Calendar

2010年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Comments

« TPPについて私が知っている二、三の事項/Deux ou trois choses que je sais d'elle.
メイン
クルーグマンの有限な世界/What a finite world. »

ピークと英国/The poms are getting serious.

英国のエネルギー担当相、クリス・フーンは12月16日に放送されたラジオのインタビューでオイルピークに言及し、それが国の舵取り、政策立案に影響を与えるとしています。


「アブラがいつ頂上を越し、生産が減りだすのか、しっかりとはわからない。しかし、国としては、こういうような市場に首根っこをつかまれるようではまずい(...we don't know when exactly the oil is going to start peaking and production is going to start running down, but...we don't as a nation want to be putting ourselves in hock...to these sorts of markets...)」

BBCのラジオ4、トゥデイという番組の中での発言です。
(引用した発言は2分15秒目くらい)

現職の大臣や首相がオイルピークに言及することはまれです。現職の首相ではニュージーランドのヘレン・クラーク首相が2006年4月に言及しているくらいでしょうか。英国ではブレア政権の環境大臣を務めたマイケル・ミーチャーがピークについて発言していますが、現職ではありませんでした。

今年の3月、時のブラウン内閣のエネルギー担当相がピークに関するサミットを開き、ピークの論客、クリス・スケボウスキーやトランジション運動の創始者、ロブホプキンスを招いて意見を聞きました。おっかなびっくり、問題を聞くということで、それがすぐ政策に反影されることはありませんでした。だから、現職閣僚ではたぶんはじめてではないでしょうか。

ピークの時期については、あの保守的なIEAですら、フツーのアブラのピークは2006年だったと過去形で語っているのですから、もっと踏み込んでもよかったかもしれません。しかし、少しずつではあれ、政策担当者の意識が変わっていることは事実です。

英国でここまでピークに関する意識が高まっているのは偶然ではありません。英国はわずか10年ほど前には、イランやクゥエートと肩を並べるアブラ輸出国でした。それが虎の子の北海油田がピークを前のばしして、絞れるところまで絞ってしまったためか、いったんピークに達したあとは恐ろしい勢いで減耗しています。1980年以来25年ぶりにアブラの輸入国になったのはつい5年前のことです。(ブレアと石油参照)

英国では産業界においてピークを死活問題としてとらえ、ピーク・オイル・タスクフォースが結成され,真剣な取り組みも始まっています。これにはバス会社のステージコーチやリチャード・ブランソン率いる航空会社のバージンなど運輸輸送会社だけでなく、ソーラーセンチェリー(英国一の太陽エネルギー企業)などのエネルギー企業が参加しています。

早くからこの問題に関心があり、労働党内閣の再生可能エネルギー諮問委員も務めた(2002年〜06年)ジェレミー・レゲット(日本でも『ピークオイル・パニック』が邦訳出版されている)あたりが中心になっているのでしょう。

いわば、英国はピーク以後の時代にすでに突入している、ピークは際物でも「説」でも傍流でもない。左翼やユダヤの陰謀でもない。それに関して産業界でも取り組みが始まっている、政治の場でもそれなりの興味を引いてきた。今回のエネルギー担当相の発言もそうした理解が世間一般に広がっていること、切羽詰まってきたことが反映されただけなのかもしれません。

日本はどうなのでしょう。まだ、そこまで切羽詰まっていないのかな。それとも自分たちは大丈夫だと思い込んでいるのでしょうか。代替がきっと見つかるだろう、なぜだかわからにけど、そういう期待があるのかな。企業にも政府にも、国民の間にもそういう気持ちがあるのかな。どういう理由にせよ、オイルピークが国会で取り上げられたと聞いたことがありません。企業人でピークを理解している人もあまりいません(数少ない例外はアシスト社のビル・トッテンくらいかな)。

金儲けにあくせくするのもいいけど、真剣に未来のシナリオを考えたほうがいいんじゃないかなあ、という気もします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7717

