Calendar

2009年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Comments

« 感謝
メイン
救急制度改革 »

近づく解散に緊張感

 4月末、5月初旬、中旬などなど、具体的な日付も含め、解散時期をめぐる噂が出始めています。仲間の衆議院議員はこまめに地元と国会を往復するようになり、前職・新人からは応援に来てほしいとの声が頻繁にかかるようになってきています。解散が近づいている緊張感を確かに感じ始めています。
 
 もっとも、昨年秋に麻生総理が誕生した直後、月刊誌に『国会の冒頭で信を問う』と発表したのは麻生総理ご自身です。まさか、半年以上も解散を行わないとは当時、想像もしませんでしたが、この間、多くの仲間が総選挙に向けて走ってきています。いよいよその努力の結果が問われる時がくるのでしょうか。

 マニフェストに反映するためにも、事業仕分けの作業を急ぐことにしました。以前、このつぶやきで書きましたが、党の政策調査会の役員がそれぞれ専門分野を担当し、国家の仕事の必要性を精査しているところです。
 
 私は年金と少子化対策事業を担当していますが、数百億円規模にもかかわらず具体的な仕事内容が見えない事業や、同じような調査研究が複数の省庁で重なって行われているものなど、合理化できるポイントがいくつもあることがわかってきました。天下り先への委託事業で成果が見えないもの、数千万円から数億円の事業で10年以上継続しているもの、広報啓発事業やモデル事業など、抽出する事業を仲間の議員同士で分担し、さらに調査を進めていくことにしています。
 
 とはいえ、調査を進める土台となる資料は全て省庁が持っているので、積極的な情報公開が大前提になります。今日、秘書を通じて資料請求をしたところですが、一体、どんな資料が寄せられるのかは全くわかりません。また、報告をします。

 ところで、昨夜は子ども達の誕生日会を家族で行いました。ケーキをほおばった後に、私と夫から子ども達へのプレゼントを渡しました。WBCで日本チームが優勝してからすっかり野球好きな息子には、小笠原道大選手の名前と背番号2番が印刷されたシャツと巨人軍の帽子を(最も広島カープファンの夫は反対していましたが)。娘には原宿で女の子に人気なショップの洋服です。もう、玩具を欲しがらなくなった年齢なんだぁ、と、こんなところでも子ども達の成長を実感しました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/1450

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 近づく解散に緊張感:

» 初対面だと緊張して上手く話せない 送信元 後藤孝規のもてる方法
慣れればしゃべれるけど初対面だと緊張して上手く話せないという男性・・・こういう男性はどうすればいいのか?初めての会話が出来ないとの事ですがそれは、遠慮をし... [詳しくはこちら]

コメント (11)

子供の誕生日?この手のブログの読み手はこの危機的状況の中でそのような暢気な記事など読みたいと思っていないと思います。
小沢代表の秘書逮捕について完全黙秘している神経がわかりません。
保身でしょうか?
もちろん気軽にコメントできる問題ではありません。
下手なコメントをされる危険性を考えれば黙秘の方が良いかも知れません。
ただ、マスコミにおける貴方の態度を見ていると、小沢党首を支える気など毛頭なく、民主党などどうでもよく、小池百合子氏と同じただの日和見主義者としか感じられません。
いっそのこと民主党をお辞めになったらどうでしょうか?」

なぜ、辞めなければならないのか? 論理が飛躍しすぎです。

ふうさんへ
そういう辛辣な意見は、ぜひ、面と向かって言って下さいな。ファンとしては、政界情報もさることながら、日常の風景をついでも発信して下さることも期待しているのですから。

逆に、辞めなければならないのは、食券濫用した方々でしょう。

利他より利己。安直な利他はかえって人を害します(小さな親切、大きなお世話)。
自分を大事にしたいという政治家を私は信頼したいです。それが蓮紡さんのことかどうか私には判断できる材料はありませんが。

蓮舫さんのHPにはmailしましたが、『朝生』の最後のアンケートで見せたあなたの〇面。
わたしがもっとも『あったまにきました』。能力と感性のない人は、国会議員を辞めて、主婦に納まってください。

不適切な投稿であったと反省しております。
日本の民主主義はどうなっているのだろうと思われる今回の大久保秘書の逮捕・起訴、マスコミの偏向報道に対し、何故一部の民主党議員が彼らの思惑通りに小沢辞任を望むのだろうと感じていた折、たまたまこのページを見つけ、何を暢気な!とつい感情的になり衝動的に投稿してしまいました。論理の飛躍どころか、論理もへったくれもない内容です。後で読み返して自分でも恥ずかしく、二度と衝動的に投稿するのはやめようと決意したところです。The Journalにふさわしい発言内容でもありませんでした。慣れないこと(投稿)をして、このようなことになってしまって戸惑うと共に大変後悔しております。皆様に不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。投稿を削除して頂いても構いません。

