Calendar

2010年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 新たな高み/(What will you do) After the News?
メイン
狂牛の次は狂大豆?/It's a very, very, mad world. »

トンデモな時代の幕開け/Welcome to the brave new world.

人間の必要はよく衣食住と言われます。どれも大切なものですが、食べることは毎日毎日のことで、それをやめてしまえば、何日かで生死に関わる問題になります。食べ物を生産したり獲得することは生存にかかわる基本的な権利なのです。


その食料は現在、どんな形で生産されているのでしょうか。農業に関わる人口は日本など先進国では1割以下になっています。つまり、たいていの人が自分の生死に関わる作業を誰かにゆだねているわけです。
スーパーの棚を見れば、軒並みアメリカ産、オーストラリア産、ニュージーランド産、チリ産、ノルウェー産などの鮮魚や肉、野菜が並んでいます。加工食品の原料を見ていけば、それこそ、世界中からの産品が詰め込まれています。これらの食品を生産したり、加工したり流通する作業はどんどん企業がやるようになっています。頭がくらくらしてきます。まあ、これがフツーだと考えれば、TPPもFTAも仕方がない、当然の流れだってことになるのでしょう。でも、これは本当にフツーなのでしょうか。かなりトンデモなのではないでしょうか?
映画「フード・インク」は、こういうトンデモな現在の他人まかせ、企業まかせの食のあやうさを描く作品です。企業は金儲けのためならば、何でもやる。放っておいたら大変なことになる。
この映画の共同制作者でもあり、作家のエリック・シュローサーは今年7月24日付けのニューヨークタイムス紙の意見欄
「アメリカでは毎日20万人の人が汚染された食品のおかげで食中毒にかかっている。毎年、食中毒で病院に運ばれる人は32万5千人にも上る。そして、2003年以来、イランやアフガニスタンで殺されたアメリカ兵とほぼ同じ数の人間が毎年食中毒で命を落としている」
と書いています。

じゃあ、どうしたらいいのか。

11月29日、アメリカでは食の安全管理を強化する目的で食品安全近代化法案(S.510)という法案を上院本会議に上程するための討論終結決議(Cloture vote)の投票が行われ、74対25で可決しました。
アメリカの立法の過程はそれほど詳しくないので、間違っているかもしれませんが、調べた限りでは、このあと60日以内に上院本会議で、さまざまな修正が加えられ最終的な投票になるようです。今回の投票結果から見て可決されるのは間違いないでしょう。
そのあとは、すでに下院ではs.510の下院バージョンである食品安全強化法(H.R. 2749)が2009年の7月に283対142の圧倒的多数で可決されているので、両院の法案がすりあわせられたあと、大統領の署名を受けて発効ということになります。
この法律の根幹は役人が食の安全に目を光らせるということです。監督官庁である食品医薬品局(FDA)が食品の安全を決め、違法なものはびしびし取り締まる。前述のシュローサーの記事も、汚染食品が出回るのはは企業に問題があるからで、それを監督する官庁の権限が強めればいいとS.510の早期法制化を呼びかけています。

しかし、それで果たして問題は解決するのでしょうか。企業や政府に人間の生存をゆだねるという構造そのものが問題なのではないでしょうか。それをないがしろにして、他人に自分の生死をゆだねてしまって、本当にいいのでしょうか。S.510が突きつける問題の核心はそこにあります。

5年前にNAISという動物管理制度について「狂牛病時代」という記事を書きました。今度の S.510とまったく同じレトリックであることがわかります。NAISは、狂牛病やら鶏フルを予防し、拡大を防ぐためにすべての家畜にマイクロチップを埋め込み、生まれた時から屠殺されるまでその居場所を把握し、移動をチェックするというものです。「安全管理がしっかりしない」裏庭や小規模農家を排除しようとするものです。食品安全法も似たようなもので、サルモネラ菌やら大腸菌やらがついた危険な食品を流通させないように、「安全管理がしっかりしない」連中を排除しようということでしょう。シュローサーには、残念ながら、そこのところが見えないようです。

S.510にはとりあえず、年間のグロスの売上が50万ドル(約5千万円)以下の小規模企業、また275マイル以内で消費されるものは適用しないという修正がなされており、法律ができても、今すぐに家庭菜園が違法になったり、お裾分けができないということはなくなりました。しかし、いったん法律という枠組みができてしまえば、あとはどんどん厳しくしていくことは簡単なことです。事務手続きを煩雑にしたり、免許制にしたり、登録料を上げたり、そんな方法はどんな間抜けな人間でも簡単に想像がつきます。種にしても、市場に出回るのがF1ばかりになれば、法律で禁止しなくたって、自家採種なんかできなくなっちゃいます。固定種を売ってる小さな種屋ですか?そんなの合併吸収したり、潰しちゃえばいい。

