Calendar

2009年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Entries

Recent Comments

週刊誌を読む:いまだに謎の北野誠降板
牛頭蛇尾 05/29
S.K 05/29
yayaka 05/29
パン 05/29
牛頭蛇尾 05/29
匿名 05/29
からす 05/30
駄々 05/30
ヤス 05/30
キリストの再来 06/06

« 週刊誌を読む:鴻池氏辞任に追い込む「不倫旅行」新潮スクープ
メイン
草なぎ復帰会見でのジャニーズ事務所の対応を東スポが批判 »

週刊誌を読む:いまだに謎の北野誠降板

 いまだに真相がよくわからないのが、辛口トークで人気のタレント北野誠の降板劇だ。既に全レギュラー番組を降板し、謹慎中の北野を直撃した『フライデー』に対して、本人は「あなたたちがお仕事だというのは分かりますけど」と取材を丁重に断ったという(同誌5月22日号)

 発端は北野がパーソナリティを務めてきた関西ローカルのラジオ番組「誠のサイキック青年団」が、3月8日の放送で打ち切りとなったことだった。さらにテレビ番組「やじうまプラス」「噂の!東京マガジン」「探偵!ナイトスクープ」など全て降板。4月13日には無期限謹慎処分が所属事務所の松竹芸能から発表された。

 週刊誌は「無期限謹慎は芸能界大御所を激怒させたから」(週刊文春)「全レギュラー降板を招いた『問題の一言』」(週刊新潮)などと一斉に報道。引き金となったのが、松竹芸能に対する業界団体・日本音楽事業者協会(音事協)からの抗議で、その背後には音事協と関わりの深い某芸能プロ社長の意向があったのではないかと報じた。

 その後4月28日に北野本人が会見し、イベントなどでの発言が不適切だとして処分を受けたと、涙ながらに語った。事務所社長は、3月にリスナーから北野の発言について音事協などに告発があり、調査の結果、処分を決めたと語った。

 前出『フライデー』によると、このリスナーはもともと北野の番組の熱心な視聴者だったが、ある時から批判的になり、何年か前から北野が毒舌をふるうたびに音事協に「ご注進」していたという。

 『週刊朝日』5月1日号によると、北野は放送では芸能界のゴシップをイニシャルで語り、リスナー向けのイベントでは実名を挙げていたのだが、告発したリスナーはイベントにもしっかり足を運んでいたのだという。

 裏のとれないアブナイ話を毒舌トークで話すというのが北野の芸風だったのだが、それを笑って聞き流すというわけにいかなくなったのが今回の事件だ。

 週刊誌の報道によると、その毒舌の中に芸能界で権勢をふるう某芸能プロ社長への悪口も含まれていたためではないかというのだが、真相は不明だ。

-------------------------------------------------------------------------------------
※『週刊誌を読む』は「創」編集長・篠田が毎週、東京新聞に連載(北海道新聞・中国新聞も転載)しているコラムです。

【バックナンバー】 http://www.tsukuru.co.jp/shukanshi_blog/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5835

コメント (10)

サイゾーの取材記事を読んだ私の印象で言うと、この北野誠謹慎問題に触れて芸能界各々の意見は、集約すると、北野誠はアホだった、という感じですか。
虎の尾を踏んだ、という言い方もできますが、というよりはそもそもラジオではイニシャルトークで隠していても、有料のトーク会場では他言無用を条件に実名でガンガン喋っていることは芸能界でも知られていたわけですから、ちょっと脇が甘いです。
タレントは芸能事務所に属している商品のひとつなわけで、その商品を他の芸能事務所の商品がお金を取って、タブーの空間の中で他芸能事務所のだれそれがどうこうと実名で話せばそれは商品に対する誹謗中傷になるし、しかも芸能事務所のタレントという商品がそんなことをやっているというのは、芸人のシャレを超えてしまったと言われても仕方ないんでしょうね。
タレントが同じフィールドで不文律を逸脱する行為はどうしても無理がありますね。
昔、フォーリーブスの北孝次がジャニーズ事務所のあの超有名社長を同性愛で事務所のタレントに手を出していたと告発した有名な一件でフォーリーブスはジャニーズ事務所の所属タレントグループでありながら、そこの社長のスキャンダルをバラした北孝次は当然のように芸能界から干されてましたが、いつの間にか彼はジャニーズ事務所と和解し、今はフォーリーブスで活動してますからね。
北野誠氏が芸能記者なら、これはタブーに挑戦する有能な記者ですが彼はタレント、そこに限界があった。
関西は中央から離れているので、芸能界のゴシップには緩いといわれてましたが、西のほうで勝手なことを言ってる番組があるらしい、タレント出さないよというお達しを例のエライさんが言ったとか言わないとか、不況で制作費もままならないテレビ局の裏事情もあり今後、芸能界の裏ネタはますます減っていくようです。
ミヤネ屋、全国ネットになったら面白さ半減しましたもんね。