ふう さん

そこまで反省しなくても良いのではないのですか

ふうさんに対する反論は単なる蓮舫ファンの書き込み色んな意見があって良いと思いますが

批判した方たちのコメントも論理の飛躍どころか論理がない単なるファンのコメントにしか私には読めませんが

ファンの方たちは人のコメントにコメントするではなく自分がなぜ支持しているのかどこが良いのか何をしているのかを書いてくだされば私も考えますが

コメントを出す人同士の対立にならないようなサイトがいいと思います。お互い言い分はあると思いますけどね。

マスコミ世論調査でまた、自民党が民主党を抑えてトップらしいですよ。yahooのアンケート等では逆ですが、母集団的にはあっちの方がでかいですからね。
今回はないのかなぁ、政権交代。というか将来的にくるのかな政権交代。
民主党内部で小沢氏を最後まで支持できなかったことが、要因ですかね。誤り続けちゃったでしょ、国民の皆様に。誤る必要なかったのに。
欧米の政治家だったら謝らないでしょ、悪いことやってないのに。
派閥争いは、政権取ってからやって欲しかったな。

今の結果のほうがビビリの麻生さんが選挙に打って出やすくていいような気がします。

今回は政権交代が無理だとしても自公勢力は3分の2は確実に失うでしょう。

そうなると参議院の多数がホントに生きてきます。

官僚も民主党を無視できなくなる。

官僚をコントロールする術を獲得できます。


今回の小沢問題で思ったのは、官僚が恐怖でパニックになっている。ひた隠しにしてきた過去の犯罪と犯罪的行為とサボタージュが暴かれるのが怖くてたまらないと感じているのではないか?ということです。
その官僚全体に広がる空気が検察を暴走させたのではないのか?

私なんぞは、この官僚の犯罪と犯罪的行為を暴くのが政権交代の一番の意義だと思っていますが、何せ明治以来100年以上続いてきた犯罪なので、それを暴くと国家として成り立たなくなるのかもしれない。

悩ましいところです。

SABO改め野本祐治さんのコメントに同感です。私が最近チェックしているブログ「ダメ日記」にも、同じコメントをされていますね。

http://www.the-journal.jp/contents/yamaguchi/2009/04/post_60.html#comments

官僚は、民主党政権ができたら、「自らがこれまで普段の仕事の中で犯していると自覚している数々の犯罪と犯罪的行為(裏金・天下り・特別会計の使い方・無いことになっている密約の数々等々)が暴かれるかもしれない」と、怯えている…
その通りだと思います。

明治以来続いてきた犯罪という認識は、民主党の内部にもないのではないかという気がします。単なる権力抗争で、薩長が開国派の江戸幕府を倒して、王政復古のクーデターを起こした、それも英国の武器提供によって。そして、このクーデターに反対する天皇家を絶って、長州の人を明治天皇にすえたのですが、これは歴史教科書には、出てきませんね。
勝てば官軍、で、歴史は明治政府にとって都合のよい内容に書かれているのです。
維新後の言論弾圧、軍国主義、をみると、太平洋戦争へののめりこんでいった悲劇が理解できます。
そしてまた、構造改革という名のもとに、特別会計という闇をうやむやにするために行われた郵政民営化が、民主党政権になれば見直される。それは恐怖でしょう、官僚にとって。その弱みを知る米国は、まさに郵政資金を狙って民営化を竹中に約束させた。
米国の郵便局は国営だというのに日本には民営化を要望した。そしてマスコミは今回も、日本郵政寄りの報道を始めた。その裏で、日本郵政が広告の裏取り引きでもしたのだろう、と疑っています。民主党は、この事実をもっと冷静に見据えて、今回の検察の暴走に対抗すべきでしょう。
乱文ですみません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

蓮舫(れんほう)

-----<経歴>-----

1967年11月28日、東京都生まれ。
青山学院法学部卒。
台湾人の貿易商の父、謝哲信と日本人の母との間に生まれる。
85年に台湾籍から帰化するまで謝蓮舫という名前で、今でも謝姓に愛着と誇りを感じている。
88年、第14代クラリオンガールに選ばれ芸能界デビュー。主に司会やレポーターの分野で活躍し、92年「スーパーワイド」(TBS)などで歯に衣着せぬキャスターぶりで注目を集めた。
そして93年には「ステーションEYE」(テレビ朝日)で報道キャスターに転身。
95年から97年まで北京大学に留学。
帰国後、男女の双子を出産。育児と同時にテレビ、ラジオへの出演と講演、執筆活動を再開する。
2004年7月11日の参議院選挙で当選し、現在、民主党の参議院議員。

<参議院>
・厚生労働委員会委員
・予算委員会委員

<民主党>
・ネクスト年金担当副大臣
・政策調査会副会長

-----<出演>-----

『ステーションEYE』
ANB、報道キャスター
(1993?1995)
『アクセス』
TBS-R、ナビゲーター
(2003.1?2004.3)
『みのもんたのサタデーすばッと!』
TBS、ゲストコメンテーター
(2003.10?2004.3)
『サンデープロジェクト』
ANB、台湾総統選挙取材・リポート
(2000.3・2004.3)

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://www.renho.jp/
携帯サイト
http://www.renho.jp/i/
注目!!プロップマガジン
SUNTORY SUNGOLIATH

-----<推薦>-----


『ひまわり弁護士』
村田信之著、講談社文庫


『日本の生き方』
田原総一朗著、PHP

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.