自分の家庭菜園がとりあえず引っかからないからといって安心してたら大変なことになります。
近刊の『未来のシナリオ』のなかで著者のホルムグレンは気候変動が発症し、石油文明が分水嶺を超え、エネルギー下降時代に入ると、政府は対症療法的な政策をなりふり構わず導入していく。ファシズムの到来さえあり得ると言っています。アメリカの動きはまさに、その兆候なのかもしれません。

自分の食べ物を作ることさえが過激な政治的な意味を持つ、トンデモな時代に人類は足を踏み入れています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7703

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

御説の通り,とんでもはっぷんの時代ですね。

エネルギーの貯蔵庫である森林資源が、どんどん伐採され耕作地化し、食料確保に貢献すべき植物が、あろうことか、エネルギーに化けてしまう。

増大する人口の食料として貢献するのであればまだしも、高く売れるエネルギーに奪われてしまう。

一人当たりの所得が大きい国であれば、しばらくは対応できるが、所得の少ない国の国民は、飢餓の危機に直面している。

我々、日本人は、平和ボケして、能天気であるから、TPPなど導入され、食料価格が、二倍三倍とどんどん上がっていくとき、国が面倒を全面的に見てくれるなどと、安易な気持ちでいたら、酷いことになってしまう。予想される危機を甘く見て、当面の輸出が重要などと考えていたら、酷い目にあうだろう。

その時わめいても、どうしようもない。真剣に、人口増大と、エネルギー化による逼迫した食糧事情をイメージする賢さを身につけたほうがよいのではないかと,歯がいい気持ちがしてならない。老い先短い私にとっては、どうでもいいことであるが。

企業や政府に自分の生存を委ねるということは、確かに考えさせられる問題ではありますが、有史以来われわれは役割分担することで発展してきましたのも事実でありましょう。
江戸時代に日本人が自給自足であったかというとそんなことはなく、武士階級だけでなく町人も含めて、食について他人任せの人々が居たわけで、この人々が無為徒食の民であったということにはなりません。
現在の日本では一次産業に携わる人口は数パーセントでしょうが、役割分担上そうなっているだけで、各自がその役割を誠実に果たすと言う信頼関係の上に社会が構成されていることを思えば、不思議でも、まして恐ろしいことでもありません。
日本には「見ぬもの清し」と言う言葉があります(私の住んでいる地域だけでしょうか)。
実際はどうか分からないが、みんな誠実に役割を果たしていると信じよう、信じられないなら自分でやるより使用がない。という若干諦観の気分と、信じることにより社会が成立していると言うある種の哲学が含まれる言葉であると思っています。
そうやって私たちは多少の問題はあったとしても、何とか折り合いを付けて、やってきた訳です。
毒入り餃子事件でも、システム的に常に発生する問題では無いと思います。例えは悪いですが交通事故(実際の被害に遭われた方には申し訳ありませんが)みたいなもので、期待されない事象ではあるが、ある確率で発生すべく発生したものと解釈できます。
その確率を限りなくゼロに近づける努力を怠ってはならないのは勿論ですが。
提供者が個人から企業に変わり、牽制機関として政府が役割を担うようになっても、各自が任せられた役割を誠実に果たすと信じようではありませんか。

yamadataroさん、コメントありがとうございます。
トンデモな時代はそろりそろそろ、どんどん進行中です。気をつけていないと見過ごしてしまうことばかり。
近視眼な惚けは日本人に限ったことではなく、数十億の富裕国に暮らす中産階級、いわゆる「現代人」に共通します。

バイオ燃料関係に関しては下記の記事を参考ください。
バイオ燃料は切り札か
ご飯、それともクルマ?

showさんコメントありがとうございます。農業に関わる人の数は社会で使えるエネルギーの量に比例します。日本では江戸時代だけでなく敗戦ごろまで、かなりな数の人が農業で暮らしていました。現在でも世界的にそのことが当てはまります。エネルギー使用量と農業従事人口の相関関係については、ジェイソン・ブラッドフォードが作成したグラフを参照ください。

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.