Calendar

2011年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 東電役員のリスト
メイン
米倉弘昌:財界の原発チアリーダー »

『東電・原発おっかけマップ』

7月中旬鹿砦社から出版される『東電・原発おっかけマップ』は、すでに取り次ぎ拒否が相次ぐほど,きわどい内容の本です。


cover.jpg

この本では原発ムラの住人たちの所業が自宅の住所,自宅の写真,自宅への地図とともに明らかにされます。もちろん、小出裕章,高野孟、奥平正、今中哲二、吉岡斉などの識者へのインタビューを通し、原発漬け社会の構造も明らかにされています。その本から,「はじめに」を転載します。


-------
真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、
村を破らず、人を殺さざるべし
──田中正造

 二〇一一年三月十一日、フクシマを境に、日本は変わった。それまではほとんど耳にすることもなかったシーベルトやベクレルの値に怯え、テラだ京だなんてゼロがいくつあるのか分からない数字に困惑し、それらの数字が表す桁違いなレベルの放射能に生活が翻弄される日々が始まった。
 風は濁り、空気を腹一杯すうこともためらわれてしまう。雨の飛沫一滴にもおびえてしまう。水も野菜も魚もびくびくしながら口にする。土は汚れ、海は犯され、人間は被曝する。百姓は追い立てられ、山ギャルも農ギャルもサーファーも、もはや無邪気に戯れることはない。ガキどもは砂場を追われ、どろんこ遊びもできず、気ままにかけまわる野原はない。
 安全を司るはずの役所も、原発を運転する電力会社も、意思決定をするはずの政府も右往左往するばかりで、何をどうやったらいいのか、皆目見当がつかない。人類は未踏の地に足を踏みいれた。誰も何をどうしたらいいのか、分からない。まるで盲のモルモットかなにかのように、盲のモルモットに手をひかれながら、巨大な象の周りを走り回る。大きな足で押しつぶされる日は避けられない。無邪気な日々は永遠に奪われてしまった。

