« 2008年7月 | メイン | 2010年12月 »

2008年8月29日

グスタフとハナ/Gustav'n'Hanna

メキシコ湾岸にカトリーナが襲来してからちょうど3年。しばらく大型ハリケーンの直撃を免れてきましたが、もともとハリケーン銀座。どうやら今年は当たり年になりそうです。

現在,ジャマイカに大雨を降らせているグスタフが2005年のカトリーナとほぼ同じコースでメキシコ湾に進入しそうです。海面温度がハリケーンを大型化させるのに十分な高さであり,湾に入り次第、凶暴化する恐れがあります。ニューオリンズは48時間以内の至近距離に入っています。カトリーナとリタの教訓を生かし、人的被害が出ないことを祈らずにはいられません。

メキシコ湾にあるサンダーホースなどの海上原油採掘施設も厳戒態勢に入り、人員避難が始まっています。メキシコ湾岸で全国の25%以上の原油,15%の天然ガスが生産されるだけにハリケーンが直撃した場合の影響は必至です。

メキシコ湾岸の油田プラットホームの分布
ウエザーアンダーグランドより

(グラフ)過去に300万バレル以上の生産停止を余儀なくされたハリケーン
オイルドラムより

グスタフの後にはさらに大型のハナが並走しています。現在はかなり東の海上を北上中ですが、ecmwfなどのモデリングによれば、西に向きを変え、グスタフに続くようにニューオリンズを直撃する可能性もあります。そうでなくともグスタフと連動する恐れもあります。
このうえ、大西洋上にはいくつかのハリケーン候補がとぐろを巻き出しています。

ロイターによれば,IEAは「一定の被害が出た場合、戦略石油備蓄を放出する用意がある」と述べて、その発表の直後,原油価格は2ドルほど下がっています。市場からはそれほどの信頼されるIEAですが、IEA自身に備蓄があるわけではなく,せいぜい「加盟各国に放出を要請する」くらいで、実効がどれほどのものかはわかりません。加盟各国の原油需要が下がったため原油価格は最高時から比べると30ドル以上下がっていますが、ハリケーンの襲来はそれが長期的な傾向であるのかどうか、試すことになるでしょう。

Profile

リック・タナカ(Rick Tanaka)

-----<経歴>-----

信州松本出身。
1980年、シドニーに漂着。
大学中退後、ラジオやテレビ、ウエッブ、雑誌、ニューズレターなどで執筆、制作、コンテンツ制作、翻訳/通訳、音楽マネージメントなどで活動。
1997年、それまで15年暮らしたシドニーから標高千メートルの高原の町カトゥーンバに引っ越し、執筆・メディア活動と並行しながら、消費を抑え生産する楽農生活に突入する。
2007年、大陸の東南に浮かぶ島にある人口300人の村に移住、オイル・ピークと環境ゲテモノ化時代に備える暮らし、近隣社会の構築を模索中。

BookMarks

-----<訳書>-----


『未来のシナリオ』
2010年12月、農文協

-----<著書>-----


『人工社会』
2006年3月、幻冬舎


『楽農パラダイス』
2003年、東京書籍


『おもしろ大陸オーストラリア』
2000年、光文社知恵の森文庫

-----<共著>-----


『Okinawa Dreams Ok』
1997年、Die Gestalten Verlag


『Higher than Heaven:Japan, war and everything』
1995年、Private Guy International

-----<訳書>-----


『沖縄ポップカルチャー』
2000年7月、東京書籍

『首相暗殺』
ロバート・カッツ著、集英社

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.