メイン
少子高齢化の暗雲をはね除ける移民1000万人構想 »

多民族共生国家への夢を若い世代に託したい

 人口危機が迫る中、負担が大きくなる一方の日本の青少年は、将来への不安をいだいているせいか、元気がない。留学生として海外に赴く日本人が減少していると聞くが、世界のことに関心を持つ若者が少なくなり、国内にひきこもる若者が多くなったと感じる。人口減少時代の日本は、内向きの縮み志向の国になるのだろうか。日本の若者を絶望の淵に追いやってはならない。

 どうすれば人口危機の重圧をはね返し、明るい未来への展望が開けるのか。その答えは、思い切って移民の扉を開き、多民族共生国家の夢を若い世代に託すことである。これは人類未到の理想社会を目指すもので、日本の若者のチャレンジ精神をかり立てるだろう。

 私はこの数年来、日本と世界の若者の心を惹きつける「国家ビジョン」を示したいと思い、「日本型移民国家」の構想を練ってきた。ここに出来あがったものが、超少子化と超高齢化の人口問題に「移民立国」で立ち向かい、育成型移民政策に基づき50年間で1000万人の移民を受け入れる構想である。

 この構想が実行に移されると、若年層中心の1000万人の移民の協力が期待できるから、30歳以下の少子化世代の負担はかなり軽減されるはずだ。人口危機への厳しい対応を迫られる少子化世代にとって移民は「同志」である。

 「移民」は単に人口危機の日本を救ってくれる存在というだけではない。日本社会の体質を均質性の高いものから多様性に富んだものへ転換させる原動力になる。多士済々が活躍し、生命力が強い「多民族社会」が実現する。

 ひとつ強調しておきたいのは、移民開国で日本再生を目指す以上、「移民の夢がかなえられる日本」に生まれ変わらなければならないことだ。

 私の構想には、国家の行く末を憂える各界の人士から賛同の声が寄せられている。構想を推進する一般社団法人「移民政策研究所」も結成された。

 これは「新しい国づくり」である。明治維新のような大改革へ発展するだろう。このような革命的事業は、幕末の高杉晋作、坂本龍馬の如き、20代・30代の志士たちが決起し、奔走しなければ成功しない。日本の未来を切り開く平成の志士の登場を待っている。

 本論は「移民国家宣言」である。移民政策の立案者の立場から、日本型移民政策の形成過程と将来展望、移民国家の理念と構造、移民受け入れの具体的な仕組み、移民国家日本の未来像などについて語りたい。これを誰よりも読んでほしい人々は、これから「移民」と手を携えて多民族共生社会の樹立に挑む若い世代である。本論が移民国家日本への道を照らす指南役を果たすことができれば、望外の幸せである。

 なお、これから連載する本論は、拙著の小冊子『日本型移民国家の構想(増補版)』(移民政策研究所、09年9月刊)を再構成したものである。移民政策研究所のサイトは下記にアクセスされたい。

http://www.jipi.gr.jp

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6418

コメント (18)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

本当にこの国の20年先を見越せば、今よりも数段酷い少子高齢社会がこの日本を襲い、老老看護
それも一人っ子が両親を介護している現実が当たり前になっているかもしれない。

民主党政策の、子育て手当等が何処まで少子化対策に効果が出るのかは定かではなく(勿論しないよりも数段良いのだが)働き手不足、納税者不足が現実問題となるでしょう。

これまで経験した事の無い人口構成が、経済危機とは全く別次元の危機を国全体で感じ、移民受け入れしかなくなるのでしょうかね。

移民どころか、地方参政権でさえ売国だ、日本崩壊だと騒ぎ、拒否反応する島国根性が多数であろう国民に、果たして大量の外国人を受け入れる度量が有るのだろうか?

