Calendar

2009年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Comments

« 質問準備
メイン
年金審議に注目を »

雇用保険

 先週、衆議院の厚生労働委員会において与野党の修正協議がまとまり、全会一致で採決された雇用保険法の一部を改正する法律案が、今、参議院の厚労委員会で審議されています。政府提出の法案では雇用保険料を引下げ、「賃上げ」にまわしてほしいとされています。私たちはこの厳しい雇用環境において、今守るべきは賃上げよりも雇用そのものだとして、この修正協議において一年間だけ0.4%の雇用保険料率を引き下げたいとする政府方針についても見直しを求めましたが、残念ながら応じてはいただけませんでした。
 
 雇用保険料を0.4%引き下げると6,400億円の歳入減となります。厚労省は、この規模の歳入減であれば仮に想定以上に失業給付が必要になったとしても現在5兆円もの安定基金があるため、今後5年は対応することができるとしていますが、実は、厚労省のこうした見解とは別に政府は、平成21年度予算案に「予見し難い事態が発生した場合に備え経済緊急予備費」を1兆円計上しています。一方で雇用保険料を引下げ6,400億円の歳入減を行い、5年間は失業給付に対応できるとしながら、他方で1兆円の税金を予備費として失業給付に充てるとする予算編成は矛盾しています。

 この雇用保険料引下げは昨年10月30日に、麻生総理が生活対策の目玉として定額給付金と同時に発表したものです。ただし、この発表から5ヶ月が経過した今、雇用環境は政府の見通しをはるかにこえて悪化しています。それだけに今は「賃上げ」のための雇用保険料引下げにこだわるのではなく、現実的な柔軟な対応が望まれると私たちは考え、雇用保険料引下げよりも制度そのものの抜本的な改革を提案しました。
 
 今の雇用保険制度では失業給付がきれてもなお仕事がなく、生活が苦しい場合は生活保護を受けることになります。そこで、失業給付と生活保護の中間に位置する新しい雇用のセーフティネットを構築したいとして『求職者支援法案』を提案しました。また、あわせて労働保険特別会計のお金の使われ方が本当に適切に行われているかの見直しも行いたいと考えています。
 
 今日の予算委員会で、雇用保険の失業給付と助成金事業において不正受給がどれだけあるかを聞きました。直近5年間であわせて116億円の不正受給があり、そのうち、未回収額は27億円、その中ですでに不能欠損金として回収を諦めた額が11億円あることがわかりました。また、助成金事業の委託を受けている独立行政法人・雇用能力開発機構で発生した不正受給が助成金事業の不正受給額の全体の7割を占めていたことも判明しました。(この機構役員には旧労働省からの天下りが4名います。)
 
 もちろん、不正受給は不正を働いて助成金を受け取る側に問題があり、悪質な場合に機構などが刑事告発を行うことは必要ですが、不正受給を防ぐことが出来なかった機構の職員は、これまで1人も処分をされていないことには疑問を覚えています。改めて、助成金事業を天下り団体に毎年委託するのではなく、もっと効率的な運営ができるのかどうかの見直しを行う必要性も感じているところです。
 
 予算委員会での質疑を終え、麻生総理が生活対策として実行したいとする雇用保険料率単年度引下げよりも、制度の見直し、特別会計の在り方の精査を行うことのほうが政治に求められていると感じているところです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/1446

コメント (12)

親愛なる蓮舫さん、
今ここで小沢氏を政治的に殺してはいけません。
来るべき総選挙に勝つことはもちろん大切ですが、勝利した後「どんな政権」で「何をどのようにするのか」の方がはるかに大切だと思います。
選挙の邪魔になると判断すれば小沢さんは代表を退くと思いますが、政権後退後もその手腕を奮えるような形になるように民主党内で知恵を出してください。
「官主主義」から「民主主義」への大転換、大改革(自民党の言う新自由主義的「改革」ではなく!)の為には小沢さんの力が必要になると思います。
既得権益を奪われそうな検察を含む官僚側も必死で攻撃してますが、夜は明ける直前が一番暗い!今が生みの苦しみの絶頂に差し掛かっている時期でしょう。