コメント (6)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

リック タナカ 様

ピークの問題だけでなく、日本人は、全てのことが、何とかなると考えているのが普通です。不思議なことに、なければないで、何とかこなしていく。

忍耐強く勤勉家といえる。今まではこなしてきたが、今後同じように、対処できるかといえば、大いに疑問である。

何故ならば、鉱物資源でなく、サイクル途上にある海陸の植物に依存した場合、途方もない植物の絶対量が必要です。

リック様のお話の通り、環境破壊、特に温暖化を促進することになるし、食料の高騰を招き餓死の危険にさらされる何億もの人間が出てくるのではないか。戦争でなく、餓死は、人間の残虐性を暗示するものではないか。

環境破壊と食糧危機は人類の存在性を破壊するものと、捉える知恵が必要であると思っています。残念なことに、ほとんどの人は、総論賛成、各論反対でしょう。

最近にわかに藻類を利用した燃料油の開発が言われてきました。
しかし太陽光を凝縮してエネルギーに置換する機能がそんなに高いとは思えません。
もし植物の機能がそんなに高いのなら、今頃動物は駆逐されて植物の地球になっていたでしょう。
我々動物は植物の蓄えたエネルギーを食べることによって、更に凝縮して使うという高機能生物なので、だからこそ発展のポテンシャルが高いのだと言われます。
化石燃料は、動物が食べることにより凝縮するという機能を、年月が代わって行った結果、効率よく使えるエネルギー源となったものです。
藻類が有用な燃料を作り出すには、変換効率の制限から、とてつもなく広い農場を必要とし、それは結局他の有用植物(水棲動物も)の居場所を奪ってしまうことになる、と懸念します。
というより、経済性の観点から実用化はそんなに簡単では無いと思います。

yamadaさん、日本人の間にみられる過信についてはおっしゃる通りで、過去に何とかなったからこれからも何とかなるだろうというようなたぐいの思い込みはとても危険なものです。
showさん、おっしゃる通りだと思います。廉価なエネルギーがなくなるにつれ、どんどん質の悪いエネルギーに移っていく時代に、特にエネルギー収支、エネルギー効率という点からの判断が重要になります。

油が取れる量が減り、価格が上がると経済的にダメージが大きく、エネルギーを輸入に依存する日本としては死活問題になるというのは本当にそうだろう、油が入らなくなったとしたらきっと相当困ると思う。

単に経済面だけでなく油の争奪戦などがおこれば世界各地が不安定になり、食糧供給等も怪しい、世界的な相互依存が崩れると思う。

非常に危機的な状況になると思う。

でも私の頭の中ではなぜかある意味危険な考えがあるのも否定できない、自分が日本人で完全に今の便利な社会の在り方にどっぷりつかっているにもかかわらず、油の値段が上がれば単に先進国が困るだけで、自給自足的な貧しい発展途上国等にはあんまり関係ないこと、散々身勝手に資源を使ってきたつけ、別にいいんじゃないの、等と思ったりもしてしまう。

現代文明の発達はすばらしいものだ、という前提で考えるとエネルギーの枯渇は大変な事で、今の生活レベルを維持する為にどうやってその代替案を考え、生み出すかは最重要課題だろう。

現代文明の発達、確かにすごいの一言、ロケット開発なんかは夢がある、情報通信革命は人々の生活を変えた、でも一方で石油利権等を牛耳り世界の富を独占し紛争を仕掛けたり面倒な事をしているのは先進国、もっと沢山、もっと早く、もっと、もっと、が余りに過剰になりすぎなんじゃなかろうか?とふと今の社会生活を振り返ってみたりする。

カネがカネを生み出す投機マネーが世界中の儲け口をハイエナのように日々嗅ぎ回っている今の在り方、そんな事に血眼な人達、一体これらの人々の生活って何なのだろう、、、人間が生きる価値って何?なんて考えてしまう、、、

まつざきさん、コメントありがとうございます。
そうですね、これからどうなるのか、一番てっとり早いのは『未来のシナリオ』読んで下さい。ここに全て描かれています、これからの道筋は。よろしく。

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.