まあ、其処まで追い詰められてどうしようもなくなっての受け入れなら認めざるおえないでしょう。

その20年後までに(実際に間に合うには数年の話)、もっと効く少子化対策が有ればいいが・・・
民主党が行う、5倍程度の手当てを出せれば 多分解決するでしょうが、当然だが財源が無い。

坂中様

「移民政策研究所」のサイト、ざっとですが読ませていただきました。
こういう活動をされている方々がいらっしゃる事、心から感謝します。

『 「移民」は単に人口危機の日本を救ってくれる存在というだけではない。日本社会の体質を均質性の高いものから多様性に富んだものへ転換させる原動力になる。多士済々が活躍し、生命力が強い「多民族社会」が実現する。』

こういう考えを、私もずっと実践してきました。
日本で生まれ育った在日コリアンである夫から学んだ事も多くありますし、留学中の子供の成長を見ていても、留学先の国が娘に惜しみなく与えてくれる、様々な「知恵」「知識」には、日本人として開眼する点も多く、何よりそこには「未来」を感じます。

もちろん、全てがスムースに行くわけではありませんが、相互のカルチャーの違いに、「日本人で良かった」と思う時もあり、または「○○人に生まれたかったなあ」と羨む場面もありで、それは個々にアイデンティティーを守ってゆけばいいのであって、それは決して『対立』ではないと日頃からそう思って暮らしてきました。

移民問題の議論になると、必ず「優秀な人材なら受け容れても良い」という意見が出ます。その度に私は首をかしげてしまうのですが、何故、知識や知恵を分け与え、「育てる」という発想が出ないのか不思議でなりません。
夫は、日本に帰化するつもりはないみたいですが、外国人として日本で生まれ、日本に育てて貰った事で、本当に見ていて面白いほど、新しい形の「リーガル・エイリアン」を、日本で生きています。
多分、こういう事をいくら書いても、実際に「移民」若しくはその子孫を間近にしなければ理解しづらいとも思いますが、今、日本の若者が陥りがちの「内向性」を問題とするならば、移民族に見られる新しいエナジーは、決してマイナスにはならないと思われます。

移民しようとする外国人が、そっぽを向く様な日本になっては困ります。日本に住みたい、日本で学びたい、そう思って貰えるような国を保ちたいですね。

 人種差別・排外主義者の坂中英徳殿

 貴殿が現役の入管局長だった頃に、コイズミ・タケナカ政権体制下の意に沿うように、いや寧ろ増幅しさえして、苛烈、無軌道に行った入管行政の作為、不作為とその結果についての責任は一切頬被りですか?

 当該の多くの邦人・外国人・個人・法人に向けられた入管当局からの容赦のない人権弾圧、生存権破壊行為、その悪逆非道の数々について知らぬ存ぜぬは通りませんよ。

 難民申請の悉くを却下→本国送還、特別在留許可申請中の外国人は逮捕・拘束、在留資格認定証申請に対する審査期間の常軌を逸した引き伸ばし→不許可。
 テロ対策と称し、莫大な公金を投入しての全ての本邦入国外国人に対する指紋認証システムの導入、一方で国籍法を改正して、偽装認知などでの不正の入国は寧ろ助長させ。

 そうして入管行政管理下にある様々な現場に対し、混乱と破壊の限りを尽くした後、ご自分はさっさと退職して優雅な天下り生活、そして今度は貴殿が焼き尽くしたその現場に移民イッセンマンニンですか?醜怪極まる売国買弁官僚の最たるものですね。

 入管という組織が、凡そ一切の説明責任、情報開示をしないブラックボックスであるのを良いことに、一体貴殿は何処の勢力の走狗となって、あれ程に狂奔暴走したのか?

 今月4日に報道された横浜入管職員逮捕の件も、元はと言えば貴殿が作った状況の反映なのではないですか?