どうか、この国の国民が初めて手にすることが出来る、自民党内のたらいまわし的な「擬似政権交代」ではない「革命的な政権交代」を、そしてそれによって「世の中がこんなに変わるんだぁ。」という新しいこの国の姿を私たちに見せてください。

ここで対応を誤ると民主党に次は無い(多分、少なくとも私は投票にすら行かないような気がします)。

<SABOさんの意見を支持します>
私も今日、蓮舫議員に直接メールをしたところです。
元東京地検の郷原氏が古巣に対して「今回の捜査は民主主義の根幹を揺るがす大失敗です。」とまで語り(勇気ある発言です。堀田力とは人間力が違う)さらに「検察の最大の誤算は小沢さんがやめなかった事」とまでいっているのです。
現政権が嫌がる人は、来るべき民主党政権の最大の味方であり、それは小沢さんです。

私も同意見です。
さらに言わせて頂けば3/3以来5回も更新しながら
小沢代表について一言も言及しない態度はまったく納得が出来ません。
あなたに「あったまにきた!」です。
蓮舫さん自身も一般人と同じ位の情報しか持たずコメント出来なかったと
おっしゃるのかもしれませんがそれでは政治家ではないでしょう。
有権者の多くが真偽不明な情報にさらされている時
ご自分の信念に基づいて導いていこうという態度こそが政治家です。
蓮舫さんだけでなく情報を発信されない民主党の多くの議員さんに私は言いたい、
そこが小沢代表とあなたたちの違いです。
私が小沢一郎を支持できても 民主党を支持できない原因です。
どちらが国民の事を考えているのか良くお考えください。

私もCooさんと同意見です。
自民党はいやだけど、はたして民主党が与党としてやっていけるのか?というのがおおかたの有権者の気持ちではないでしょうか?
今、党員が一丸となり、小沢代表を支え、民主党ここにアリ!という姿を見せれば、多くの浮動票獲得につながるのではないでしょうか?
世界情勢が揺れ動いている今、民衆の政治覚醒が始まっています。

蓮舫さん、今朝の朝生見ていました。
番組最後のアンケートの以外な結果に驚くあなたの表情が印象的でした。
私はある程度予想していました。理由はいくつかあります
①小沢代表の有罪、無罪は別として最初の会見でのディスクロージャー(情報開示)を実行している(上杉氏の証言)
②代表秘書逮捕と言う非常事態に真剣に対応している(党内不一致、あたりまえです、あれだけの怪情報がマスコミに流れたら誰でも疑心暗示になります)そして是是非な結論を出した。(小沢妄信でもなく、安易なとかげの尻尾きりでもない)
「謝りながらの選挙は勝てない」などのおバカ発言者もいましたが、私は迷惑をかけて謝らない候補者には絶対投票しません。
③今回出演された民主党の3人が信用できた(対応は実に下手だがウソをついてない)
④最悪の選択(選挙に不利だから小沢辞任)をしなかった事
もしこの時点で小沢代表が辞任したら「あっ逃げるのね、やっぱり小沢は怪しい」と私なら思ってしまいます。
変な話しですが朝生見終わって「まだ政治に期待できるかな」と思いました

ハローワークのネット検索から雇用主の電話番号住所などが開かないようになっていて ハローワークの窓までいかないと連絡つかないようになってしまった。ハローワークの人が全部とりしきるんだって、前は雇用主に直接電話して話してきめられたよー

