Calendar

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Recent Trackbacks

メイン

This perfect day アーカイブ

2007年12月21日

乳搾り/the land of milk (and money).

いずれ、乳を生産する動物は飼いたいとは思っていたけれど、現実には本をぱらぱらめくるくらい。牛がいいのか、それとも羊にしようか山羊なのかなんてペット選ぶような感覚であれこれ夢想していただけでした。

続きを読む "乳搾り/the land of milk (and money)." »

2007年12月19日

ゲテモノ化と罰/climate and punishment

バリでの温暖化対策会議は、米国がこれからも交渉を続けることに合意して幕を下ろしました。メディアの論調はとりあえず、めでたしめでたし。でしたが、それじゃ、悠長すぎるんじゃないかしら。

続きを読む "ゲテモノ化と罰/climate and punishment" »

2007年7月10日

長いお別れ・その2/a second long goodbye.

一時は30羽もいた鶏も徐々に行き先を見つけてやり、ついには一羽もいなくなり、朝も夕も、ちょっと気抜けするくらい、勝手の違う日々になりました。これまでは台所に鶏用のバケツがあったのに、それもなくなり、これまた、ちょっと寂しいくらいに勝手が違います。あっけらかん。

続きを読む "長いお別れ・その2/a second long goodbye." »

2007年7月 9日

数週でお別れ/a long goodbye.

引っ越しの日へ向けてのカウントダウンが続いてます。あと3週間もすれば、20数年暮らしたオーストラリアにもさようなら。

というわけで、相変わらず、いろんな締め切りに追われながら、あれやこれやに忙殺されてます。これが見納めかとばかり、いろんな場所やいろんな人、都合のつく限り出かけるようにしており、今週末にはブリスベンまで、パンクの元祖、セインツの再結成公演を見に行くつもりです。かつて音楽関係の仕事を一緒にやってた奴とふたり、夜行列車で出かけ、彼の地に暮らすゴー・ビトゥインズの生き残りとも一献する予定です。

その後もアデレードやメルボルンにも足を伸ばし、それやこれやの一切合切にけりをつけ、強力な蹴りを入れ、来月の半ばからニュー・ジーランドの南島で新しい生活を始めることになります。

続きを読む "数週でお別れ/a long goodbye." »

2007年5月30日

霧の中で立ち尽くす/lost in the bush.

売りに出した家がなんとか売れそうな気配で、うまくすすめば3ヶ月もしないうちにニュージーランドの南島へ向け、引っ越しってな感じになってきました。でもまだ、はっきりしたわけじゃなく、相変わらず、まったく落ち着きません。

続きを読む "霧の中で立ち尽くす/lost in the bush." »

2007年5月25日

怠惰有理!/less is more.

からだの調子が百パーセントではないことも手伝って、毎日毎日、かなりぐうたらな暮らしをしてます。それなりに人並みな後ろめたさも感じますが、下記のようなマンガを見かけると積極的に「怠惰有理!」と叫んでしまいたくなります。

続きを読む "怠惰有理!/less is more." »

2007年5月 3日

五十肩/frozen shoulder.

なんだ、おい、どうしたんだ。友人、知人、読者の皆さんからいろいろ、心配のメールをいただいています。ご無沙汰、どうもすみません。

続きを読む "五十肩/frozen shoulder." »

2006年12月13日

ラズベリー三昧/a bower in the garden.

今年もラズベリーをむしゃむしゃと食べる季節がやってきました。何年か前,ほんの数本、苗木を植えただけ、ほとんど何も世話らしいこともしていないのに,ラズベリーはよく育ち,毎年毎年,実を付けます。気候にあうんでしょうね。地域や気候にあう植物が毎年毎年,こうやってたわわに実を付けてくれると,金なんかちっともなくてすかんぴんなのに、あんまり気にならなくなります。

続きを読む "ラズベリー三昧/a bower in the garden." »

2006年12月 3日

雲を追いかけて/the land of amazing clouds.

永住の地を探す旅に、船に乗るまであと3週間。あれやこれや,ばたばたしています。

続きを読む "雲を追いかけて/the land of amazing clouds." »

山火事/fire still burns.