 地震や津波は天災だ。どれだけ備えようが避けられない。しかし、無邪気な日常を奪ったフクシマは人災だ。人道に対する罪、地球に対する罪、将来の世代に対する罪を犯した人間がいる。
 フクシマのおかげですでにたくさんの家庭が壊され、地域社会も粉々になった。フクシマのおかげでたくさんの人が犠牲になり、これからもおびただしい数の命が失われるだろう。原発による土壌汚染で生産基盤を奪われ自ら命を絶った百姓たち。強制「避難」で生活の場所を奪われ死期を早めた人たち。「計画」停電による交通事故で死んだ人たち。これらもみんなフクシマの犠牲者だ。原発事故の可能性を想像力の外に押しやってきた人間たちの目には、これらの犠牲は見えないだろうし、フクシマがまき散らした放射能でこれから殺されていく命も見えないに違いない。「想定外」などという言葉で言い逃れをする連中は、空虚な言葉を浪費するに違いない。
 本書では、原発、原発社会、原発体制を作り、維持し、拡大してきた人を一人一人紹介する。もちろん、本書で取り上げた原発ムラ住人は、その氷山の一角に過ぎない。いい加減な「想定」をした連中、それを許した奴ら、手抜き、不注意、怠慢のレベルから意図的に原発と心中したいような連中まで、本書に収録できなかった連中がたくさんいる。原発社会は核分裂の迷宮である。きわめて複雑な技術である原発は、きわめて複雑に司法やメディアも含めた政財官学を取り組み、原発複合体の支配する社会を作り出した。複雑な絡み合いのおかげで、責任の所在はきわめて見えにくい。
 しかし、途方に暮れているヒマはない。原発複合体は、すでにフクシマを過去形で語り、青白い不気味な鎌首をもたげはじめている。たとえば、三月三一日、事故からわずか三週間も経っていないというのに、参議院本会議では、ヨルダンに原発を輸出するための原子力平和利用協定の締結が可決承認された。反対したのは共産党、社民党と糸数慶子(沖縄選出)だけ。原発翼賛体制は健在だ。
 六月になると、原発輸出の動きも再び活発化する。東芝と日立がリトアニア原発に応札した。事故後はじめての応札だ。そうかと思えば、永田町では「地下原発」議員連盟なるものが超党派で結成された。時代遅れの構想が埃をはらって、またぞろ持ち出されてくる。見えないようにすれば、文句も出ないだろうというわけだ。九州では玄海原発の運転が再開されそうだ。「原発なしでは暮らせない日本」というデマ捏造のために、今夏は電力各社が「停電」で危機を煽り、国民を恫喝するだろう。気の遠くなるような年月、面倒を見続けなければならない核のゴミと引き換えにつかの間の繁栄をあれこれ、心配するヒマはない。切羽詰まっているんだから。
 原発社会を動かす連中を糾弾するだけでは原発社会は終わらない。高レベルの放射能をじゃじゃ漏れさせ続ける輩にフクシマの血塗られた汚染土や汚染水を送りつけ、自宅に石を投げつけたところで、それは単なる気休め、憂さ晴らしに過ぎない。それほど、原発汚染は社会の広い範囲に及んでいる。除去装置はいくつあっても足りないし、汚泥を処理する方策もない。
 しかし、それでももっと怒っていい。諦観しなくていい。あきらめなくていい。安っぽい悟りなんか捨てちまえ。こんな生活、普通じゃない。いやだと。 そして、不条理な苦痛を押し付ける連中には、少なくとも社会の一線からお引き取り願おう。そうやって、原発時代のがれきをひとつずつ片付けりゃ、新しい時代の扉が開けるかもしれない。これほどめちゃくちゃな扱いされてるんだから「集団ヒステリー」にでもなった方がよっぽど人間らしい反応じゃないか。あの日以来、強いられている奇妙な生活をやめよう。
 複雑な原発社会の解体は一朝一夕には終わらない。それを構成するねじをひとつひとつ緩め、ばらばらにしていくのは骨の折れる作業になる。原発社会を作るのにかかったのと同じくらい膨大な月日とエネルギーがいるかもしれない。電力ではなくガスを使うとか、水素にするとか、原発電気を代替可能エネルギー電気で置き換えるというような小手先の方策以上の知恵や覚悟がいる。なによりも「成長の呪縛」から自分を開放し、右膝下がりのエネルギー低減時代へ歩みを踏み出すこと、慎ましく、分相応な暮らしへと『未来のシナリオ』を描かなければならない。

 あの日を境に、世界は変わりつつある。ドイツは脱原発に踏み切り、イタリアでは九割を超す人(投票率は五四・八%)が原発のない将来を選んだ。震源地の日本の住民は。フクシマにどうおとしまえをつけるのか。「真の文明」をめざして歩みだすのか、世界は注目している。将来の世代も見ている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8151

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ドイツ、イタリアの「脱、反原発」の国民的運動はうらやましいの一言に尽きます。国民投票結果をみると、政治って、国民のレベル以上の政治はないことを実感しています。

日本人はいつから、こんなに心が貧しくなってしまったのであろうか。原発問題の意識が明確に物語っている。私たちの命が危険に侵されることより、電力料金が上がること、また、企業が国外に出ていくことを国民はまだしも、マスコミが煽っている。時代を先駆的にリードすべき言論人の心の貧しさを垣間見ます。

生きること、命の安全安心など心の問題をないがしろにし、物質的生活に重点を置き、何かがなければ生活が破壊されるなどと、物質に重きを置いた人が非常に多いことにもびっくりしてしまう。

あてにできない調査ではあるが、世論調査によると、「脱原発」支持者の数が思ったより低いことが、端的に物語っている。使用済み燃料棒の冷却年数は天文学的年数であり、その間冷却管理しないと、いつでも人間に牙を剥きだすのである。こんなものは、極めて短い命しか持たない人間が使用してよいものかどうかの判断ができない人は、「愚か物」としか言えない。

「脱原発」の構想を打ち出した菅総理、いつの間にか個人的見解にダウンしてしまった。菅総理の根性無しを言うより、如何に原発推進」の圧力が強いかに想像力を働かすべきでしょう。

