Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

« 最近明らかになった連続幼女殺害事件・宮崎勤死刑囚の「遺言」
メイン
週刊誌を読む:メディア側の都合で変更 テレビ欄並び順、説明なく »

週刊誌を読む:足利事件、責任追及を マスコミ報道の検証必要

 十七年半も無実の罪で囚われていた足利事件の菅谷利和さんのケースは本当に悲惨だ。

 週刊誌各誌がこの問題を取り上げているなかで『週刊現代』6月27日号「足利事件冤罪を作った『警察官・検事・裁判官』の実名」が出色だ。当時の捜査官や検事、裁判官らの実名を太字で掲げ、全員に直撃取材を敢行。「ノーコメント」と逃げ回る様子をそのまま記事にしているのだ。

 こういう個人の責任追及はもっと行われてよいと思う。官僚もそうだが、警察官や裁判官など国家権力を行使する人間の責任の重さはもっと自覚されてしかるべきだ。

 責任を省みるという意味では、事件当時のマスコミ報道の検証もせねばならない。「当局発表そのままに菅谷さんを『有罪報道』してきたのもメディアなのだが、そうした過去を省みる姿勢は、今のところ皆無である」と、新聞・TVを厳しく批判したのは『週刊文春』6月18日号だ。じゃあ週刊誌はどうなの?と突っ込みを入れたい気にもなるが、これ自体は正論だ。

 『週刊文春』といえば、二週にわたって報じられた日経新聞の劇画連載中止事件が興味深い。「日経新聞初の劇画連載」と五月三十日に鳴り物入りでスタートした小池一夫氏の劇画連載が、何と一回で中止となった。実は六月四日発売の『週刊文春』6月11日号が「日経に劇画新連載小池一夫 第二の小室で訴えられる」という記事を掲載、その日に連載中止が発表されたのだった。

 『週刊文春』の記事は、劇画界の重鎮・小池氏が、自分の著作物の独占的使用権をある実業家に数億円で譲ったのに、それと別に日経の新連載を始めたとして、これを「権利の二重売買」であり、昨年の小室哲哉氏の著作権二重譲渡と同じだと報じたものだ。

 この記事が日経の連載中止のきっかけになったのは明らかだが、『週刊文春』はさらに翌週の6月18日号で「小誌スクープで連載中止」と銘打ち、続報を掲載している。

 気になるのは、連載中止について、日経新聞が読者に詳しい説明を行っていないことだ。説明責任というのは、マスメディアにとって極めて大事なことだと思うのだが。


---------------------------------------------------------------

※『週刊誌を読む』は「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラムです。

【バックナンバー】 http://www.tsukuru.co.jp/shukanshi_blog/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5841

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 週刊誌を読む:足利事件、責任追及を マスコミ報道の検証必要:

» 卑怯なマスコミ(1991年の記事) 送信元 雑感
  最近、新聞をはじめマスコミの劣化が激しい。 小泉氏が一度目の「日朝首脳会談」以来、マスコミ各社の激しい取材合戦の結果で起きた 「世論」 。 その「 世... [詳しくはこちら]

» 【国策捜査】正義を語るなら犬察は何故批判を受けたか考えるべきだ!【不起訴不当】 送信元 ステイメンの雑記帖 
  17日の午後に行われた今国会2回目の党首討論は、国民 一人一人が居場所を確保できるための施策を懸命に訴えた鳩山代表の圧勝に終わった。    さて、その... [詳しくはこちら]

» [神奈川県][新自由主義][格差社会]数字の詐術でワーキングプア追い出しを図っている松沢知事 送信元 月よお前が悪いから
先週17日にあった松沢成文神奈川県知事の定例記者会見(神奈川県による知事発表のサマリーと会見の模様のストリーミング配信あり)*1で、松沢成文神奈川県知事... [詳しくはこちら]

» 多少は変わるのだろうかと期待してみると。 送信元 プチ株とPDA・PCと。
日本の新聞ってのは,その悪徳な販売方法を行っている日本最大のテロ組織であり,押し紙という詐欺を行うマフィア顔負けの犯罪集団であり,新聞を警察にタダで提供す... [詳しくはこちら]

コメント (6)

■コメント投稿について編集部からのお願い

いつも《THE JOURNAL》にご参加いただき、ありがとうございます。

他のサイトでは見られない質の高い真剣なコメントに、ブロガーや編集部はもちろん、ジャーナリストを含む多くの方が参考にしているとの声が寄せられています。

今後もこの意義ある場を維持してゆくため、コメント投稿者の方々には、以下のことを厳守いただくようお願いいたします。

投稿は原則として本名で行ってください。本名での投稿が難しい場合は、名前として不自然でない名称でお願いします。これは、理由のない安易な偽名・匿名の乱用は、《THE JOURNAL》のコメンテーターと読者が本当の意味で責任ある議論の場を育てていくことにマイナスであるとの高野孟の信念に基づく考え方です。

また、編集部が記事に対する批判コメントを削除することはありませんが、「誹謗中傷」「常識に反するワードの使用」「日本語として理解不能」「記事内容との関連性がうすい」「匿名や複数ハンドルネームでの投稿」など、このコミュニティの発展を阻害する投稿については削除させていただきます。そのほか、議論の展開のなかで投稿者同士が感情的な応酬になりそうな場合、編集部の独断で該当のコメントを削除する場合もあります。最低限のマナーを守って投稿していただければ、いかなる内容のコメントでも、こちらの好みで削除することはありません。

