Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

« 週刊誌を読む:足利事件、責任追及を マスコミ報道の検証必要
メイン
出版界を揺さぶるグーグル問題 »

週刊誌を読む:メディア側の都合で変更 テレビ欄並び順、説明なく

 なるほどそうだったのか。『週刊現代』6月27日号「テレビ番組欄『並び順』変更の舞台裏」を読んでそう思った。

 この春、三月三十日付から、関東の朝日新聞、日経新聞、日刊スポーツのテレビ欄の並び順が変更された。それまでチャンネルの若い順に掲載されていたのが、テレビ朝日とテレビ東京が中央寄りに移動したのである。

 どうしてそうなったかわからなかったのだが、二〇一一年の地上デジタル放送完全移行をにらんでの措置なのだという。地デジ化に伴って二桁のチャンネル番号がなくなり、テレビ朝日は「5」に、テレビ東京は「7」になるというのだ。

 それで、どうして特定の新聞だけ、それに対応した並び順に今、変更したかというと、紙面中央に移動するというメリットが生じるテレ朝、テレ東の系列紙がいち早く変更に踏み切ったという、大変わかりやすい事情なのであった。

 そして『週刊現代』のこの記事は、テレビ欄の変更で、視聴率に実際どんな影響が出たかも検証している。結論は「変更直後に視聴率は激変」。変更をはさんだ前後の週でフジテレビの全日の平均視聴率がダウンし、テレ朝がアップしているのだという。

 記事中でテレビ局関係者がこうコメントしている。「視聴者は人気番組について、今さらテレビ欄で放送日時の確認はしませんが、深夜番組などはテレビ欄の番組紹介を読んで興味を持つ人がいるんだろうと思います」

 この記事は「影響があった」という結論なのだが、ただ考えてみれば変更したのがちょうど番組改編期でもあり、何のせいで視聴率が変わったか特定するのは難しい。それよりも、メディア側の都合で特定の新聞のテレビ欄が変更され、しかもそれが読者にほとんど説明されないという、そっちの方が私には気になったのだった。

 さて『フライデー』が6月26日号から誌面を刷新した。表紙に「フライデーは変わります!」と大書、署名記事を増やすなどしたのである。翌週7月3日号の表紙に「リニューアル号完売御礼!」と書いているから刷新号は売れたらしい。この誌面刷新については次回論評しよう。


---------------------------------------------------------------

※『週刊誌を読む』は「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラムです。

【バックナンバー】 http://www.tsukuru.co.jp/shukanshi_blog/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5842

コメント (6)

いつも《THE JOURNAL》にご参加いただき、ありがとうございます。

他のサイトでは見られない質の高い真剣なコメントに、ブロガーや編集部はもちろん、ジャーナリストを含む多くの方が参考にしているとの声が寄せられています。

今後もこの意義ある場を維持してゆくため、コメント投稿者の方々には、以下のことを厳守いただくようお願いいたします。

投稿は原則として本名で行ってください。本名での投稿が難しい場合は、氏名として不自然でない名称でお願いします。これは、理由のない安易な偽名・匿名の乱用は、《THE JOURNAL》のコメンテーターと読者が本当の意味で責任ある議論の場を育てていくことにマイナスであるとの高野孟の信念に基づく考え方です。

また、編集部が記事に対する批判コメントを削除することはありませんが、「誹謗中傷」「常識に反するワードの使用」「日本語として理解不能」「記事内容との関連性がうすい」「匿名や複数ハンドルネームでの投稿」など、このコミュニティの発展を阻害する投稿については削除させていただきます。そのほか、議論の展開のなかで投稿者同士が感情的な応酬になりそうな場合、編集部の独断で該当のコメントを削除する場合もあります。最低限のマナーを守って投稿していただければ、いかなる内容のコメントでも、こちらの好みで削除することはありません。

なお、コメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されております。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

以上になりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

篠田さま

 今回のコラムとは関係はありませんが、最近の週刊誌の取材記事には拍手を送りたいものが結構あります。週刊文春の記事には腹の立つ記事も満載されていますが、豚インフルエンザの厚労省の愚策を追及する記事は読みごたえがありました。
 特筆すべきは、6月18日号と25日号に連載された新生児医療「文科省」に殺されるという伊藤隼也氏の記事です。これは、関連部署から私も実際に見聞きした通りで、馬鹿げた愚策を告発するもので、「厚労省に引き続き文科省お前もか」と言いたくなりました。
 鳩山代表が前回の党首討論で少しNICUのたらい回し問題に触れましたが、民主党政権になったときには、厚労省、文科省のこのようなまやかしの愚策を許さないで、実のあるものにして頂きたいと切に思いました。
週刊文春のあの記事は、良くぞ調べてくれたと拍手ものです。ただ、おそらく注目度が低いと思われ残念です。新聞やテレビはあのような取材は決してしないと思われ、「週刊誌頑張れ!」と言いたいです。