「国家の行く末を憂える各界の人士」とは誰で、どんな集団ですか?私には前政権を支援していた売国奴勢力にしか思えないのですが。

 卑劣極まりない貴殿の口から多文化・多民族共生、などと言われると、その欺瞞性、過去の所業との撞着振りに、おぞましさすら覚えるものです。

多民族共生という理念を、固有の文化伝統を持つ比較的閉じられた社会に適用するに当たって、どう折合いをつけていくのか。非常に難しい問題であることは間違いないと思います。

この問題の解決には、人口増減や経済的起爆剤という観点のみからでなく、(移民と受入側双方の)心情と意識改革、言語教育その他の社会的受入れ態勢の問題、人権問題、法律上の問題、等々含めた総合的議論が先ず広く起こるべきと思います。

具体的政策は緻密なシミュレーションを経た上で慎重に策定されなければならない。とすれば、まずその理論的根拠となるものを学術的に考究し、世に問うという地道な作業が重視されるべきと考えます。個人的には、移民受入を人口問題解決の手段として強調する事に少なからぬ疑念を抱いております。

坂中氏とその研究機関は固より、他の多くの研究者の研究成果が注目され、以て広く国民に問題意識が共有されることを先ず期待したい。その過程で出てくるであろう感情論や拝外論と真っ正面から取り組む覚悟も無論せねばならないでしょう。

<人を批判することは簡単だ>

私も外国人を雇用していた関係で、外国人に対する入管の扱いには問題があることを感じていた。しかし日本の政治家(特に右翼系)や国民の一部に発展途上国の人間を蔑視する風土が現在もあるのは間違いない。

恐らく入管という役所も、そういった風土があったのだろう。別に坂中氏を擁護するわけではないが、宮仕えの身であれば意に添わないことをやらなければならないこともあるだろう。

重要なことは過去の問題点を反省し、自分の信念を実現するために行動することだろう。私は坂中氏がそういう方であることを期待し、活躍を祈りたい。

神本圭太 様

勉強不足で、坂中さんの事を存じないまま、上に賛同の投稿したのですが、神本さんの書いていらっしゃることは、事実なのですか?

実際、今の日本では、移民に対する様々な手続きは、本当に気の毒になる程、劣悪です。
リエントリーひとつとっても、この東京で、イミグレーションは、電車の便がないような、最果ての如くの場所にあったり、インフォメーションも最悪で排他的な匂いがプンプン漂い、リーガルな滞在をしている者にとっても、何か犯罪者を扱われているような気にさせる嫌な場所です。(夫のリエントリーの手続きでついていった時に感じた、驚愕に匹敵する程ショックだった、日本人としての感想です)
建物だけは、笑っちゃうほど立派ですが・・・。

てっきり坂中さんは、そういう体制を改善すべく活動なさっていると理解した次第ですが、神本さんの投稿を読んで、今までの移民に対する不条理に呆れていた私は、ちょっと混乱してしまっています。
誤解であってほしいと切に願います。

坂本なにがしがどのような人間か、ここに掲載されている文章が、誠意のこもったものなのか、欺瞞に満ちたものなのか、そんな事関係なしで、

私は、移民の必要性を強く感じる。
以前も、ここに書いたが、
中川秀直らが計画した移民1000万は、主に朝鮮半島と中国が対象だったようだが、
東欧、ロシア、東南アジア、西南アジア、アフリカ、南北アメリカ、どこからでもいいではないか。
少し顔形が違っても、話してみれば、悪いやつはいない。

悪くなるのは、仕事を与えないからだ。
与えても、変な差別をするからだ。

現在の、雇用が収縮する日本にすぐ出来る事とは思わないが、経済の好転を待って、少しでも早く実施したらいいと思う。

新しい人口流入は、新しい需要を喚起する。

 LEE 様

 今月1日「インド人一家に在留特別許可 最高裁で敗訴決定後に法相」という報道があったのをご存じでしょうか。
 つまり入管側の強制退去の決定を千葉法相が所謂「指揮権発動」で引っくり返したものです。

