メイン

mideast アーカイブ

2006年12月13日

暗黙の秘密/Vanunu in a 'democratic' state.

「失言」とやらががぽろり,ぽろり、同じ時期にいくつも出てくると,なんか,そこにある種の意図的なものを感じてしまいます。もちろん、イスラエルの核兵器の開発,保有は、今時、誰も疑うものがいない暗黙で公然な秘密です。みんな知っているけど,おおっぴらにしゃべっちゃいけない,ってやつ。しーっ。

続きを読む "暗黙の秘密/Vanunu in a 'democratic' state." »

2006年12月 4日

カナの大虐殺者、逮捕を免れる/Viðrar Vel Til Loftárása

ニュージーランドで地裁の要求した戦争犯罪容疑者の逮捕に法務長官が介入し、覆される事件が起きた。ここ2年ほどの間に、パレスチナ人が戦争犯罪人として提訴したモファズ元国防相(現交通相)、そしてドロン・アルモグ将軍(元ガザ地区のイスラエル軍総司令官)が同じように逮捕を免れたことがある。

続きを読む "カナの大虐殺者、逮捕を免れる/Viðrar Vel Til Loftárása" »

2006年10月17日

いい加減にしろ!/Dense Inert Metal Explosive.

イスラエル軍はパレスチナの民間人相手に、ありとあらゆる新型高性能兵器や爆弾をぶっ放している。ほとんど石ぐらいしか抵抗する武器を持たない相手に,最新鋭の武器を投入しやりたい放題だ。そして「国際社会」ときたら、見て見ぬ振りを決め込んでいるからたちが悪い。「国際社会」の中でも最悪なのは米国で、消極的にほおかむりを決め込むだけでなく,カネだけでなく新型爆弾を提供するなど残虐行為に積極的に加担しているようだ。

続きを読む "いい加減にしろ!/Dense Inert Metal Explosive." »

2006年7月27日

レバノン侵略に関する南半球関係の短信/war report from down south.

ヒアムの国連レバノン暫定軍(UNIFIL)本部へのイスラエル軍の空爆について、オーストラリア政府はむにゃむにゃを決め込んでいますが、ABCラジオ(オーディオ・ファイル)によれば,ニュー・ジーランドのヘレン・クラーク首相は、それが故意の攻撃であるとはっきりと非難しています。

続きを読む "レバノン侵略に関する南半球関係の短信/war report from down south." »

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.