12月を迎え,標高千メートルの高原は、30度を超す暑さ(日陰)で夏本番。今日は風はあまりありませんが,どんよりとした煙が漂っています。この煙、うちから西へ150キロほどのところにあるマジー周辺で発生した火災の煙だそうですが,この辺あたりまで漂って来るほどの大火のようです。

続きを読む "山火事/fire still burns." »

2006年11月 6日

人生の達人に生き方を学ぶ/an old sage.

3冊まとめての3冊目は「共生共貧:21世紀を生きる道」です。
著者の槌田劭は自分の好きな作曲家,アーヴォ・ペルトと同じ年,1935年生まれだそうですから,今年71歳になる人生の大達人です。もともとは京大などで教えていた科学者ですが、1973年に第一次オイルショックの経験から,地元京都で「使い捨て時代を考える会」を結成,リヤカーを引いて古紙の回収から生活の見直しを始めた脱石油時代型暮らしのパイオニアです。

続きを読む "人生の達人に生き方を学ぶ/an old sage." »

2006年10月13日

減量/downsize me.

いま,減量に取り組んでいる。
といっても自分の体のことじゃない。そっちの方は,ここ30年,増量しようと懸命に食べているのに,相変わらず背も伸びず,重くもならず,あらあら,相変わらずのていたらく。

続きを読む "減量/downsize me." »

2006年9月26日

このご時勢に/fly no more.

週末には気温が上がり,時速100キロを超す突風が吹き荒れ,ニューサウスウエールズ州だけで50を越すブッシュファイヤーが発生した。十軒近い家屋が焼失し,焼死者も出ている。火は沈静化したとはいえ、まだ現在でもあちこちで燃えている。まだ,9月だというのに、すでに本格的な山火事の季節だ。

続きを読む "このご時勢に/fly no more." »

2006年9月21日

春が来た/hair yesterday, gone today.

今朝,髪を切りました。
毎年この頃になるとやる春の儀式。特に日にちは決まってませんが、気分として,そろそろ春かなという時,あっという間に行われます。蛇を踏みつけそうになったり,ひいきのフットボール・チームが今季最終戦を戦った午後とか,あの花この花,咲き始めたのに気づいた時とか,諸々の理由がきわめて主観的に加味され総合判断します。まあ、あーだこーだ言っても結局,人間の摂理,自然の摂理なのか、だいたい今頃,昼と夜の長さが同じになるころが多いのですが。

続きを読む "春が来た/hair yesterday, gone today." »

2006年9月11日

平和をおねがい/Da pacem Domine

何年前かのこの日,たぶん,かの地のクラシック音楽専門局では、この人の曲を何曲かかけていたに違いない。だって,この人の誕生日だもの。

ラジオ局で選曲の仕事をしていたら,これほど使いやすい理由はないものね。自分が好きだからってだけだと他人をなかなか納得させにくいけど、「今日は35年生まれの作曲家の誕生日です。続けて3曲お聞きください」なんてね。安直だけど,説得力がある。

続きを読む "平和をおねがい/Da pacem Domine" »

2006年8月14日

左うでの夢/left-handed dream.

なんぼかちゃくちゃねえ。
IMG_0594.JPG

続きを読む "左うでの夢/left-handed dream." »

2006年7月27日

ふああ〜っ/oil's well.

今朝はどかんどかんと金属がぶつかる音で目が覚めました。寝ぼけてたにしても、ひょっとしてイスラエル軍かしら,なんて一瞬どきっとして、でもまあ,連中にしても,ここまでは侵攻してこないだろう、いまのところは。なんて。

続きを読む "ふああ〜っ/oil's well." »

2006年7月17日

冬は厳しく/winter is hard.

北半球はかなり暖かめなようですが、うちの近辺、今年は例年にない寒さで、7月にはいり、ちらほら、はるのようなポかポかな日もありますが、まだまだ冬はこれからが本番です。朝、鶏を小屋から出し、エサを与えに出ると、一面、雪でも降ったかのように白一色、霜のおりる朝もあります。

続きを読む "冬は厳しく/winter is hard." »

お久しぶりです/Long time no see.