一国の総理が発信したことの意味は大きい。我々国民は菅総理を批判することなく、誰も言えなかったことを菅総理が発信したことに感謝して、反原発運動の起爆剤にしなければならない。

国民は、原発をなくす運動の輪を広げなければならず、私なども最後の御奉公と考えて、「反原発」「脱原発」デモには。積極的に参加していきたい。

全国的に地元選出の国会議員に、今後30年から50年で原発依存をゼロにするエネルギー政策を問い詰め、市民が訴えることが一番効用が大きい。

100歩譲って再稼働させるにしても、ストレステストのようなシミュレーションなど条件変えれば、危険性をすり抜けてしまうようないかがわしいものでは到底再稼働を認めることなど出来ない。このことを国民は胆に命じるべきだ。努々、ストレステストなど、原発推進するためのいわば気休めであり、原発システムの安全性を確保するものではない。

 既に破綻したこれまでの安全基準を全面的に見直し、地震、津波、巨大台風、巨大竜巻、大雨、不測の原発テロ等に対し、歴史的事象も考慮し、しかるべき対策を施し、これに合格すれば再稼働を認めることが最低の必要条件となろう。

補助金、交付金で縛られた全国津々浦々の市町村の自治会組織体質が今もなお、明治以来脱皮していないことは、エネルギー消費こそすれ、供給法には政策的に主権者国民の意に反しようと、そうでなかろうが、国策故に口を出さないという保守思想、自治会でありながら、宮台教授曰くの「自治の概念がなく行政官僚依存社会から抜け出ていない」ことが大問題なのである。ことエネルギー政策は日本は原発社会主義国家であり原発独裁国家である。日本人の多くも偉そうなことは言えない、北朝鮮人民と大差ない。

呆れかえることに原発は危険性がなく、安全と信じ込まされ、騙されてきたのであることに未だ気がついていない人がいることだ。

福島第一原発人災はマスメディアも加担してきたことは間違いない。大いなる反省と検証が必要だ。最近の朝日ゴミ新聞の社説特集からすれば脱原発に180度切り替えたようだ。まともな原発推進報道検証をやれといいたいものだ。

それにしてもNHKnw9の大越健介キャスター報道は劣悪だ。原発推進勢力がNHKのバックにいることを痛切に感じさせる。放送法に完全に抵触しているのだ。何のために国民からあまねく視聴料を払わされているのか、払う意味が無い。NHKは報道の仕方からすればもはや公共放送ではない。何としてもNHK放送法を改正すべきである。これも併せて、地元選出の国会議員に意見を正さねばならない。

上記本文中に福島とありますが福島原発又は東電原発と書き換えて頂きたい、何故なら福島だけなら福島が加害者との誤解を受け、例えば福島ナンバ-の車に石を投じられる様な出来事が発生している。とんでもない誤解を福島は蒙っている。福島は被害者なのです。東電を生かして置くのは全くの無神経で、即刻解体させて全資産を没収し被災地福島の復興に使用させるべきと考える。現在政府は出来るだけ早く原発避難民の帰宅をと言っては居るが、少なくとも60km以内は人間の住める所とはとても考えいない。簡単に除染とは言っても真剣に考えてそう容易に出来るとは思えないからである、現実に政府の方針も常に紆余曲折し確たるデ-タ-をベ-ス真に説得力のある説明がなされていない誠に慚愧に耐えない。
現在の日本には実は原発がなくとも電力の供給力は十分備えてあることを知っているのは少数ではない筈だ、即原発は止めて若干の二酸化炭素の問題はあろうが、全国民が一丸となって早急に脱原発により一層の協力をすべき時ではないか、わが国のマスコミももっともっと、この国難を真剣に考えて欲しく老体ではあるが今後の国の行く末を案じている。

やっほ==
無事帰った?
先日は楽しかったです。

マップ・・・長野にいっててまだ入手してません。
5000人ぐらいのフリーイベントでした。

このブログ、若い書き手がいなくないですか?

できたら、もう少しカルチュラルスタディーズ的な視点から、僕も加えていただけたり・・・できたら嬉しいと思いました。

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.