なお、コメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されております。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

以上になりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

>責任を省みるという意味では、事件当時のマスコミ報道の検証もせねばならない。
>「当局発表そのままに菅谷さんを『有罪報道』してきたのもメディアなのだが、
>そうした過去を省みる姿勢は、今のところ皆無である」と、新聞・TVを厳しく
>批判したのは『週刊文春』6月18日号だ。じゃあ週刊誌はどうなの?と突っ込み
>を入れたい気にもなるが、これ自体は正論だ。

 まあ6月18日号ならその前の週の発売だし、文春筆者もその前に書いたモノだろう
から、「今のところ皆無である」としているのは仕方がない。

 だが、篠田氏がその週刊誌を読み、この論考を何時書いたかは知らないが、
この論考執筆時には既にこの検証記事が読める状況であった可能性が高い。

(6月11日付けで毎日新聞の検証記事)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090611ddm012040092000c.html


 まあ、それが前後し、、篠田氏が言うように、「自動的に転載されて」いるモノ
だから仕方がないとしても、「メディアをウォッチ」し「マスコミ報道の検証必要」
とするならば、少なくとも論旨に係わる事実であり、転載時には判明していることを
考え合わせると、補足記事としてフォローが有っても良いのではないかと思う。

 篠田さま
 はじめまして。私は公的基幹病院に勤務する50歳代の勤務医です。篠田氏のコラムは、新聞でも興味深く拝見しております。今回も全く賛同致します。
 私たち医師も、人間ですから間違いを犯します。そして自分の犯した間違いからは逃げられません。我々のような公的病院では、隠ぺいなど決してできません。まず院内の調査委員会で審査されます。その場合は、外部委員が招かれ厳しく評価されます。その結果は患者様やご家族に報告されます。医療事故の場合は、最初から全てをお話しするのが基本です。隠ぺいなどしようものなら、信用をなくし、その後は全く話し合いになりません。残念ながら過去にはそのような事例が日本全国でありました。話し合いが決裂すれば、裁判になりますが、不可抗力ではなくミスと判断されれば、お詫びし、賠償しなければなりません。
 話はずれますが、数年前の福島県の癒着胎盤事件は、我々から見ても冤罪と言ってよい事件だと思います。あの事件の影響で、産科医師不足に拍車をかけました。医療の領域でも冤罪は計り知れない影響を及ぼします。
 いずれにしても、医師の判断の誤りで、患者様に決定的な損害を与えれば、その医師は社会的制裁をうけ、賠償金を払うことになります。また悪質であれば医師免許を失うことにもなります。
 刑事事件の冤罪を考えると、何の罪もないヒトに決定的な損害を与えるわけです。ヒトの人生を台無しにした裁判官や検事が何の制裁も受けないなどという事が、医療事故の例と比較しても、許されるわけはありません。実際には、冤罪の被告はまずマスコミの報道で社会的に抹殺されるので、マスコミも司法の過ちの片棒を担いだ事になります。そのマスコミも、自己批判しないようでは、全く話になりません。マスコミだって当然過ちを犯すはずです。過ちを犯しても謝らないのでは、どこかの独裁国家なみです。どうしてそんな当たり前の事ができないのでしょうか?
小沢秘書問題でも、検察が「勇み足だった」と普通の市民感覚で謝るべきだと思っています。また裁判官も神様ではないので、過ちを犯す事はあり得ることです。医療事故の場合、事故に気付いたときの対応が何より大事だとよく言われます。もし医療事故を起こして、事実を隠ぺいしたあげく、開き直っている医師がいるとしたら、そんな奴は医師免許剥奪です。
 これが市民感覚だと思いますが、冤罪事件とどこがちがうのでしょうか?・・・

産経新聞も、やっと「検証」しました。
〔足利事件〕一部先走った報道 本紙新ガイドラインで検証
hppt://www.sankei.jp.msn.com/

テレビの報道はもっと悪い。
自然災害における風評被害の源および拡大に最大の要因はテレビ報道のこれでもかこれでもかという放映。事件事故でも容疑者即有罪のような報道。逮捕以前の取調べ段階で逮捕・有罪キャンペーンでも行っているとも受け止めても不思議でない報道の現状。「報道のあり方を考える必要がある」と何度テレビで聞いたことか。報道という権力で経済効率を高めることしか頭にないテレビ局。テレビ局の実情にもメスを入れて。

いつか誰かがこのコメントを読んでくれるだろうか。

DNA鑑定、天笠啓祐・三浦英明著を読んだ。

飯塚事件についてはネットの情報が少なく勉強になった。しかし、冤罪によって一人の人間の命が絶たれている。勉強という言葉を使うには辛すぎる。

三つの鑑定のうち、

一つが無罪をしめし、
2つ目が鑑定不能。
そして三つ目も無罪を示す。

しかし、警察は鑑定結果を捻じ曲げ、クロにする。

そして裁判所もスルー。

科学も、鑑定も何もあったものではない。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.