 若しお近くに、在留外国人の方や、行政書士など対入管業務をされている方がいらっしゃれば聞いてみて下さい。
 特に90年代の後半、即ち坂中氏が局長に就任してから現在に至る(つまり未だ坂中派が牛耳っている)迄の入管行政とは一般市民の感覚からみてまともかそれとも出鱈目か。
 個々のケースで、温情的・人道的な措置が取られているか、排他的・特に途上国蔑視的な傾向が蔓延していないかを。

 2007年11月から始まった、本邦入国の外国人を見做し犯罪者のように扱う指紋認証システムを行っているのは世界でも米国と日本のみですが、但し米国の場合は、(建前上は?)問題のない当該外国人が出国したらデータは抹消する、としているのに対し、日本は全てに於いて80年間データを保存する、としています。

 元より私自身は「多民族共生国家」の実現はどちらかと言えば是のスタンスですし、一方で 布施様 の危惧することにも同意するものです。

翻って、恰も人種差別の急先鋒であったかのような現役時代の坂中氏が、今になって「移民全面解放」を言い出すのは、何か別の意図を感じて仕様がないのです。

 勿論、そのことと、ここでの投稿で真摯な議論が沸き起こることとは全くの別問題です。

 

<まずは難民認定から>
移民問題は、とてもデリケートです。まずは難民認定を他先進国なみに緩和することから始めたらどうだろう。
時々、テレビで取り上げられる不法滞在の家族の悲嘆は胸が締め付けられます。日本で生まれて日本で育ち、日本語しかできない子供たちが、強制送還されている。日本では将来の夢をキラキラした目をして語っていた子供が母国に送られ、バラックの住まいで、死んだ様な目で暮らしている報道番組を見て、やり切れない思いを抱いた。
両親が外国籍であれ日本で生まれた子供には、日本と母国の国籍の二重取得を認め、二十歳で選べる様にして欲しい。
また、両親には、子供が二十歳まで養育の権利を認めて、日本で働きながら生活できる様にする。
その間、二十年間、法律を守り勤労して税金を納めれば、永住権を与える事とし、親子で暮らせる支援を行うべきです。
まずは、徐々に…。
坂中氏については、背後に中川秀直氏の顔がチラチラしていて、俄かには賛成できない。

移民1千万人を目指す日本!

ちゃんちゃら可笑しくって笑っちゃうよ、です。

何十万人も住んでいる日系ブラジル人を不況といって本国に帰国を
奨励する日本。
合法的に税金を払って住んでいる人達を帰国させる日本が・・・と
言う思いはあります。
逆説的にいえば
大上段に構えて移民政策を変更して1千万人受け入れよう!
としなくても10年以内に
中国人だけでも毎年100万人以上がビジネスや遊学や結婚などのため日本に在住し、日本の企業を買収したり、住宅を買ったり、いろんなスモールビジネスなどを買いまくり、結果として日本の少子化問題も構造不況も解決していくと思っています。
10年後には中国の経済成長や元高によりGDPは日本の3倍以上
、日本の住宅価格は上海の三分の一になるとの予想。
法務局の移民政策変更に関わらず
日本の主要な問題(少子化、経済不動産の低迷)は中国によって
解決されると思いますが皆さんいかが思われますか。

移民によって生ずる社会問題というのは、おおよそ
差別、隔離、貧困

ということでしょう。 
これを完全に解決しえた国はないとおもいますね。
だから、相対的に論ずるしかない。

例えば、
移民問題で、はアメリカが差別問題で はよく対処してきているという印象があります。
つまり、表に出して明示的に 差別問題に苦闘してきた。多く犠牲を払ってきた。血を流してきた。
例えば、日本でも少数者の差別問題があるが、アメリカと比較すると陰にこもっているという
印象があります。表に出ないが、しかし存在している。
日本はアメリカほど明示的に差別問題と苦闘してこなかった。常に陰にこもっている。

