Calendar

2010年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« グスタフとハナ/Gustav'n'Hanna
メイン
石炭ピーク(は思ったより近い?)/Peak Coal may be around the corner. »

ハッピー・オイルピーク・デイ(2)/Happy Oil Peak Day (2)

オイル・ピークについて最初に書いたブログのタイトルは"ハッピー・オイル・ピーク・デイ"。ちょうど今から5年くらい前のことだ。この5年の間に、ピークに対する理解は社会の中で深まってきたのだろうか。少しは備えができたのだろうか。

rick101214_2.png
(World Energy Outlook,2010より転載)

国際エネルギー機関(IEA)は2010年11月はじめに発表した「世界エネルギー展望」という年次報告で、はじめてオイルピークそのものにページを割いている。日本語版のエクゼクティブ・サマリーでは8ページ目で「ピークは朗報か悲報か」という見出しの下で取り上げている。ピークへの言及が去年まではまったくなかったのだから、ぽろっとしたさりげなさにびっくりする。もっとも、公式な報告書ではないにしろ、IEAはピークを小出しにしてきたので、この機関の発言を追ってきた人にはそんなに驚くことではないかもしれない。たとえば、OPECの主要国以外についてピークを過ぎたと主任エコノミストのファティ・ビロールが発言し たのはすでに 2007年のことだ。

それでもちょっとびっくりするのは、同報告書が「(在来型)原油生産量は、多少の変動はあるが(中略)2006年に記録した過去最高の7000万バレルには決して届かない」と、ピークを過去形で語っていることだ。もちろん、ピークはあとになって検証してみないとわからないから、IEAのような機関がいまごろになり、ピークは4年前でしたと言ったとしても、それはそれでふさわしいのかもしれない。

問題はそれを報じるメディアの無能さである。朝日新聞は「廉価な石油の時代終わった」(11月17日付け)という見出しで、田中伸男IEA事務局長 の談話を載せている。15日に東京での会見に基づくものだ。田中は「チープオイルの時代は終わった」と「展望」を踏まえた見解を繰り返している。しかし、この記事の筆者には田中の発言の意味するところ、すなわちオイルピークの意味がわからないようだ。新聞社にも事の重大さは理解できていない。理解できていれば、この記事は1面トップの扱いになるはずだ。商業メディアに期待することはないが、それでも、社会の基本となることくらい、しっかり報道してほしい。

奇しくも「廉価な石油時代の終わり」は98年にサイエンティフィック・アメリカン誌に掲載されたコリン・キャンベルとジーン・ラエレールの論文(英語)のタイトルでもある。現在の世界的なピーク議論の口火を切ることになった歴史的な論文である。「格安な石油時代」が終わるという警告を「石油枯渇」と読み間違え、むきになって反論した人もたくさんいる。例えば、2005 年、そろそろ絶頂にさしかかろうかという時だから、その勢いがわかるが、エコノミスト誌にはこんな記事(日本語)が載った( 訳者の気合いの入ったコメントも忘れずにお読みください)。今となっては笑い話な内容だが、メディアの人間、そして社会の舵取りに関わる人間はいまだにこんな理解なのではないだろうか。

上のグラフをもう一度眺めてほしい。一番下の濃い青色の部分が2006年にピークに達した(在来型)石油である。これから予想される需要を賄うと期待されるのは(非在来型)石油であり、天然ガスであり、未だ発見されていない油田からの上がりなのだ。(非在来型)石油の生産が伸び悩んでいるのはなぜなのだろう。天然ガスのピークは頭に入れておかなくていいのだろうか。油田発見は1964年が最高だった。40年以上も前 の話だ。技術も進歩し、金もつぎ込んでいるはずなのに、新しい巨大油田がぼこぼこ見つからないのはなぜなのだろう。これからの発見に過大な期待をしていいものなのだろうか。

「朗報なのか悲報なのか」といえば、IEAの論調は「ピークは過ぎたけど、どうってことなかったでしょ?」というものだ。ちょいと待ってくれ、2008年7月に始まった不況はどうなんだろう。2007年の食糧価格高騰、食糧危機はどうなんだろう。IEAにも、メディアにもピークの本質はわかっていないようだ。

5年前の記事ではピークの時期に関する研究者の予想を載せた。ピークを過ぎてからしか検証できないので、それを予言することは難しい。しかし、ほとんどの識者の予想が正しかったことになる。アリ・サムサム・バクティアリとマット・シモンズのふたりは、自分たちの予想がIEAにより「正式に」正しかったことを認められることなく、鬼籍に入ってしまった。実際、2005年から2010年まで原油生産は頭打ちだ。これからまだ生産が伸びないなんて言わないが、現代人が盲目的にあて込むような勢いで増えることはないだろう。「これまで通り」が続くことを当て込んでいると「大波乱へ乱降下」してしまうかもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7583

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

地球資源の限界があることは間違いない、そしてそれがいつか、という言い方と、必ず枯渇するのでどうしようか、という問題のとらえ方の違いがあったと思いますが、前者を選択する場合には臨床的には悲観的結論に重きを置くべきだと感じます。その点でご指摘のごとく従来の前者の議論はなにか異なる価値観の入れ込みを多くもっていたのでしょう。ところで話題が全く異なりますが、リックさんと同じ世代で松本市出身の化学者で東京大学の村田滋先生の教室では光合成の科学的な模倣を研究されています。わたしは地球上のエネルギー問題の進展への糸口のひとつと思っています。実地でリックさんのような生活の基盤から問いかけていく姿勢と、そこに学問の基盤の上に成り立つ対応を今後も我々は地道に次代のためにおこなっていくことが誠実な態度となりますね。ただ破局を待つのは不誠実であることを意識している方は大変多くなっています。あきらめずに次代への道を探っていきましょう。
ひさしぶりにすがすがしい記事でした。りきさん、ありがとうございました。

南の光さん、こちらこそ、コメントありがとうございます。
どんな道筋をたどればいいのか、次の世代のために何をすればいいのか、それをデザインするためにはまず、現状をはっきりと把握する、観察することではないかと思います。そして、どんな「解決法」も熱力学の法則にかなったものでなければなりません。また、それぞれについてはエネルギー収支の観点から厳しい監査がなされなくてはなりません。すばらしいエネルギー源である石油に慣れ切った私たち現代人にはとても難しい仕事です。
ジェレミー・レゲットの『ピーク・オイル・パニック』ダとか、近刊のデビッド・ホルムグレンの『未来のシナリオ』は参考になるかもしれません。ぜひ、お手に取りご一読ください。

期せずして、本日のasahi comの記事に石油を作る藻の記事が有りました。
石油に限らず水の問題や樹木の問題等も有りますが、そんな中新たな資源の開発に向けてこうした研究が進んでいる事を知りました。

このは研究・培養技術は是非進展させて、日本の国家プロジェクトとして開発に挑んでもらいたいですね。
石油資本等のいわれなき圧力に晒されないように、国民に研究の趣旨をオープンにして国民監視の下、守りぬかなければならない研究・技術だとおもいます。

http://www.asahi.com/eco/TKY201012140212.html

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.