もともと、うちのピュータから記事を投稿できず、あちこちを経由して投稿するってことで対応してきましたが、途切れがちになり、すみません。ここしばらく、新しいピュータを買うことについて、いろいろ考えていました。地主の高野さんあたりには「何をバカなことで悩んでんだ」って笑われそうですが、大したことなんですよ。読者、友人、知人の皆様、いろいろ御心配をかけ、すみませんでした。

続きを読む "お久しぶりです/Long time no see." »

2006年4月19日

紅葉/here comes autumn.

例年より一週間遅れで夏時間が終わったと思ったら急に寒くなりました。今朝は標高千メートルの高原に南極おろしの冷たい風がぴゅーぴゅーと吹いて、気温は5度。ぶるっ。吐く息が白く見えます。まだ、一日中は焚いてませんが、日が暮れると、ストーブのまわりで過ごす時間がだんだん長くなります。

autumn060419_1.jpg

autumn060419_2.jpg

玄関の正面にあるもみじの木もすっかり色付いてきました。うちの庭には食用の木ばかりだと思われているようですが、鑑賞植物もたくさんあります。ユーカリやアカシアなどオーストラリアの植物は季節感があまりないので、サクラやもみじなどで季節の変化を愛でようという魂胆。春は花見、秋は紅葉、自宅にいながら楽しもうというわけです。今は本当、毎日毎日、紅葉狩り。してます。

続きを読む "紅葉/here comes autumn." »

2006年4月14日

誰でもテロリストになれる時代/an easy way to become a terror suspect.

ひでー世の中になったことは実感してるし、簡単に怪しまれて、テロリストの疑いをかけられることなんてあり得ることだ。わかっていても、実例を突き付けられると、しばし唖然としてしまうことがあります。

英国で20年も30年も前に流行った曲を聞いていただけでテロリスト扱いされた事件が4月5日付けのデイリー・メイル紙に載っています。

事件が起きたのは英国ティースサイドの町。タクシーの運転手から危険人物を乗せたという通報を受けたこの町の警察は、ロンドンへ向かう飛行機を止め、乗客のひとりをテロ容疑者として逮捕、抱え降ろし、取り調べをしたのだそうです。

続きを読む "誰でもテロリストになれる時代/an easy way to become a terror suspect." »

2006年3月16日

パンクス・ノット・デッド/Roger is a punk rocker.

昔、バンドのマネージメントをやっていた頃、「マネージャーになるのはベーシスト失格者」がキョーカイの通説だった。「失格」かどうかは分からないが、たしかにまわりを見回すと、以前、バンドでベースを弾いていた者が多かったし、バンドの中でマネージャー的な役割を果たすのはベースの人間が多かった。

昔、一緒にニック・ケイヴやノイバウテンなどのマネージメントをやったロジャー・グリーソンもベースギターからの転向組のひとりだ。70年代後半、シドニーでソウト・クリミナルズ(思想犯)なんて、オーウェルの「1984」から名前をいただいたパンク・バンドでベースを弾いていた。

続きを読む "パンクス・ノット・デッド/Roger is a punk rocker." »

2006年3月15日

ガマグチヨタカ/tawny frogmouth.

img060315_1.jpg

img060315_2.jpg

うちには時々珍しい客がやってきます。

醸造したビールを瓶詰めし、残り滓に小麦粉を混ぜパンを焼き、次のビールの仕込みをし。なんて午後、ふと、ベランダのほうを見るともなしに目をやると、見たこともない鳥が手すりに止まってます。大きさは40センチくらい、全体に茶色がかった鳥です。

調べてみると、トーニー・フロッグマウスという鳥でした。日本語の辞書をあたるとガマグチヨタカ。ガマグチってのはフロッグマウスの直訳のようですが、口がカエルに似ていることからこう呼ばれるそうです。このあたりにもかなり普通にいる鳥ですが、これほど近くで見るのは初めてです。

続きを読む "ガマグチヨタカ/tawny frogmouth." »

2006年3月10日

いくつかのコメントヘの答え/on the road with...

