Calendar

2009年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Comments

年金審議に注目を
em5467 04/01
コーヒーボーイ 04/01
I am a pen 04/01
B層 04/01

« 雇用保険
メイン
事業仕分け »

年金審議に注目を

 今日、衆議院の本会議で政府が提出した国民年金法等の改正案の審議が始まり、長妻昭代議士が党を代表して質問に立たれました。長妻さんは、年間2.5兆円もの税金を投入して、基礎年金の国庫負担分を現在の3分の1から2分の1に引き上げたいとする政府法案に対して、ほころびの目立つ制度そのものを見直すことなく、微修正のまま100年続けたいとする政府の姿勢そのものを厳しく批判されましたが、全くその通りだと思います。
 
 私たちは100年間の持続可能性に疑問符がつく現行の制度そのものを見直したいとすると同時に、消えた年金問題を迅速に解決するための様々な提案をしてきており、今回の政府案の審議にあたっては、年金遅延加算法案を提出しています。これは、現在、厚生年金保険料の納付が遅れた場合、14.6%もの延滞利息が課される一方で、消えた年金記録が回復され未払い分の年金がお支払いされる時には遅延が全く考慮されないのは問題だとして、加算して支給すべきだとする法案です。

 実は、遅延金を試算する際に、野党だけでは情報がないことや、コンピューターシステムの担当者と話し合えないことから、私たちは1ヶ月以上前から厚生労働省と社会保険庁に対して、私たちのこの法案に沿って年金記録の被害を受けている方々に遅延金を加算すると、どれくらいの財源が必要になるのか試算をお願いしています。今朝開かれた厚労・総務部門合同会議で、この試算結果を聞くと、社保庁からの答えはいつもの通りでした。

「必要な経費、期間、人員等の見積はできません」
 
 つまり、試算以前に見積作業すらも着手していないとの返答です。
 
 舛添大臣はこれまで、「野党の提案を実現するには相当な時間、相当な費用がかかる」というニュアンスの発言をよくされていますが、今回の民主党法案の実現に対し、社保庁はどれくらいの経費や人員等が必要かの検討すら行っていません。明日から衆議院の厚生労働委員会で年金法案関連質疑が始まります。大臣の答弁に注目しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/1447

コメント (4)

<日々の活動ご苦労さまです>
私の年金は、ゴソッと抜けていました。まだ、現役世代ですので、実質の影響はありませんが、すでに年金をもらっている世代にとっては、看過できない事態でしょう。
税金を滞納すれば、厳しい金利が科されるのに、年金を取り戻しても金利なし、って本当におかしい事です。
蓮舫議員・長妻議員の活動を心より支持するものです。
さて、タイトルに「注目」という言葉をあえて使われたのは、西松問題で、ほとんど報道されない中、現厚労省は、こんなに鈍感で酷い対応なのですよ。と、知ってもらいたいからだと推察いたします。
だとしても、何故このサイトの蓮舫議員のコラムへの反応が少ないのか?は、ぜひお考え頂きたいのです。
このサイト内では、非常に真っ当な人々が、西松問題に関し、「民主主義を殺すな」「マスコミに抗議する意味で新聞の購読をやめよう!NHKの受信料不払い運動を起こそう」「小沢氏が辞めたら、民主党に投票やめます」「今まで無党派だったけど今回の件で小沢民主党支持になろうかと思う」等々、様々な意見を述べ、日々議論が展開されている。
このような意見に対して、当事者である(所詮、小沢氏個人の問題と思っているなら別ですが)あなたが、何のコメントも寄せられていない。
国会内での活動を知って欲しいと、思うなら、大マスコミに騙されないよう、必死にこのサイトに辿りつき、誤報だらけの世論操作に流されぬ様、堪えている人々に対して、あなた自身がどう思われているか、表明する必要があるのではないでしょうか。

政治家というのは本当に因果な商売だなと思います。良く説明責任を果たせなんてもっともらしいことを言われますが、本当の事を話したら、それで政治生命が終わるのが政治家というものです。【説明責任を果たせ】→【はい、実はこうなんです】→【なに!!そんな酷いことを】→【え?だって本当の事を言えといったから・・・】→【何を言ってる!!お前は悪い政治家だな!!】→【終了】それから数年後。【あのときの真相は回顧録】これが世間だ。ふざけた話である。政治家に求められるのは説明責任ではなく、説明能力である。蓮ホウさん、頑張ってね。

年金問題は重要です。秩序を維持する政府の信頼が問われている。これが外国だったら、暴動騒ぎになっていても不思議ではない。今後も頑張って下さい。

先にコメントされた方々の書き込みに相乗りさせて頂くと、代表辞任問題は結局の所、「どういう日本にしたいのか」だと思います。

世界には浄財だけで運営されている国があります。バチカン市国です。あとはオイルマネー+浄財のイランなどでしょうか。
世界には国家によって情報統制がされている国があります。北朝鮮です。中国もそれに近いと言えるでしょう。
世界には検察と裁判所のタッグで無実の罪を量産している国があります。ロシアです。中国もそういう例が多いですね。

小沢代表が西松に与えた「見返り」とは、具体的に何ですか?
大久保秘書が起訴されたのは「政治資金規正法」であり、「あっせん利得」ではありません。

私たち国民は、民主党が政権を取っても、小沢を私欲の為に切り捨てようとした民主党員の名前は忘れないし、信用しないだろう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

蓮舫(れんほう)

-----<経歴>-----

1967年11月28日、東京都生まれ。
青山学院法学部卒。
台湾人の貿易商の父、謝哲信と日本人の母との間に生まれる。
85年に台湾籍から帰化するまで謝蓮舫という名前で、今でも謝姓に愛着と誇りを感じている。
88年、第14代クラリオンガールに選ばれ芸能界デビュー。主に司会やレポーターの分野で活躍し、92年「スーパーワイド」(TBS)などで歯に衣着せぬキャスターぶりで注目を集めた。
そして93年には「ステーションEYE」(テレビ朝日)で報道キャスターに転身。
95年から97年まで北京大学に留学。
帰国後、男女の双子を出産。育児と同時にテレビ、ラジオへの出演と講演、執筆活動を再開する。
2004年7月11日の参議院選挙で当選し、現在、民主党の参議院議員。

<参議院>
・厚生労働委員会委員
・予算委員会委員

<民主党>
・ネクスト年金担当副大臣
・政策調査会副会長

-----<出演>-----

『ステーションEYE』
ANB、報道キャスター
(1993?1995)
『アクセス』
TBS-R、ナビゲーター
(2003.1?2004.3)
『みのもんたのサタデーすばッと!』
TBS、ゲストコメンテーター
(2003.10?2004.3)
『サンデープロジェクト』
ANB、台湾総統選挙取材・リポート
(2000.3・2004.3)

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://www.renho.jp/
携帯サイト
http://www.renho.jp/i/
注目!!プロップマガジン
SUNTORY SUNGOLIATH

-----<推薦>-----


『ひまわり弁護士』
村田信之著、講談社文庫


『日本の生き方』
田原総一朗著、PHP

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.