Calendar

2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

« しばらくムバラク?/All the young dudes.
メイン
砂漠の誤解か(ウィキリークス)/Memories are made of this. »

サウジの埋蔵量は水増しか(ウィキリークス)/how long?

IEAが去年の「世界エネルギー展望」という年次報告書で「在来型原油の生産ピークは2006年だった。もうこれからそれが上向きになることはない」と報告して以来、「ピークオイル」という言葉はかなり普通にあちこちで目にするようになりました。しかし、(IEAを含めて)意味が分かっていない人が多いですね。


昨日もイギリスのガーディアン紙がウィキリークスが暴露した外交電を転載しています。ウィキリークスが暴露した5つの外交電は現地のアメリカ大使館から国務省に送られたものです。外交官の目から見て「極秘」だとか「秘密」としただけで、ピークオイルを追ってきた人たちにはとりたてて目新しい内容はありません。これまで秘密のベールに包まれてはいたものの、すでにかなり想像がついていたこともたくさんあります。

たとえば、2007年12月10日付けの外交電では国有石油会社のサウジ・アラムコの元石油探索生産部長のサダド・アル・フセイニの公称確認埋蔵量(7160億バレル)が4割程度も過大報告されているという発言を引用しています。まあ、これなんかも、すでにピーク論者の間では当たり前に考えられていたことです。
(自分のようなシロートですら5年前にこんなことを書いてます。水増しされたクウェートの原油埋蔵量

アル・フセイニはまた「ピーク・オイル説には組しないものの、世界の原油生産は5年から10年以内に高原状態に達し、15年くらい続いたあと、減少し始めるだろう」と述べたとされています。この発言がなされた時期から察すると、早ければ2012年には「高原状態」に達するかもしれないということです。アル・フセイニはは組しないとは言うものの、認めていることはピーク・オイルそのものです。彼が組しないというのはピークオイル「説」で言及されるピークの大きな影響のことかもしれません。
その点では、昨年「2006年が原油生産のピークだった」と認めたIEAにしても同じで、エネルギー展望でも「だから、どうだったっての?」という立場をとっています。ピークオイルがただ単に原油生産が頭打ちになる、これ以上伸びないだけだ。だからどうなのって論調は、昨今日本のメディアでも目にします。
例えば、こんなのがあります。
近年、ピークオイル論が法華の太鼓のように声高になる中、将来のエネルギー問題は、我々の生活の屋台骨を揺るがしかねないことになってきているわけだが、 今回のブラジルの巨大油田の発見と開発のニュースは、この、エネルギー問題を、緩和させる、あるいは薄れさせることとして、大いに歓迎されるべきことである。 

油田発見のピークは1964年のことです。もう50年前のこと。カリオカ油田のようなのがボコンボコン、それこそ「だんだんよくなるなんとやら」なペースで見つからないのはなぜなのでしょう。50年の間に技術は進歩しなかったのか。金もばんばんつぎ込まなかったのか。

この筆者もアル・フセイニやIEAと同じで、ピークの意味がまったく理解できていないようで、だからどーなのと。2008年以来の不況はどうなんだ。それと同じこと、もしくはもっとひどいことがわずか3年後の今年繰り返されようとしている。その理由はなんなんでしょう。
「法華の太鼓のように」繰り返すのは、これからの石油ショックが恒常的なものであり、石油の有用性、エネルギー収支のよさを考えると、現在のようなぬるま湯につかった社会は続いていけないからです。現代人はぬるま湯から自ら抜け出ることができるのか、それともどんどん冷えていく風呂の中で風邪を引いて、最悪、こごえてしまうのか。そういう岐路に立たされている。そういう時代に主体的に、現代社会という暴走列車を止めることができるのか。行く手には線路が途切れてることをしかっと目を見開き、見ようとするのか。これからの道のりは、がつんがつんとケツがどんどん痛くなっていきます。乗り心地は悪くなるばかりです。しかし、今なら、まだ社会を補修するだけの資源が残っている。それを浪費するのではなく、エネルギーが減少する将来のために使うことができるのかどうか。
自分たちが生きているのはこういう希有な時代なんです。そういうまれな時代にはそれにふさわしい見方が必要になります。そういう見方を欠いたまま、TPPがなんちゃらかんちゃらって言われてもねえ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7837

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

私は三十代だけど、子どもの頃に「君たちが大人になる頃には石油は無くなる」と言われてきて、そろそろじゃないか、と漠然と考えていたけど、やっぱり、そこまで来ていて、小さなことだが、最近のガソリン代の高騰にも影響しているのかな、と考えなくもない。
ただ、その割には代替エネルギー開発の話ってどうなっているのだろう?
今の日本の施策のほとんどは『節約型』や『効率化』であって、結局は一気に使うか、少しずつ使うかのレベルでしかなく、結末は早いか遅いかだけで、しかも国内の話だから、中国や米国と言った大量消費国家が無駄遣いする限り、どうにもならないのではなかろうか。
都市部の人たちの中には「自分は車を使わないから地球環境に優しい」と勘違いしている人もいるかもしれないが、家庭や会社、街中の電力消費や通勤通学で使用する電車を思えば地方以上にエネルギー資源を使っている現実があるだろうけど、それを節約しているという話はあまり聴かないし、なんとなく『ガソリン』だけが悪者になっている気がする。
人と言うものは、今の生活レベルを下げて生きることができる生物だとは思わない。ましてや人口が多い新興国の台頭を思うと、エネルギー需要はますます加熱していくと思うのだが、原子力や風力、水力、太陽光と色々考えられてはいるようでいて、それなのに実用化されているのかどうかとなると疑問を感じる。
なぜ、代替エネルギーの研究は進まないのだろうか。いや、進んでいるのかもしれないが、目に見える形で進んでいるかどうかと問われると、まだ世界は石油に依存しているような気がするので、やっぱり進んでいないのではないか。


無から有を作れるほどまで人間は到達できないので、やっぱり生活レベルを落とさないという前提をひっくり返さないと、エネルギー枯渇の時代を生き抜くのは難しい気がしてならない。

mixiの「ピークオイル」コミュで、この問題の検討を行っています。。
ガーディアン紙の記事の和訳や、1980年代からの「水増し?」の推移のグラフなど。
関岡正弘さんによれば、そもそも水増しが始まったのは、opecの生産量割り当てにおいて自国の割り当てを増やそうとしたから。今回ニュースのように「外国からの投資に拍車をかけるため」という説明はあまり聞いたことがありませんでした。
今後の動向が気になるところです。

revolutionさん、コメントありがとうございます。壮ですね、これまで通りの暮らしを維持するために何か石油の「代替」となる燃料があるかと言えば、残念ながらないのが事実です。それほど石油は効率の良い燃料なのです。まずは、その事実をしっかりと頭に叩き込むことで、これからのエネルギー下降の時代の暮らし方が見えてくることだろうと思います。

中島さん、ピークについて話し合う場が設けられていることをありがたく思います。『未来のシナリオ』をミクシぃの皆様にも一読くださるよう、お願いします。
はい、それではまた。

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.