<もっと、怒れよ>
朝生みました。小沢氏を庇っても何の得もない、ましてや古巣から徹底的に苛められる可能性のある郷原氏が、あれだけ、高木議員や共産党の議員に、怒りをあらわす発言をされていました。
なのに、あなたは、小沢続投に渋々の態度を見せていらっしゃしました。
現権力及び記者クラブを存続させたいマスメディアから攻撃されているのは、あなたの所属する党の党首なのですよ。
小沢さんが一議員でも任意の聴取もないまま、公判の維持すら難しい案件で秘書を逮捕しますか?
今回の件は、民主党への攻撃なのです。もし、それがお判りの上、渋々の態度を見せたとしたら、あなたは確信犯という事です。
なぜ、これだけの金が必要だったかを参院議員への小沢氏説明会で質問しなかったのか?田原氏に突っ込まれて、首をすくめていたあなた。
検察の不当なやり方に関し、もっと怒れよ。
結果、党首の説明不足という話の流れになってしまった。上杉氏が、民主党及び小沢氏は、十分説明されてした。とフォローしていた。
なんだか、上杉・郷原氏が民主党の議員で、あなた達は、他党の議員のように錯覚するような事態になった。
最後のアンケート結果、私の予想通りでした。なのに、蓮舫議員は、声まで上げて驚いていましたね。
郷原氏のおっしゃっていた通り、マスコミが信じられなくなった人々は、今、急速な勢いで、ウェブ上で情報収集及び意見を発表し始めている。真に民主党を支える可能性がある人たちは、こうした人たちです。しっかりと目を見開いてください。

蓮舫さんへ
 コメント欄の気概溢れる意見に耳を貸しなさい。
 思えば、国会でのあなたの舌鋒鋭い質問の数々、大したもんだと感心していました。
 ところが、小沢問題でのあなたの発言、正直驚きました。もっと言えば、心から落胆しました。心底、ハラがたちました。あれじゃ、バカマスゴミに洗脳された、ネットから隔絶された小市民と同じじゃねぇか。
 私はね、長らく小さな公立病院の勤務医をしてました。医療費抑制、医師数削減の影響を20年以上肌身で感じてきました。介護制度が導入されて(初めからひどいことになると想像してましたが)、徐々に老人が捨てられていくことを実感し、そして4年前に開業して、実は開業医が儲けているなんて、一握りの医者の話だ、ってのを実感し、今は謝金返済回転操業状態の中で、必死に小さな医院の地固めをしているんです。
 政権交代しなかったらどうなりますか?
医療はもとより社会保障制度、セーフティネットが良くなるめどがありますか?
 政権交代がなかったら、あなたの追求なんて、マスターベーションと同じレベルじゃありませんか?
 もとより、小沢氏は法的には無罪であるはずでしょ? マスゴミの世論調査がいかに歪んだものかわかるでしょ? 小沢はただ古い手法に頼った政治家じゃありません。TIMES紙の表紙を飾る世界的な政治家になったのです。なぜ彼が大金を必要としたか? そんなこと、すべて領収書をつけて完全後悔している政治資金報告書を読めば分かることではないですか? それを読まずに「説明責任を果たしていない」とするヤラセ記者とあなたは同レベルだったのですか?
 私は、医療が国民の命を守れる国であってほしいために、自分のブログで政権交代の必要性を訴え続けています。民主党の有能な若手を育てつつ政権交代の道の先陣を切ってくれるのは、小沢を置いて他にはないでしょう?
 それともKY前原が政権交代を実現するとでも言うのですか? 恐らく、バリバリの民主党支持者でも「笑っちゃう」でしょう。蓮舫さんには、「現実をしっかりと見つめろ!」と言いたい。私は、あなたたち反小沢党員が、数百万の国民(特に、高齢者、障害者、弱者)の命を奪おうとしているように見えてならない。