いつも拝読させて頂いております。

先ごろ、地域学習会で「最近の報道の伝わり方あれこれ」(メモ役でしたのでこのタイトルにいたしましたが)、新聞のテレビ・ラジオ欄は、東京ニュース通信が請けているとの話題がありました。

そんなこともあり、篠田さんの記事を興味深く読ませて頂きまた。

記事の中で「何のせいで視聴率が変わったかを特定するのは難い」同感です。

その他、「東京野球大会の組み合わせ」報道経路や、「新幹線の時刻表」報道経路などが、報告されました。

報道の伝え方、また伝わり方のしくみを知ることは、リテラシーをする上で重要ですね。

私の地方では、時事放談は翌月曜日の早朝放送されるのですが、鳩山前総務大臣がかんぽの宿&西川問題について語ったと思われる6月21日分は放送されませんでした。
理由も不明です。
権力側からの圧力であることは明白です。こんな言論弾圧があっていいのでしょうか?
テレビは、TBSは、何も抗議しないのですか?
民主党も言論弾圧する政権に抗議して欲しいものです。
国民の知る権利を奪っては正しい判断も出来ません。
何故、そのまんま東と橋下のことばかり取り上げるのですか?
それにも大いに疑問を感じます。

おもしろいですね、テレビ欄の並び方の変更で視聴率に影響が出たかもしれないということですね。
視聴率といえば、昨日なくなった女子マラソンのパイオニア佐々木七恵
さんの死去をほとんど伝えていなかったのが気になりました。つまり、テレビは今旬の人のことしか伝えないのだということが 今更ながらに感じましたね。あるいは、過去において特筆するような活躍をした人が死亡したときは報道しますが。
パイオニアというのは
地味かもしれないが、でも 扉を開いたという点では その分野で重要な役回りをはたしたといえると思う。
こういうパイオニアを評価するかどうかは、多少大げさに言えば 歴史観があるかどうかだと思いますね。
特に 民放各局は女子マラソンブームに乗っかってきたわけで、その女子マラソンブームのさきがけの第一歩をしるした人としての佐々木七恵を評価できるかどうかは、華々しい日本の女子マラソンの現在に至るまでの道程に気をとめていなければ
やはり出来ないでしょうね。
女子マラソンの歴史を語る上で、佐々木七恵は欠かせない。その人物の死を報じないテレビ局は、あれだけ女子マラソンブームに乗っかってきたにもかかわらず、やはり女子マラソンの歴史に敬意を払っていないことを示しているように思える。つまりは、テレビ局は 今しか見ていないということだな。
その今が過去からどのような経緯でそうなっているか、気に留めていないことが、昨日佐々木七恵についての報道がなかったことで よくわりましたね。ただし、NHKのみは 比較的詳しく
佐々木七恵さんの死去を 伝えていたことを述べておきます。

最近、私はテレビを見ていません。
いえ、正確にいうと見てはいますが、パソコンにワンセグをつないで見ているほうが多いです。
これだとブラウザを開いたままで閲覧とか調べものをしているときにわざわざテレビのある部屋へ行かなくて済みますし、画面は小さいですが流し見するにはちょうどいい。
録画機能もついているので、といっても録画してでも見たいような番組は無いですけどね。
というわけで地デジによるチャンネルの割り当ての不利益については別段こちらには関係ありません。
視聴率の話で言いますと、月9ドラマの視聴率が一桁続きで主演のジャニーズタレントが腐ってる、なんて話を聞きましたが、録画再生機器の普及で録画率なんてのを引き合いに出し、視聴率は低いが録画率は高いなどという慰め記事がフォローされたりしてました。
もっともこの頃のものはCMスキップ機能が搭載されていて民放、企業には痛し痒しのようですが。
新聞は系列局の色がラテ欄に出ますが、もう新聞自体いつ潰れてもおかしくないといわれていますし、おそらくここ数年中には夕刊の廃止が全国紙で検討されるようになるでしょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.