不思議な話・・・是はタブーなのでしょうね、問題発言をしたと云う番組で、彼は創価学会及び池田大作氏をズバリと批判していましたね。
女性アナウンサーが口を濁し、止めようとするのも委細構わず、小気味良いほどズバズバと話していましたよ。
番組降板、謹慎処分となった話を聞いた時、其れが原因だと想いました。
芸能界のドン=創価学会会長?(笑)
もっとオープンに話せる時代が来て欲しいモノですね。

北野さんが何故すべての番組を降板しなければならなかったのでしょう?とても不思議でネットで探索しましたがよくわからない。なぜ?これまでも不思議だと思うこたが多々ありました。それは創価学会という存在。公明党との関係など。テレビも新聞もほとんどが関わりを持ちたくないかのように触れもしない。何もやましくなければ又疑問に思っている人がいたらきちんと説明し理解してもらったらいいのでは?何が怖いのでしょうメデイアは?不思議。

この件は気になってしょうがない。なぜ、北野さんが無期限謹慎しなければならないのでしょうか。
芸能界で権勢をふるう某芸能プロ社長への悪口も含まれていたためではないのか、あるいは某宗教教団に対する悪口のためではないのか、そのどちらでもなく、そのほかの理由のためなのか、非常に気になります。タブーのため、真相は今後明らかにされることはないのでしょうか。

創価学会ではないようです。
音事協に深い影響力を持っている芸能界のドン、といえばバーニングの周防郁夫氏であり、マスコミにもいろいろ書かれる人物です。
といっても表立って周防氏を批判できる芸能マスコミはいないといわれてます。
創価学会の芸能界への食い込みぶりはつとに有名ですが、それへの批判で追放になるほどこの世界は単純ではないようで、杉田かおるさんももと創価学会員でしたが、脱会しましたが学会員で有名な久本まさみさんと一緒にテレビに出てますから。
杉田さんの自著で創価批判を自ら書いていますが、特段に彼女になんかあったというわけではないし。
かといって創価芸能人批判がおおっぴらに許されてるわけではない、ギブ&テイクなんでしょう、この世界は。

>S.Kさんへ。

創価学会や池田大作批判のそれって、2ちゃんねるで偽造されたものですよ。

元はキンキン(愛川欽也さん)の発言です。
キンキンはそれで地上波から干されました。

 結局、芸能界におけるヤクザの「表向き合法」ビジネスモデルの仕組みをばらしてしまったから干されたのではと邪推します。テレビ局もタレント無しでは成立しないので、たとえ相手がヤクザでも言う事を聞くしかないし、コンプライアンスなど二の次になります。

 芸能界においては、法律を犯すよりも掟を破る法がペナルティーがきついという事が今回の件でよく分かりました。

 以前北野氏は、サイキックで植草一秀氏をからかっていました。今度は自分が大きな不当な圧力で抹殺される事を味わったわけです。これで少しは植草氏の苦しみを知る事になるのでしょう。

ゼンゼン分りません。
どなたかきちんとオシエテ。

北野誠は 事実を語ったかどうか だね!!

マスメディアを含めた芸No(能)界の底の浅さが露呈しただけであろう。
芸能界を牛耳っているかどうかしらぬが、バープロの周防某を追及できぬのは、TV、芸能記者たちの情けなさである。通常であれば、正義のペンでかきたてるであろうに。それができないのは裏の真実があるからである。あるいは、TV局、芸能記者をはじめとする連中が周防某から金と接待漬けにされているのかな?だから批判できない。
大体が、その世界の一員である”汚れ芸人”を、いつのまみか大映画監督だの、人気知事だのと仕立て上げる日本のメディアの浅薄さは、この893社長を芸能界のドンと持ち上げるのと同じ構造である。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

篠田博之(しのだ・ひろゆき)

-----<経歴>-----

1951年茨城県生まれ。
一橋大卒。
1979年より月刊『創』編集者。
81年より編集長。 82年同誌休刊に伴い、創出版を設立して雑誌発行を続ける。
現在は編集長兼経営者。
日本ペンクラブ言論表現委員会副委員長、東京経済大学大学院講師など兼務。
東京新聞、北海道新聞などにコラム「週刊誌を読む」連載。
メディア批評のほかに、犯罪、死刑問題などについても新聞・テレビでしばしば発言。
著書『生涯編集者』(創出版)、『ドキュメント死刑囚』(ちくま新書)。共著は多数

BookMarks

創出版
http://www.tsukuru.co.jp/

最新号
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

-----<著書>-----


『生涯編集者──月刊「創」奮戦記』
2012年6月、創出版



『ドキュメント死刑囚』
2008年8月、筑摩書房

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.