Calendar

2011年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 銛/Like a harpoon in my heart.
メイン
水色の自治/Plastic passion (is hard to handle). »

地方の、地域の人々の草の根の動き/relocalise now.

先日紹介した「TPP反対の大義」に収録される文章で関曠野はこう言っています。

そうした方向転換を中央の政府には期待しない方がいい。おそらくそうした転換は地方の、地域の人々の草の根の動きとして始まり、 それが自治体を動かし、自治体が国を突き上げる形で始まるだろう。そこに日本の未来があることを、私は確信している。

関が「地方の、地域の人々の草の根の動き」と呼ぶ活動が自分の田舎の信州安曇野(この呼称は実はあまり好きではありませんが、それはまた別な話)で展開されるようです。ぜひ、お誘い合わせて参加ください。

ーーー<転載>ーーー
安曇野からのカントリーメール

今年の春からの講座の案内をさせて戴いたところ
たくさんの申し込みがあり感謝しています。
1年間安曇野に通うことで新たな発見とつながりが生まれることと思います。
まだゆとりのある講座もございます。
参加をお待ちしています。

興味のある方に ご紹介戴くと有難いです。
--------------------------------
■自然から学ぶ~心地よい暮らし 募集中
■安曇野自然農塾           1次募集締め切り一月末
■安曇野家族田んぼの会       募集中   
■安曇野家族かまどの会       募集中
■安曇野パーマカルチャー塾 キャンセル待ち若干名募集中

--------------------------------
■自然から学ぶ~心地よい暮らし
ヨーガ、アーユルヴェーダをベースに マクロビオティック、パーマカルチャー 
自然農、自然体験 手仕事 など 持続可能な心地よい暮らしを学びます。
食事はアーユルヴェーダを基本としたヘルシーな菜食メニューを
料理教室で一緒に作ります。
期 間:2010年4月~11月までの月1回 土日の1泊2日、全7回
参加費:5万2千円
http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/oneearthclass2011.htm
■安曇野自然農塾
信州安曇野の自然の中、一年を通じて自然農を学び、
自分の畑で作物を作り いのちの営みを感じてみませんか?
開催日程:2010年3月~12月の全10回
受講料:8万円
http://www.ultraman.gr.jp/sizennou/2011azuminosizennoubosyuyoukou.htm
■田んぼの会    
昔ながらの農作業を家族で体験します。家族連れも大歓迎
参加費 1000円 年4回
http://www.ultraman.gr.jp/shalom/tannbonokai2011.htm
■かまどの会
素敵なかまどとアースオーブンを使ってのアウトドアークッキングです。
参加費 年間1800円 年5回
http://www.ultraman.gr.jp/shalom/kamadonokai2011.htm
■安曇野パーマカルチャー塾  キャンセル待ち募集中
開催日程:2011年3月~12月の全10回(1泊2日または2泊3日)
受講料:10万5千円
http://www.ultraman.gr.jp/perma/2011bosyuu.htm

どれも人気のあるワークショップで定員になりお断りすることが多いです。
早めにお申し込みください。
お逢いできるのを楽しみにしています。
ーーー<転載終了>ーーー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7780

コメント (2)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

だいぶごぶさたしています。実家が福島で、日本と中国の雑誌に長めの原稿をいくつか書きました。
島に引っ越したの?
最近行ってないんで・・・。
連絡とりたいです

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.