、宮崎死刑囚も大事なものだという認識で託したのだろう。

 中見は、友人知人に預けたもの、拘置所に預けたものを細かく箇条書きしたものだ。普通に考えれば、自分の身に何かあった時のために書きとめたもので、遺族はそれを「遺言」と呼んだ。ちなみに、物を預けたのが一番多い知人は私だった。

 この文書がいささか衝撃的なのは、宮崎死刑囚は生前、刑確定後も死刑判決を受け入れておらず、自分には関係ないことだと語っていたからだ。そう主張しながらも、死刑執行に備えて遺言を残していたとすれば、彼が内心では死刑について少しずつ考えるようになっていたことの証しといえる。

 ただ、よくわからないのは、拘置所に預けたものを書いたリストの表題が「出所時に、どうしても宅下げしたいもの」とあることだ。宮崎死刑囚は一貫して自分は無罪だと主張し、再審請求も望んでいた。だからこの文書は、いつか罪が晴れて「出所時」が訪れることを考えていたとも受け取れる。

 この文書を、遺族は「遺言」と受け止めたが、宮崎死刑囚が自分の死をどこまで覚悟していたかは、にわかに判定できないものだ。いろいろな可能性を想定して、いざという場合のために書き残したということなのだろう。

 ただ、こんなふうに自分が処刑される可能性を具体的に想定していたことは、彼と12年間接してきた私にとっては、衝撃的であった。

 確かに死刑確定後は死刑に言及する機会が増えたから、それ以前よりも彼がその問題に向き合うことが増えたのは理解できるのだが、「遺言」を残すという具体的なところまで彼が考えていたことは、今回の文書で初めて明らかになったといえる。

 宮崎死刑囚は、最後まで理解することが難しい人物だった。統合失調症だという見方と「詐病」だという見方とが相半ばした。彼が自分の「死」についてどう考えているかは、何度も尋ねたが、明快な答えは得られなかった。

 『創』7月号の記事「確定死刑囚は『死』とどう向きあうのか」は、確定したばかりの林眞須美死刑囚や、奈良女児殺害事件の小林薫死刑囚など、私が長年接してきた死刑囚たちの近況を明らかにしながら、彼らが「死」をどう考えているか書いたものだ。

 ぜひ読んでいただいて意見や感想を寄せてほしい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5840

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

いつも《THE JOURNAL》にご参加いただき、ありがとうございます。
他のサイトでは見られない質の高い真剣なコメントに、ブロガーや編集部はもちろん、ジャーナリストを含む多くの方が参考にしているとの声が寄せられています。

今後もこの意義ある場を維持してゆくため、コメント投稿者の方々には、以下のことを厳守いただくようお願いいたします。
投稿は原則として本名で行ってください。本名での投稿が難しい場合は、名前として不自然でない名称でお願いします。これは、理由のない安易な偽名・匿名の乱用は、《THE JOURNAL》のコメンテーターと読者が本当の意味で責任ある議論の場を育てていくことにマイナスであるとの高野孟の信念に基づく考え方です。

また、編集部が記事に対する批判コメントを削除することはありませんが、「誹謗中傷」「常識に反するワードの使用」「日本語として理解不能」「記事内容との関連性がうすい」「匿名や複数ハンドルネームでの投稿」など、このコミュニティの発展を阻害する投稿については削除させていただきます。そのほか、議論の展開のなかで投稿者同士が感情的な応酬になりそうな場合、編集部の独断で該当のコメントを削除する場合もあります。最低限のマナーを守って投稿していただければ、いかなる内容のコメントでも、こちらの好みで削除することはありません。

なお、コメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されております。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

以上になりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

死というテーマは客観的に表現する事の難しさを感じる。ただ、裁判に於ける死刑とは小生は死刑は否定論者ではないが、ある面、死の確定はお互いの了解点が出なければ覚悟する事は難しいと思う。つまり林真須美被告を例に取ると、本人は否決、控訴を繰り返している。裁判官が客観的な採決をする事ならば、状況証拠と無反省だけで死刑決定及び控訴棄却ばかりでは、民主的では無いと思う。それなら無期懲役にして、時効廃止し、捜査を続行すべきだと思う。それを言うと事件は多いからその件ばかりそう云う事してられない、とのたもた。唖然とした。本人の命の絶対性を無視し、一つ一つの案件程度にしか思わない。だから有罪率99・9%なんて考えられない数字なのだ。目前に、足利事件、一昨日も痴漢冤罪と1ヶ月の間に2件もの冤罪が明らかになっている。捜査官も裁判官も只の人間ですよ。決めた量刑の絶対性は何処にあるのか?もっと慎重に時間を掛けるべきだ。民主主義社会での国民の権利が通らない日本。今の若者に抗議とか示威活動の自由を放棄した結果、『誰でも良かった』なんて言う、必然性の無い殺人が突発して起きている。
ひとの命の尊厳さをもっと、警察、検察、裁判官が国民に教えるべきだと思う。

裁判員制度がはじまり、国民が裁判員として参加することになったわけですが、先のような事件では、裁判員は精神鑑定に接することになるようですね。

精神鑑定を精神医学の基礎知識が全くない状態で、理解できるのでしょうか。きわめて疑わしいです。

宮崎勤の精神鑑定は、三回とおりの結果が出たようですね。「人格障害で責任能力あり」「多重人格で責任能力なしとはいえない」「破瓜型統合失調症で、心神耗弱」。

私は精神医学に関心があって、先の鑑定人のひとりである中安信夫さんの著書と論文をいくつか読んだことがあります。そのため、私にとって、中安さんは好きな精神科医の一人です。
もし、精神科医ではない私が裁判員となったとして、この三つの鑑定のどれをとるかとなれば、中安鑑定を選びます。

中安さんは、統合失調症の権威で、初期統合失調症の提唱者として有名です。

破瓜型統合失調症はだいだい思春期から25才ごろまでに発症し、病状は目立たず、潜勢的に進行する。集中力や意欲の低下、感情鈍麻などの陰性症状が主なもので、予後は悪いとされているようです。
東京地裁での死刑判決の判決要旨をネットで見つけ、読んでみましたが、裁判官が中安鑑定の内容や破瓜型統合失調症を理解しているようには思えませんでした。
私は精神科医ではないので、偉そうなことはいえませんが、専門家でもない裁判官や裁判員がそのようになってしまうのは無理もないというか、無理なことをしているというか、きわめて難しいことであると思えます。

宮崎勤死刑囚の「遺言」があったと聞き、私も驚きましたが、精神科医はそれをどのように考えのか、興味がわきます。

一人娘の母であり、故宮崎死刑囚の犯行には尋常でない怒りと嫌悪、悲しみを抱きながらも、宮崎勤という人間に対しての興味が尽きることはありませんでした。
死の間際には本当の彼が現れるのでは、と思ってきましたが、私にとっては依然、というより、ますます彼の深淵をのぞいてみたくてしかたがありません。

いいえ、遺言、に現れていたのかもしれませんね。
母として思うのは、どうやって彼がつくられてきたのか。
どんな思いをしてきたのか。
二歳の娘を育てていて、この子と同じころの彼を考えます。

宮崎事件を追っています。
あの事件が起きる前に宮崎氏と遭遇した1人です。
文章が苦手なのでうまく書けないのですが、自分と同じ容姿、服装の子達ばかりが被害者でした。
宮崎氏がつかまって以降ずっと自分のせいではないかと悩んでいます。
死刑になった今真相はわからないのですが裏の林の中の女の子を覚えているか聞きたかったです。
覚えてないと言われて楽になりたかったです。

変なコメントですみません。
不審に思われたら消してください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.