ですから、日本が移民を入れた場合、差別が陰にこもって
しまう恐れがある。ここが大きな問題点の一つでしょうね。

日本の絶対差別問題は日本の文化的な土壌とも関連するので、なかなか難しい。
本当に難しい。
そこに 大量の移民を入れた場合、どうなるのか。ここはよく変わらない点です。
つまり、小数の移民を入れた場合と、大量の移民を入れた場合には、何か質的な作用の違いがあるのかどうか。つまり、大量の移民を入れた場合は、差別構造が変わってくるかもしれない。というのは、
大量の移民が入ってきた場合、移民の側がある程度の多数になるので、そのことが従来の日本人の意識に
質的な変化を促すのかどうか。
ここは分からない点です。

おそらく大量の移民が入ってきたのは、日本の歴史なかでは、古代にまで遡らないとないのでは。
考古学者によると そのころに 大乱があったらしい。まあ、虐殺があったという説もある。
虐殺を経て 統合していくのですが、統合までに やはり大量の血を流している。
虐殺した側は 入ってきた人たちですよ。つまり、列島に入ってきた人たちが 
従来からの原住民を虐殺した。その後で統合していった。

アメリカは明示的に差別問題と苦闘してきた。これに習えば、日本でも、今ある差別問題を
表に出す必要があるでしょうね。表に出して それと常に格闘していく姿勢が必要になると思う。
これが出来ないと、移民を入れた場合、マイナスのほうが多くなるかもしれない。
これは、ヨーロッパを見てそう思います。
ヨーロッパは これまでいれてきた移民が社会的に重石になっている印象があります。 
ヨーロッパは差別と明示的に苦闘してこなかった。
それに対して、明示的にやってきたアメリカはそれほど重石になっていない印象がある。
それは、あくまでも相対的にそうだということです。

要は、移民の受け入れがプラスになるのかマイナスになるのかは、そこのひとびとの対応しだいということになる。
それこそ 本当に移民とうまく付き合っていけて、相互の違いを尊敬し、それらを生かしあっていけるような
社会になれれば、それはその社会というか 国にとって、たいへん大きな武器になるでしょう。
それこそ繁栄の起爆剤になる。その国家は長期にわたって繁栄していけると信じます。

ただ、それは理想論であり、日本にそれが出来ると思われない。

それが出来るというのならば、今それを示さないといけない。
例えば、今いる日系ブラジル人ですね。日系ブラ人が集団で住んでいる地域がどうなっているのか。
結局、日本人とそれらのブラジル人との交流がないと聞いています。つまりは、隔離されている。
この今あるこの状況で 有効な対策が打てないのであれば、大量の移民を入れてもうまくいかない確率が
高い。

だから、「それは理想論であり、日本にそれが出来ると思われない。」ということになるです。

何度もいいますが、移民を入れてプラスになるのかマイナスになるのかは、
お互いの文化的相違をプラスと見なせるか見なせないのかの一点にかかっている。
極論すれば、本当に極論ですが、 ここしかない。

「島国」「単一民族」「集団主義」「農耕民族」「同質社会」等々。
いわゆる「日本人論」のキーワードですが、移民を大量に受け入れるとなると、こういう虚構を崩していかないとならないんじゃないかな。
(ついでに「天皇陵」もビシバシ発掘調査しよう)

「日本人論」の動向を批判的に追いかけてきた人間からすると、このサイトの寄稿やコメントを読むと、安易に「DNA」とか「聖徳太子の昔から日本は・・・」みたいな話が多くてうんざりする。

えっ! DNAとか聖徳太子とか
だれも言ってねえだろ。
本当に読んでいるのか

ジョン万次郎さんの意見に賛成。

日本に住んでビジネスしている外国人の話を聞いたことがありますが(日本人女性と結婚),日本はビジネスするだけなら非常にいい,という話でした。外国人にもちゃんと儲けさせてくれるところがいいそうです。田舎でもこういう人が増えてきました。