何ヶ月前かに誘われてはじめたブログに、いろいろコメントをいただきありがとうございます。ブログやウエッブが双方向のメディアである、しかも即時のメディアであるってこと、あらためて痛感します。

続きを読む "いくつかのコメントヘの答え/on the road with..." »

2006年3月 3日

退学/my trial and terror

IMG_0298.jpg
はっ。
これまでの人生もかなりずっこけだらけで、自分でも呆れてしまうほどで、それから考えれば、まあ。何週間か前、大学に入学し新しい生活をはじめたと思ったら早々、退学です。あーあっ。これで3度目。だから、学歴は相変わらず、高卒(大学中退)のまま。
あーあっ。

授業に出たのはわずか2週間足らず。やはり、基本的に高卒を対象とした授業は、予想してはいたものの、なんとも退屈。新しく学ばなかったことがまったくないわけじゃないし、高卒の連中との会話はとっても楽しかったし、刺激されることもたくさんあった。んでも、時代認識が違い過ぎて、オイルピーク後の社会に暮らしているという切迫感がないし、それにあわせるにはこちらが性急すぎるようだ。「行動」を説くのに、実際、行動していない連中にあわせているだけの時間は残されていない。
などなど。

続きを読む "退学/my trial and terror" »

新刊のお知らせ/new release info

えーっと、去年書いた本が3月10日に発売されるそうです。
3月10日ってのは60年以上前になりますが、東京大空襲のあった日で、それについてラジオ・ドキュメンタリーを10年以上前に作ったんで、それなりに思い入れのある日付けです。

本は空襲にはほとんど関係なく、「人工社会」です。あんまり何のことか、分かりにくいかもしれないので、下記にちょいと紹介しておきます。機会があれば近所の本屋や図書館でぱらぱらして、感想や御意見をお聞かせ下さい。

また、これに興味を持って、紙や電波、ウエッブサイトにブログなどの媒体で紹介していただける方はご連絡下さい。何冊か、宣伝/書評用があるはずです。

続きを読む "新刊のお知らせ/new release info" »

2006年2月25日

化石燃料の創造的な使用?/creative use of fossil fuel?

こもんずの地主、高野さんに誉められたと思ったらこの有り様で、3週間以上も何も上げらてません。もともと、自分のところからアップできないという環境を無理矢理に隣へねじ込んで解決してたのに加え、うちにいない。コンピューターへのアクセスが週のうち4、5日はない。伝えたいこと、伝えたいニュースはたくさんあって、たくさん、それなりに書き出したもののもありますがまとめるまでには至っていません。それはおいおい。

うちにいない大きな理由はここから160キロほどの町にある大学に入って、エコロジカルな農業ってのを学び始めたことです。これがまあ、これまでの生活パターンを大きく変えないといけなくて、それなりに大変。

続きを読む "化石燃料の創造的な使用?/creative use of fossil fuel?" »

2006年1月30日

風の吹くまま/Where streams of whiskey are flowing

1年の計なんて言いながら、農業を学ぼうかなって大学に願書出したら通ってしまった。「エコロジカルな農業」って3年間のコース。「エコロジカルな農業」って「持続可能な発展」と同じくらい、形容矛盾がありそうな気もしますが、まあ、こちらで農業と言うと商業的、工業的な大規模農業を指すんで、それとの対比かなってくらいに受け取ってます。

続きを読む "風の吹くまま/Where streams of whiskey are flowing" »

2006年1月16日

1年の計/Tabula rasa

年があらたまるとって、あんまりあらたまることはしない方だけど、また、いちから何でも始められるような気分になるのはありがたいことで、だから、忘れないうちに今年、というか、これから12ヶ月のあいだにやりたいこと、取っ掛かりたいことをメモしておこうと思う。

続きを読む "1年の計/Tabula rasa" »

2006年1月 2日

ずくなしのごた息子、新年の戯言/Head uut aastat!