蓮舫さんへ
 コメント欄の気概溢れる意見に耳を貸しなさい。
 思えば、国会でのあなたの舌鋒鋭い質問の数々、大したもんだと感心していました。
 ところが、小沢問題でのあなたの発言、正直驚きました。もっと言えば、心から落胆しました。心底、ハラがたちました。あれじゃ、バカマスゴミに洗脳された、ネットから隔絶された小市民と同じじゃねぇか。
 私はね、長らく小さな公立病院の勤務医をしてました。医療費抑制、医師数削減の影響を20年以上肌身で感じてきました。介護制度が導入されて(初めからひどいことになると想像してましたが)、徐々に老人が捨てられていくことを実感し、そして4年前に開業して、実は開業医が儲けているなんて、一握りの医者の話だ、ってのを実感し、今は謝金返済回転操業状態の中で、必死に小さな医院の地固めをしているんです。
 政権交代しなかったらどうなりますか?
医療はもとより社会保障制度、セーフティネットが良くなるめどがありますか?
 政権交代がなかったら、あなたの追求なんて、マスターベーションと同じレベルじゃありませんか?
 もとより、小沢氏は法的には無罪であるはずでしょ? マスゴミの世論調査がいかに歪んだものかわかるでしょ? 小沢はただ古い手法に頼った政治家じゃありません。TIMES紙の表紙を飾る世界的な政治家になったのです。なぜ彼が大金を必要としたか? そんなこと、すべて領収書をつけて完全後悔している政治資金報告書を読めば分かることではないですか? それを読まずに「説明責任を果たしていない」とするヤラセ記者とあなたは同レベルだったのですか?
 私は、医療が国民の命を守れる国であってほしいために、自分のブログで政権交代の必要性を訴え続けています。民主党の有能な若手を育てつつ政権交代の道の先陣を切ってくれるのは、小沢を置いて他にはないでしょう?
 それともKY前原が政権交代を実現するとでも言うのですか? 恐らく、バリバリの民主党支持者でも「笑っちゃう」でしょう。蓮舫さんには、「現実をしっかりと見つめろ!」と言いたい。私は、あなたたち反小沢党員が、数百万の国民(特に、高齢者、障害者、弱者)の命を奪おうとしているように見えてならない。

蓮舫氏に何を言っても無駄ですよ

知らん振りでしょう。彼女の政治家としての資質考え方は前原氏を代表として選んだときの発言そして辞任したときの発言にすべて現れていますよ

<向様へのお詫び>
いつぞやは、連舫議員への議員辞職すべしの向さんのコメントに異をとなえて、申し訳ありませんでした。
今回の件で、私も遅まきながら本質を理解いたしました。
何をいってもカエルの面に○○○○○でした(下品ですみません)
自身の不明を恥じるとともに、心よりお詫びいたします。

em5467様

気がついてくださればいいですよ
まだまだ気がつかない方が多いですからね

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

蓮舫(れんほう)

-----<経歴>-----

1967年11月28日、東京都生まれ。
青山学院法学部卒。
台湾人の貿易商の父、謝哲信と日本人の母との間に生まれる。
85年に台湾籍から帰化するまで謝蓮舫という名前で、今でも謝姓に愛着と誇りを感じている。
88年、第14代クラリオンガールに選ばれ芸能界デビュー。主に司会やレポーターの分野で活躍し、92年「スーパーワイド」(TBS)などで歯に衣着せぬキャスターぶりで注目を集めた。
そして93年には「ステーションEYE」(テレビ朝日)で報道キャスターに転身。
95年から97年まで北京大学に留学。
帰国後、男女の双子を出産。育児と同時にテレビ、ラジオへの出演と講演、執筆活動を再開する。
2004年7月11日の参議院選挙で当選し、現在、民主党の参議院議員。

<参議院>
・厚生労働委員会委員
・予算委員会委員

<民主党>
・ネクスト年金担当副大臣
・政策調査会副会長

-----<出演>-----

『ステーションEYE』
ANB、報道キャスター
(1993?1995)
『アクセス』
TBS-R、ナビゲーター
(2003.1?2004.3)
『みのもんたのサタデーすばッと!』
TBS、ゲストコメンテーター
(2003.10?2004.3)
『サンデープロジェクト』
ANB、台湾総統選挙取材・リポート
(2000.3・2004.3)

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://www.renho.jp/
携帯サイト
http://www.renho.jp/i/
注目!!プロップマガジン
SUNTORY SUNGOLIATH

-----<推薦>-----


『ひまわり弁護士』
村田信之著、講談社文庫


『日本の生き方』
田原総一朗著、PHP

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.