商慣習などは国によってそれぞれなのは当たり前ですが,日本は社会の階層化が他国に比してまだまだ進んでいないのもその一因と思います。

あと,国際結婚は,本来移民として最も同化しやすい方式であり,外国から来た人達同士が現地で結婚してコミュニティーを増やすよりは,現地との摩擦は生じにくいと思います。国際結婚した人達にとっても日本は住みにくい国でしょうが,2,3代続けて住んで,本人たちがとけ込む努力をしていればそのうち問題なくなってくると思います。

まあ,移民呼ぶならゴーンを呼べ,というのが僕の持論ですけどね。

とりあえずメディアが難民問題と移民問題を意図的に混同して、世の中も区別が付かなくなっていることが最大の問題かと思います。
移民1000万人なら難民1000万人受け入れ・再定住の方が国際的にもウケが良いと思いますよ。
難民受け入れもゼノフォビア的動機で反対するならまず、
「チベット人・ウイグル人の難民受け入れ」
をやれば、強硬に反対しているある種の人たちも、むしろ賛成側に回らざるえないでしょう。
何か誰しもが賛成せざる得ないような事例を作って、そこから少しずつ開いて行けばいいかと思います。

(1)坂中氏の本投稿だけでは氏の主張は理解できません。日経BPのIDを持たない読者にもリンク先の全文を読める様にすべきです。
--------------------
(2)坂中英徳の実績は知りません。
又、『移民政策研究所』も胡散臭い。
しかし坂中氏の下記の主張は時代の流れでしょう。
(引用)『将来の日本国民として相応の法的地位と待遇を保証する方が、日本に骨を埋める覚悟の有能な人材をより多く確保できます。
  (中略)
「外国人労働者」の受け入れには反対する。』(引用終)
--------------------
(3)将来の日本人の受け入れと言う意味では、中学・高校からの留学を増やすべきです。
これは同時に日本人の多国籍対応を促進する意味もあります。
教員の留学生枠も検討すべきです。
--------------------
(4)現状の外国人不法就労者はかなりの事情を背負った人が多く、社会防衛の必要はあります。
しかし、主な問題は不法就労自体ではなく裏社会の拡大と犯罪の増大です。
先行すべきは、振り込め詐欺や不法就労者や犯罪者が生活し難い社会にすることです。
--------------------

>勝本さんへ

あくまで「このサイト」と書いたので、坂中氏のこのエントリーに限定しません。
聖徳太子の話は田中良紹さんの「農協の歴史的変換」のレスには出てきますので、そちらを覗いてください。
(よく考えたら私もレスしていたのだった)

田中さんは他のところで「DNA」を使っていますが、比喩だとしても多用するようだと(私は)少し気になります。

「(聖徳太子の)昔から日本人は●●」みたいな日本人論的な発言が「このサイト」では結構目立つ気がします。
こういうのは自民党体制や官僚支配体制の維持には便利でしょうが、このサイトの趣旨とは実は反りが合わない気がします。

というわけで、
>本当に読んでいるのか
お返しします。

インターネットだから検索機能があります。
直情的なレスはいかがなものでしょうか。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

坂中英徳(さかなか・ひでのり)

-----<経歴>-----

1945年生まれ。
慶応大学法学研究科修士課程修了。
70年に法務省入省。
東京入国管理局長を最後に05年に退職し、外国人政策研究所を設立。
法務省在職時から現在まで、在日韓国・朝鮮人の法的地位問題など一貫して在日外国人問題、外国人政策と取り組み、そのキャリアは35年以上に及ぶ。
その経験と見識に基づき、今後50年間で1000万人の移民を受け入れる「日本型移民国家構想」を提唱している。
現在、移民政策研究所所長・人道移民支援センター長。

BookMarks

-----<著書>-----


『出入国管理及び難民認定法逐条解説』
2007年2月、日本加除出版


『入管戦記』
2005年3月、講談社


『日本の外国人政策の構想』
2004年12月、日本加除出版

『今後の出入国管理行政のあり方について』
1989年1月、日本加除出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.