2006年が開け、そろりそろりと起き出して、日陰にある温度計を見れば35度を指している。どうりで、暑いわけだ。標高千メートの高原でこの気温ならと、ラジオをつけると麓のシドニーでは44度とか45度。暑いぜ、これは。平均より20度とかも上回っているそうだ。

続きを読む "ずくなしのごた息子、新年の戯言/Head uut aastat!" »

2005年12月25日

Mよ、安らかに/Lamentate on Christmas

IMG_0213.jpg

キリストが生まれたとされる日に、死がテーマの作品を何度も繰り返し聞きながら、昨夜、急死を知らされた知人Mのことを思い出している。

続きを読む "Mよ、安らかに/Lamentate on Christmas" »

2005年12月20日

歯なしのはなしとシェイン・マガウアン/Pogue Mahone

入れ歯がゆるゆるになったんで、歯医者に行ったら、修理に何日か、かかるという。それで、何日か入れ歯なしで暮らしてる。上のほう、残っている歯は片手で数えられるくらいだし、下のほうもぼろぼろと抜けはじめている。でも、ものを噛むのに支障はなく、自分では気にならないけど、一緒に暮らす相棒は、お願いだから、笑わないでねと懇願する。そう言われるとよけいに笑いたくなって、にかっと笑って鏡を見ると、まるでポーグスのシェイン・マガウアンのようだ。

続きを読む "歯なしのはなしとシェイン・マガウアン/Pogue Mahone" »

2005年12月11日

古タイヤで家をたてる、その2。A tyred old house #2.

信州安曇野、臼井さんという粋人の経営するシャロム・ヒュッテという粋な宿で働くゴカちゃんがオーストラリアくんだりまで休暇に来たんで、えっさほいさ、一緒にテントと寝袋を担いで、近所で古タイヤで家を建てている人のうちへ3日ほど手伝いに行った。

続きを読む "古タイヤで家をたてる、その2。A tyred old house #2." »

2005年12月 6日

古タイヤで家を建てる/a tyred old house

先週から、近所で家を建てている人のところに手伝いにいっている。この人は古タイヤを使って家を建てている。

IMG_0161.jpg

続きを読む "古タイヤで家を建てる/a tyred old house" »

変わった形の雲/chemtrail?

cloud
今日も天気がいいんで庭に出て、あちこち、あれやこれや、ふらふらして、ふっ
と空を見上げるとにょきりと雲が立っている。立っている、って表現がどうなの
か、わからないけど、そうとしか表現のしようがない。

続きを読む "変わった形の雲/chemtrail?" »

2005年12月 4日

Wild world

夏が来た、なんて言ってたら今日は嵐に停電。

うちの近所でもビールを飲みはじめる頃(午後5時)から空がゴロゴロいい始め、6時ころから土砂降りの雷になった。キャンベラでは折れたの下敷きになって、人がひとり、死亡したそうな。

マスコミはヘロインの運び屋がシンガポールで処刑されたことばかり取り上げている。日本の新聞にも豪州発で取り上げられるほどだ。運び屋が暮らしてたメルボルンでは、死刑執行の時刻に教会が男の生きた年のぶんだけ鐘を鳴り響かせ、昨夜から朝にかけ各地でローソクを灯す黙とう集会も開かれたそうだ。クイーンズランドの州議会は処刑のころ、一分間の黙とうをしたそうだ。いつもや正論を
述べることが多い緑の党の党首、ボブ.ブラウン上院議員まで 一緒になって、あれやこれや、言っている。

続きを読む "Wild world" »

2005年12月 1日

Eternally yours

何日も続いた雨があがり、ちょっと蒸し暑いけど、初夏の陽気に誘われ、庭をぷ
らぷらりぶらぶら、一日が過ぎてしまう。
ちょっと汗をかいて、ぼうぼうにのびた雑草と格闘。寒かったのと、雨ばっかり
だったんで播いてなかった種を播く。あれやこれや、雑草のこと、山火事のこ
と、鶏のことなど色々考えながら。

続きを読む "Eternally yours" »

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.